日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)第8話は、アスリートだけでなく、彼らを支えるコーチとの関係性にもフォーカスした。

塔子(芳根京子)がマネジメント担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)にイタリアの強豪・トリエステから移籍のオファーが入る。その話を聞くなり、舞の顔はパッと一気に華やぐが、しかし千載一遇のこのチャンスをなんと辞退すると言う。かつてトルコリーグから帰国し調子の振るわなかった自分をプロ選手として受け入れてくれた現所属チーム「東京ウィンディア」で優勝したいのだと語るが、舞の中で引っかかっているわだかまり、迷いはそれだけではなかった。

なかなか煮えきらない舞の様子に疑問を抱きながらも「アスリートの気持ちを一番に考える」ことを貫こうとする塔子と、「アスリートの判断が間違っていることもある」と言い切る社長の高柳(反町隆史)。2人の意見がここまで対立したのは初めてのことだ。高柳は舞本人に事前に知らせることなくトリエステのスカウトを同席させる場を設け、半ば強引に話を進めようとする。新町(綾野剛)の言葉を借りれば「もちろん"ビクトリー"って会社を信頼してますけど、それ以上にマネジメントを担当する人間との信頼関係を大事に思ってるような気がする」所属アスリートたちへの仕打ちとしてはいくらなんでもやりすぎだろう。

舞がなかなかこの移籍の話に踏み出せない裏には、かつて海外リーグに行った時に孤独で自信が打ち砕かれたトラウマがあったのはもちろんのこと、そんなボロボロだった自分をそこから立ち直らせてくれたコーチの宮野(大谷亮平)への"恋心"という2文字では片付け切れぬほどの慕情、関係値があることが徐々に明かされる。そもそも現役選手だった宮野は舞のバレーボール選手としての資質に惚れ込み、彼女のコーチに専念するために現役を辞め一緒に「東京ウィンディア」に入団してくれた経緯を持つ恩人。

舞の今の活躍は宮野と二人三脚で掴んだ賜物であり、そこには宮野の相当な覚悟と献身的なサポートがあったのだ。それが、何かのかけ違いで宮野の耳に舞本人の口からではなく移籍の話が先に入ってしまい、新町が言う通り、宮野もどうすればいいのかわからなかったのだろう。一緒に夢に向かって進んでいる最中に突如タッグ解散を言い渡され、喜ばしいはずのことなのに、応援して送り出してあげるべきことなのは頭では理解していても気持ちが追いつかなかったのだろう。

なんだか、宮野を信頼し恋慕う舞の様子を観ていると、田辺が『リコカツ』(TBS系)で演じた航空自衛隊・浩一(永山瑛太)の部下で彼に想いを寄せ続ける一ノ瀬をどことなく彷彿させた。また、『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系)では走るのが得意な盲学生・空役を好演し、シャンと背筋を伸ばして走る姿がとても凛々しく爽快だったのが印象的だったことも思い起こさせる。

高柳に「アスリートの気持ちに寄り添いすぎてちゃいけないんでしょうか?」と素朴な疑問を投げかけた新町。新町のこのスタンスは確実に「ビクトリー」社内にも浸透し始めており、"選手を引き抜いて独立するかもしれない"と高柳から不安視される脅威にまでなっている。ある意味、"オールドルーキー"がここまで成長し、確実に社内外に変化をもたらしている証とも言えるだろう。

次週、新町にチャレンジすることの大切さを改めて呼び覚ましてくれた水泳選手・麻生健次郎(渡辺翔太)にあろうことかドーピング疑惑がかけられてしまうようだ。正に、アスリートとの信頼関係が試されるこのピンチを彼はどう乗り越えるだろうか。

(文:佳香(かこ)/イラスト・まつもとりえこ)

【第9話(8月28日[日]放送)あらすじ】

新町(綾野剛)が担当する水泳選手・麻生健次郎(渡辺翔太)が、ドーピング違反で4年間の資格停止を言い渡された。
本人は潔白を主張しているが、処分を覆すのは現実的には難しい。しかも、麻生の年齢を考えると4年間の資格停止は引退を意味するもので、到底受け入れ難い。
そんな中、トップスイマーのドーピングスキャンダルは瞬く間に日本中に広がり、ビクトリーにも大きく影響してくる。
高柳(反町隆史)は、早々に麻生の契約解除を決断するが、新町はそれに反発。
そして、高柳に内緒で、麻生を助けるために行動を起こすーー。

高柳はそんな新町の行動に憤りを感じ・・・。

◆放送情報
日曜劇場『オールドルーキー』
毎週日曜21:00からTBS系で放送中。
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」で配信。