2023年1月24日 (火) 深夜24:58からTBSで、電子コミックサービス「LINEマンガ」にて1億3000万viewを突破した人気漫画の実写化となる新ドラマ『ブラザー・トラップ』が放送開始する。本作は、元カレとわだかまりが残ったまま別れてしまったことがきっかけで、恋愛に積極的になれない大学生・立花あかり(久間田琳加)に訪れた久々の恋の相手・成瀬和泉(山中柔太朗)が元カレ・大和 (塩野瑛久) の弟であったことが発覚し、三角関係に発展するという繊細で一途なドキドキのピュアラブストーリーとなっている。本作でTBSドラマ初主演となる、立花あかり役の久間田琳加にインタビューし、撮影時の思いや裏話、共演者の印象などを聞いた。

20230124_bt_04.jpeg

――出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

少女漫画を読むことがすごく好きで、漫画原作の実写ドラマは「ずっとやっていきたい」と思っていたのでお話をいただいたときはとても嬉しかったです。それと同時に不安やプレッシャーももちろんあったのですが、楽しみながら演じられたらいいなと思いながら撮影を頑張っています。

――ご自身の役をどのような人物と捉えて演じていますか?

あかりは周りにとても気を遣える優しい気持ちを持っていて、こんな"人間の鑑"のような人はなかなかいないんじゃないかと思っています。思わず応援したくなるようなかわいらしいところがあったり、意外と強くてへこたれない、いざというときの行動力もあったりして、そういうところが健気で守ってあげたくなるようなかわいらしい子だなと思いました。
「こういう人になれたらすごくすてきなんだろうな」と思う人物だったので、その優しさに日々背中を押されながら、自分もピュアな気持ちになりながら、成瀬兄弟と撮影しています。

――ご自身とあかりとで共通点はありますか?

気にしがちというか、心配性なところは似ているかもしれません。ストレートに伝えたほうがいいことを遠回しに伝えてしまったり、すぐ話すべきことも「今じゃないかも・・・」と考えて、話すまで時間がかかってしまったり・・・そういう部分は似ているかもしれません。

――共演シーンの多い山中さん、塩野さんのご印象は?

お二人ともキャラクターに近い性格をされている印象があります。山中さんは穏やかで、すごく話すわけではないけれど、ポロっと出た言葉が印象的なんです。塩野さんはコミュニケーション能力が高くて、現場を常に盛り上げてくださるので、初めてお会いしたときから「(大和)そのものだな」と思いました。

作品に入るときに山中さんと距離を縮めたいなと思って、共通点を探すために自分からたくさん話しかけてみたのですが、まるで共通点がなくて(笑)。それで序盤にカラオケのシーンを撮影していた時に、合間時間にカラオケのメニューを二人で見ながらどれが好きかを話し合っていたんです。私が選んだものを見て「え・・・僕それ好きじゃないです」と言われ、逆に山中さんが選んだものに対して「カラオケに来てそれ食べるんですか!?」ってなって(笑)。

以降も食の趣味が一切合わず焦ったのですが、撮影を重ねたことで、今はそんなの気にならないくらいにお話できるようになったので、良かったなって思います。

20230124_bt_03.jpeg

――ちなみに久間田さんご自身は和泉と大和、どちら派ですか?

すごく悩ましいですね・・・(笑)。最初に原作を読んだときは「どっちもいいな」と感じていたのですが、撮影は最初大和先輩とのシーンが多かったので「強引でいいかも・・・!」と思うようになりました(笑)。でも、後半につれて和泉くんとのシーンが増えてくると「優しい空気感が伝わってくるな」と感じて、結果今は和泉くんがいいんじゃないかと思っています。

でも大和先輩は基本強引でチャラチャラしてるように見せかけて、実は真面目な部分もあって、真摯にあかりに向き合って思いを伝えてくれるところもあるんですよね。撮影はこれからになるんですけど、そういった大和先輩のギャップにときめくこと間違いなしだと思います。

――撮影前にどのように演じていくか監督やプロデューサーと話し合う機会はありましたか?

撮影前に細かくリハーサルを行っていて、「一歩も間違えたくない」と思っていたんです。誰かが責められる展開にはしたくなかったので、みんなでたくさん話し合いました。なので、台本を読みながら「この言い回し違うんじゃないですか?」とか、「これは勘違いされそう」、「この手の動きはなれなれしく見えるんじゃないか」とか。細かい部分で見ている方を勘違いさせないように、チーム全体ですり合わせを行いました。

――原作のある作品を演じる楽しさは?

原作があると、顔つきや表情のヒントがたくさん散りばめられていますし、何より普通に生きていたら経験できない展開があったりするので、演じていてすごく楽しいです。あかりの表情を研究するために「ここ印象的だな!」と感じた表情を写真で撮ってみたり、鏡を見ながら表情の練習をしていて。漫画で登場人物たちが見せる表情ってすごくかわいらしいので、なるべく近づけられたらいいなと思って頑張っています。ストーリーはもちろん、漫画から得られるものは多いなと感じたので、原作を元に研究するようにしています。

――原作漫画とドラマ、それぞれの魅力は?

題名だけ聞くと「どんな内容なんだろう!?」と思うかもしれないんですけど、読んでみたらこんなにもほわっとした空気というか、みんなが優しい世界の三角関係にあるんだなという驚きがあって、私も最初すごい衝撃を受けました。

ドラマになって演じている側ですが、より魅力的になったなと感じる部分もあります。撮影していて思うのが、ドラマを見ればより成瀬兄弟のお2人に対するドキドキ感が視聴者の方にも伝わるんじゃないかなと思ってます。大和先輩のちょっとSっぽくて強引なところにきゅんとしつつ、和泉くんに癒されて、たまにギャップを見せるところにきゅんとして。実際に動いてるところを見てその魅力がさらに感じられるのかなと思います。

20230124_bt_02.jpeg

――もしあかりのように素敵な男性が2人現れたとき、久間田さんが一番重要視したいポイントは?

リスペクトし合える方がいいですね。お互いの仕事を応援できて高め合えるような関係がいいなと。仕事に前向きで真摯に取り組んでいるような方はとても尊敬します。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

全編を通して面白いのですが、まずは「成瀬兄弟、どっち派?」という部分で皆さんに盛り上がっていただきたいです。あかり自身、どちらと恋に落ちるのかもそうですし、見ている方にもドキドキが伝わるように撮影を頑張っているので、ぜひキュンキュンしていただきたいなと思います。

(撮影:高橋将志)

◆放送情報
『ブラザー・トラップ』
2023年1月24日 (火) スタート
毎週火曜深夜24:58からTBS放送。(※一部地域を除く)
動画配信サービス「Paravi」では、毎週1週間先行配信中。