絶滅してしまいそうな絶品メシ="絶メシ"を求めて、ごく普通のサラリーマン・須田民生が車中泊をしながら日本全国を巡る『絶メシロード』シリーズ。その特別編として、佐賀県への出張にかこつけた民生の絶メシ旅が描かれる『絶メシロード 出張編』が、3月2日(木)と3月9日(木)の2週連続で放送される。昨日、放送に先立ってオンライン記者会見が行われ、主演を務める濱津隆之と、民生が佐賀で出会う謎の男・鮫島役の白竜が登壇した。また、司会は佐賀県出身のテレビ東京アナウンサー片渕茜が務めた。

冒頭、今作で注目すべきはなんといっても、「佐賀県をPRしたい!」という本物の気持ちを持ってキャスティングされた佐賀県伊万里市出身の白竜だと語ったのは、本作でプロデューサーを務める寺原洋平。ロケに行く先々で、白竜のためにと多くの差し入れが届いたようで、地元の人々から愛される様子に圧倒されたという。また、シリーズの見どころである"濱津のオドオドした姿"も、アウトローな役柄のイメージが強い白竜のおかげで撮れ高バッチリ!と自信をのぞかせた。

20220216_zetsumeshi_03.jpg

そしていよいよ濱津と白竜が揃って登場。まず、撮影の感想について問われると、「楽しかったです。色々なところで美味しいものもいただけましたし、ガッツリ観光とはいきませんでしたが、佐賀の良いとこどりをさせていただいたような4~5日間でした」と濱津。昨年には『絶メシロード』Season2が放送されたが、それからあまり間が空くことなく、今回の「出張編」のオファーを受けたそうで、「(これまでは)民生の車中泊のルール上、あまり遠くに行けないという設定になっているので、海を越えて佐賀の地まで来られるというのは楽しみでもありました」と笑顔を見せた。

続いての質問はお互いの印象について。濱津は、「強面なイメージをみなさん持っていらっしゃると思うのですが、全然そんなんじゃなくて。よくお話されますし、よく笑っていらっしゃるので、むしろ笑顔でいる方が多いような、柔らかい方でした」とギャップを感じたと告白。対して、濱津の出演作品を観たことがあって会う前から興味を持っていたという白竜は、「主演をはるだけの個性を持っている方ですね。こうやってシリーズが続いていくのは、この人のキャラクターだからこそと思いました」と絶賛。恐縮そうに礼をする濱津の反応が、なんとも彼らしくて印象的だった。

ここで、スペシャルゲスト・佐賀県知事の山口祥義が登場。以前からこの番組を観ていたという山口知事は、民生の妻・香苗(酒井若菜)が大好きだそうで、番組のファンであることが明らかになった。

20220216_zetsumeshi_04.jpg

ロケで佐賀県を回った中で、特に印象に残った場所を聞かれた濱津は、「中央マーケット」と回答。「レトロ感というか、渋い、味しかない商店街。入ったら突然世界が変わるみたいな、あの空気感。あそこはすごい好きでしたね」と振り返る。山口知事や片渕アナも共感を示し、そこからはディープなローカルトークがスタート。「中央マーケット」は今作のキーにもなっているとのことで、ぜひ注目しておきたい。

また、ロケでは有明海の干潟にも出向いたという。山口知事曰く、そこで獲れるコハダが絶品だそうで、「食べてないです」と言う濱津に「もう一回行かんば!」と佐賀弁でお叱り言葉。さらに、佐賀名物のムツゴロウも食べていないときいて、片渕アナからも「ムツゴロウも食べんばね」と追い打ち! それに濱津がタジタジしている様子を見ていると、「#濱津かわいい」がTwitterで話題になったことが思い出される。

山口知事は最後、濱津と白竜に「佐賀県×『絶メシロード』有田焼オリジナルどんぶり」をプレゼント。佐賀県内の絶メシやスポットを巡ると、先着で同じどんぶりがゲットできるというキャンペーンもあるとのことで、気になる人は番組HPの佐賀県とのコラボ公式サイトにて詳細をチェックしてほしい。

20220216_zetsumeshi_05.jpg

続いて、記者から旅出した「今回の見どころは?」という質問に対して、白竜が「自分も出身が伊万里なのですが、初めて知るようなところもありましたね。観ると面白いと思いますよ。食べ物ももちろんですが、ヒューマンドラマも描かれていて、なかなか良い台本ですよ」と回答。単なるグルメ紹介だけに終わらない番組の魅力をアピールした。

また、今回のロケでは意外な出会いもあったそうで、撮影しているお店の隣にあるお肉屋さんで働いている強烈なキャラクターのおじさんが、濱津に話しかけてきてくれて、帰る前にはハムと佐賀牛を持たせてくれたのだとか。そのおじさんをはじめ、佐賀の人々は優しく受け入れてくれる人が多かったと振り返った。

「今回の撮影では行けなかったところで、次回民生と旅をしてみたいところ」を聞かれた白竜は、「自分の地元の伊万里の方には行けなかったので、もしよかったらまたやってほしいな。僕が紹介したいのは大川内山という焼き物の里とかですね。あの雰囲気はなかなか味わえない、いいところです。あと、伊万里も食べ物も美味しいですよ」と地元愛たっぷりに答えていた。

次に、撮影中のエピソードについて聞かれた濱津は「天気が良かったこと」を挙げる。というのも、これまでの『絶メシロード』では、民生が絶景スポットへ出向いても天気が悪いことが多く、絶景を拝めなかったということが何度もあった。台本上でも絶景をみて「うわー!」と感動する予定なのだが、天気を理由に台本を変えたことが何度もあるという。だからこそ、今回は民生×快晴の絶景スポットという珍しい画が楽しめるかもしれない。

20220216_zetsumeshi_02.jpg

終始和やかなムードで進んだ会見は、濱津から視聴者へのメッセージで幕を閉じた。

「海を越えて、民生が佐賀の地に行きました。佐賀の素敵なところが詰まったドラマになっていると思います。佐賀の絶メシ、佐賀の渋いお店と美味しい料理が出てきます。けれども、やっていることはいつもと変わらない民生の車中泊なので、安心して見ていただけたらと思います。そして白竜さんが、どういう感じで出演しているのかというところも楽しみにしていただければと思います」

【『絶メシロード 出張編』あらすじ】

会社の出張で佐賀県を訪れた須田民生(濱津隆之)。早々に仕事を終え、意気揚々とレンタカーで佐賀の絶メシ探しに向かおうとする民生だったが、強面の男・鮫島(白竜)に呼び止められ鮫島の車についていくことに・・・。
漆黒の有明海と鮫島に戦々恐々としながら一夜を過ごすが、家族の話をきっかけに心なしか2人の距離は縮まっていく。
次の日鮫島は行きつけの地元のお店へと民生を誘う。その絶メシ店ならぬ店の雰囲気に民生は肩を落とすが、鮫島に薦められて食べたこの地域ならではのソウルフードに込められた歴史を知り、民生の心は動かされていく。
そんなおじさん二人旅の中で、民生は鮫島から"ある告白"を受けることに・・・。

◆番組情報
『絶メシロード 出張編』
2023年3月2日(前編)
2023年3月9日(後編)
木曜深夜0:30~テレビ東京系にて放送
放送終了後、動画配信サービス「Paravi」にて見放題配信スタート

(C)「絶メシロード出張編」製作委員会