"クロサギ "こと黒崎(平野紫耀/King & Prince)がついにひまわり銀行の執行役員・宝条(佐々木蔵之介)を相手に直接大掛かりな詐欺を仕掛ける『クロサギ 』(TBS系)第9話。それはつまり桂木(三浦友和)との決別を意味し、黒崎は「あんたの仕事を請けるのはもうやめにする」「宝条と組んでる限り、あんたの命令はもう聞けない」とはっきりと宣言した。

なんとか黒崎との直接対決を避けようとする桂木の様子には、もちろんこれまで自分が一人前の詐欺師として育て上げた大切な駒である黒崎を手放したくはないという思いもあるだろうが、それ以外に親心や腐れ縁のようなものがあるようにも感じたのだが、それはこちらがそう願いたいからだろうか。

「宝条を喰ったら最後は俺なんだろ? 喰い合いだな。その後、お前はどうする?」この桂木からの問いかけに涙を溜めながら答えることのなかった黒崎。2人の特殊な因縁とそれゆえの避けられない運命・・・いつかやって来るとわかっていたその"いつか"がとうとうやって来てしまったのだ。

黒崎の集大成ともなる宝条への復讐を前に氷柱(黒島結菜)と食事を楽しむ彼の姿はあまりに普通の21歳で、彼の父親が詐欺被害者でさえなければ、何も考えず知らなくていいことまで知ってしまうこともなく、もっと大人に守られながら周囲にも甘え氷柱と同じように今頃学生生活を謳歌していたのかもしれないと別の世界線に思いを馳せずにはいられなかった。

本作で初めて取り繕うことのない素の黒崎の無防備で自然な笑顔が見られた瞬間だった。きっと氷柱と食事に行かなければ復讐を終えたその後のことなど考えすらしていなかっただろう黒崎が、「戻ったらフグな」と唯一復讐後の約束を交わした。桂木に問われた際には答えられなかった「その後、お前はどうする?」の答えが出来た。

そんな黒崎にとって宝条を喰う最大のチャンスがやって来る。新党立ち上げを目論む政治家・蒲生紗千子(秋山菜津子)とwin-winの関係を築いている宝条が、彼女からの軍資金100億円の申し出のために金策に走り始める。国内の銀行からはお金を借りられないという宝条の裏をかいた黒崎は、シンガポール本社の海外ファンド会社をでっち上げ彼に接近。

本作内で様々な設定の変装を披露してきた黒崎役の平野だが、今話で変装した"シンガポール本社の人間"は特殊メイクでかなり作り込まれたもので、あまりに年齢不詳だった。いくら完全に別人に変装したからと言って、敢えて宝条本人と面会するのはリスクが高すぎると思うが、改めて自身の父親と同じように"信じた目の前の人間に裏切られる"というシチュエーションを彼にも味わわせたかったのかもしれないし、今まで必ず"シロサギ"と直接対峙してきた"クロサギ"としての矜持があったのかもしれない。

御木本(坂東彌十郎)とは異なり家族がいる宝条。宝条家の一家団欒の様子も描かれたが、自分の夫/父親が詐欺を働き上り詰めたなんてつゆとも知らないだろうあの妻子の様子を知ってしまえば、黒崎は被害者である自身の家族は破滅に追いやられたのに加害者家族はのうのうと生きているという事実に理不尽さを感じながらも、無関係な彼女らから宝条という父親(夫)を奪ってしまうことに決意が揺るぎそうな気もする。

そして黒崎の周囲が攻撃を受け始める。宝条のことを独自調査していた金融庁職員の日下部(山田キヌヲ)が黒崎に彼に関する証拠データを引き渡そうとする前に、マンションから落下する。その現場には早瀬(中村ゆり)の姿があり、この一件に桂木や宝条が関与しているのは間違いない。「どうあってももう許されない状況というのが我々の世界にはあるんですよ」と言い放つ桂木に親心なんてものを少しでも期待してしまったこちらが甘かったか。

さらに黒崎にとって最大の"隙"である氷柱が彼の目の前で連れ去られる。ただ、蒲生に「忠誠心だけが取り柄」だと言われていた秘書・浦川(細田善彦)も忠誠心以外に腹に抱えているものがありそうで、宝条サイドにとっての"隙"になりそうだ。宝条の部下・成沢(渡辺邦斗)もいつになく強引で手荒な手法で事を進めようとする彼の様子を不安視しており及び腰だ。

最終話、黒崎の全てを懸けたこの復讐の先に一体何が待ち受けているのだろうか。黒崎と氷柱がフグを食べに行ける世界線を期待したい。

(文:佳香(かこ)/イラスト:月野くみ)

【最終話(12月23[金]放送)あらすじ】

氷柱(黒島結菜)が誘拐され、助けに向かった黒崎(平野紫耀)だったが2人は絶体絶命のピンチに陥ってしまう。そこに現れたのは、思いもよらない人物だった。

一方、宝条(佐々木蔵之介)は蒲生(秋山菜津子)の新党設立に向け資金集めを急ぎ進めるが、これまでの黒崎の動きが影響し、雲行きが怪しくなっていく。すると、黒崎のもとに決別宣言をした桂木(三浦友和)から連絡が。そこでさらに問題が起こる・・・。

そして、ついに訪れる宝条との直接対決の時。

宝条、蒲生、そして桂木・・・もちろん黒崎も。全員、これがラストチャンスとなる最終決戦!
黒崎が編み出した最後の策、そして語られる真実とは・・・!?

◆放送情報
『クロサギ』
毎週金曜深22:00よりTBS系で放送。
地上波放送後に動画配信サービス「Paravi」で配信中。