2022年に結成10周年を迎えたメインダンサー&バックボーカルグループ、超特急。8月に新メンバーを迎えて総勢9人になった彼らを追ったモキュメンタリーSFドラマ『超特急、地球を救え。』(全4話)が9月6日(火)よりテレビ東京ほかにて放送スタートとなり、早くも話題を集めている。今回、そんな超特急のメンバー(オリジナルメンバー:カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ/新メンバー:シューヤ、マサヒロ、アロハ、ハル)にインタビューを行い、自分役を演じた感想などについて話を聞いた。

――モキュメンタリードラマということで、自分役を演じてみていかがでしたか?

カイ:自分が普段どういう風に喋っているのかなど、考えることが意外と多くて難しかったという印象はあります。台本上、「自分だったらあまりこうは言わないよな」ということもあったりするので、そういうところは監督やプロデューサーと相談して、セリフの言い回しを言いやすいように変えていただいたり、自分たちのやりやすいようにしていただいたので、楽しく取り組めました。

リョウガ:最初は、「自分役ってどうやるんだろう?」って難しく思うところもあったのですが、明るく優しいスタッフのみなさんが、やりやすい環境を整えてくださいました。たまに出来心でアドリブを入れたりしても、注意されることもなくどんどん取り入れてくださったので、それぞれのメンバーの色を出すことができたと思います。

タクヤ:自分を演じるとなると、他者になるよりも、とにかく視聴者のみなさまに良く見られようという思考になると思うんです。そういうところも大事だとは思うのですが、10年歩んできたということで、僕は自分のあまりよくない部分をあえて表現するということも意識しましたね。

ユーキ:僕はドラマ自体がほぼ初めての経験だったので、色々と新鮮な気持ちで経験しながら楽しませていただきました。最初は緊張もしましたし、自分を演じる中で自分を見失うような部分もありました。初日の撮影の時には何度もNGを重ねてしまい、みんなにたくさん迷惑をかけてしまったのですが、日に日に現場の雰囲気にも慣れて、演じるということに対してナチュラルになっていけて、作品に入り込んでいくことができました。

タカシ:僕は普段から関西弁を話しているのですが、それを台本に反映して下さっていることがすごく新鮮に感じました。また、セリフとアドリブの部分を、どれだけ良い塩梅で「どっちが本音なのかな?」って思わせられるかが勝負だと思っていたので、そこは意識して演じました。

20220913_tyoutokkyu_103.jpg

シューヤ:ドラマ出演が僕にとっては初めてだったので緊張しました。今回は、自分の言い回しをそのまま伝えられるドラマでもあったので、自分の人間性を全て見せられるよう、裏表のない形で撮影に臨みました。

マサヒロ:僕もこの業界に入って本当に間もないまま、俳優・演技ということを挑戦させていただいたのですが、自分自身を演じるということで、過去を思い出しつつ、変に役を作ろうともせず、自然な感じで挑めたのではないかなと思います。

アロハ:自分役と聞いたときは、最初は疑問から始まりました。2、3年前はずっと俳優業をやっていましたが、自分の役というのはあまりないことなので。ですが、オリジナルメンバーの演技も盗みつつ、最高の作品にできたのかなと思っています。

ハル:素の自分を演じる場面と、作られた自分を演じる場面があって、そこの切り替えが難しかったです。素の自分を演じるということについてはあまり抵抗がなく、ナチュラルにできたのかなと思います。

――先ほどカイさんのお話にもありましたが、プロデューサーの方との話し合いなど、メンバーの意向や思いはどのくらい反映されているのでしょうか。

ユーキ:このドラマをやるにあたって、大阪でのツアーの合間にプロデューサーさんとの打ち合わせの時間を組んでいただいたんです。今までの僕たちの活動の経歴を話して、知っていただいた上で台本を組んでくださっているので、自然と物語の中にインプットされている部分はあると思います。

リョウガ:「こういうことだったらこっちの方がいいんじゃないか?」など、意見を何度も伝えさせていただきました。台本も7稿くらいまで更新して、僕たちの意見をすごく汲んで作っていただいたので、感謝しかないですね。

20220913_tyoutokkyu_102.jpg

――撮影を通して、改めて感じたメンバーのすごいところや新しい一面を教えてください。

タクヤ:新メンバーの4人は、8月頭から超特急になって、そこから目まぐるしく生活が変わって。この世界に入ってまだ3週間くらいなのに、いきなりドラマ撮影という環境で仕事ができているというのは、それだけでもすごく感動的です。初めてで右も左も分からない状況であたふたすると思うのですが、4人とも物怖じせず、すごく強いなと思いました。

ユーキ:現場で用意していただいたお弁当がすごく美味しかったんですよ。僕もそう思ってはいたんですが、マー君(マサヒロ)がすっごい美味しそうに、毎回満面の笑みでお弁当を食べている姿はすごく癒されましたね。なんなら2つくらい持って帰ったりもしていて(笑)。

マサヒロ:美味しかったです!

シューヤ:ライブやMVの撮影でスケジュールがかなり詰まっている時期に、このドラマの撮影があったんです。新メンバーは少し余裕があったのですが、オリジナルメンバーのスケジュールが本当に厳しくて。夜遅くまでやって、その次の日も早朝からという日が何日も続いていて。みんな次の日は何にもない顔で仕事をしていますし、「疲れた」と言いつつも、それを感じさせないのが改めてすごいなと感じました。そういうところで引っ張ってもらいました。

リョウガ:本当その通りですね(笑)。特にドラマは、スケジュールが厳しいことも多いものだと思うのですが、朝が早くても行くのが楽しみになるくらいの現場だったので、そこはスタッフの皆さんに支えられた部分がありますね。

アロハ:僕は元々演技の経験があったので、できれば新メンバーを引っ張っていきたいなという気持ちではいたのですが、オリジナルメンバーを前にしたときにやっぱりすごいなと思いました。アドリブでは毎回違うセリフを言うので、頭の回転も速いですし。演技だけではなく、ダンスもモデルの仕事とかも完璧で、本当に超特急の一員になれてよかったなと思いました。

20220913_tyoutokkyu_104.jpg

――タクヤさんは、『みなと商事コインランドリー』に続けてテレ東の連ドラに出演されますね。自分一人でご出演されるときと、今回のメンバーが一緒のときとで、何か感覚の違いみたいなものがあれば教えてください。

タクヤ:『超特急、地球を救え。』の方はモキュメンタリードラマということで、自分を演じるので、やっぱりそもそもの感覚が違いました。1人でいるときにはない、メンバーが周りにいてくれている安心感だったり、メンバーが自分役をやっているのを見ていて新しい発見があったり、また違う視点を得られたのは良い経験だったなと感じました。

――グループ名を冠したドラマということで、今まで超特急にあまり注目してこなかった人にも知ってもらえるチャンスになるかと思います。そこで、オリジナルメンバーの皆さんには一言ずつ番組ないし超特急のPRをしていただければと思います。新メンバーのみなさんは、ドラマの中に出てくるご自身の注目ポイントを教えてください。

カイ:新しく9人体制に進化した超特急の、それぞれのことを知っていただけるドラマになっているかと思います!

リョウガ:今まで変人5人でやっていたんですけど、8月8日に変人9人に増えました(笑)。

タクヤ:今までよく知らなかった人が観ても、超特急の過去など色々なことが知れるドラマになっているかと思います!

ユーキ:ドラマ内ではアドリブも満載ですので、是非とも注目してください!

タカシ:超特急、10年経っても相変わらずおかしなことばかりやっております(笑)。そういった面がドラマでも見られるかと思いますので、是非チェックしていただければと思います。

シューヤ:自分の思いを自分の言葉で言う場面があるのですが、そこで、本当に素の思いを伝えているので、是非注目して聞いていただければと思います。

マサヒロ:僕とシューヤでやりとりする場面がいくつかあるのですが、2人とも演技が初めてだったので、そこは初々しさを感じていただきつつ、温かい目で見ていただけたらなと思います。

アロハ:オリジナルメンバーと一緒に餃子を作るシーンがあるのですが、そのシーンで僕が泥酔ダンスをするところが見どころです(笑)!

ハル:僕はリョウガくんと変顔バトルをするので!バチバチなので、是非注目していただけたらと思います。

20220913_tyoutokkyu_105.jpg

◆番組概要
『超特急、地球を救え。』(全4話)
毎週火曜深夜0:30~1:00(テレビ東京ほか)
動画配信サービス「Paravi」にて放送直後より配信スタート