「小さい頃、おばあちゃんがしてくれたおまじないがあるんだけど・・・」

小梅(飯沼愛)の肩を持ち、そっとおでこを寄せる健太先輩(長尾謙杜)。えっ、もしかして健太先輩ってチャラい? 女の子に慣れてるの・・・? と思ったが、「顔が・・・(近い)」と言われて、「ごめん!」とすぐに手を離すあたり、根っからの天然ピュア男子なのかもしれない。ただ純粋に、小梅の期末テストを応援したくて、おまじないをかけてくれた、ということなのだろうか(小梅の中身はパパなんだけど)。

しかし、無意識に胸キュン行動が出来ちゃう男子って、いちばん危険。小梅の姿をしたパパ(眞島秀和)も、「なんだこいつは! ドキドキしちゃったじゃないか!」と"健太沼"に落ちかけていたし。好青年なのは分かるけど、油断ならない健太先輩!

人生は、時に思い切りが必要なのかもしれない

『パパとムスメの7日間』第4話で、改めて気付いたことがある。それは、人生は時に、"嫌われてもいいや"とか、"どうなってもいいや"とかいう思い切りが必要であること。

パパに入れ替わる前の小梅は、健太先輩に嫌われるのが怖くて、いまいち距離を縮めることができなかった。しかし、パパは"嫌われてもいいや"と思っているから、健太先輩にまったく気を遣わない。嫌なことは「嫌だ!」と伝えるし、しっかり自分の意見を持っている。だから、健太先輩もパパと一緒にいるとラクなのだろう。

一方、パパも会社でのポジションを守るのに必死だった。絶対に売れないと思っている商品も、社長が「いいね」と言えば、「絶対に売れますよ〜!」と肯定する。社会人としては必須のスキルかもしれないが、みんながそんなスタンスで仕事をしていたら、いいものが生まれるわけがない。

その点、パパの姿になった小梅は、"どうなってもいいや"と思っているから、社長に対しても意見を言うことができる。役員が集まる御前会議で、「売れないと思います! こんな商品!」と言い切ってしまうのだった。平成版の『パパムス』でも、パパの姿になった小梅が、斬新な視点で新プラン採用を勝ち取る様子が描かれた。令和版も、入れ替わったことでお互いの状況が好転していくのだろうか。

中身がパパであることが、どんどんプラスに働いていく・・・?

また、第4話では健太先輩の意外な一面も明かされた。

「誰にも言ってないんだけど、実は料理が好きで、毎日自分でお弁当を作ってるんだよね・・・」

ここで注目したいのが、冒頭につけた"誰にも言ってないんだけど"というフレーズ。小梅が特別であることを、さりげなく伝えるテクニックがズルすぎる・・・! 何もかも完璧な健太先輩にこんなことを言われて、「へぇ〜」ってスルーできる女子高生は、小梅(中身はパパ)くらいなのでは? 入れ替わる前は、小梅が追いかける構図だったのに、今では健太先輩が必死で追いかけているのが面白い。中身がパパであることが、どんどんプラスに働いている!

ただ、今の状況は、小梅からしたら面白くないだろう。もちろん、健太先輩と仲良くなれるのはうれしい。けれど、もし付き合えたとしたって、それは本当の自分ではないのだから。中身が戻った途端に、「なんか、違うな」と思われてしまうかもしれない。正直、健太先輩はパパの性格が好きなのでは? と感じる瞬間もある。

だから、律子(小栗有以)の彼氏・智弘(松本怜生)の別荘で、勉強合宿をしようと言われても、小梅は乗り気になれない。どうせ、行くのは自分ではなく、パパ。しかし、健太先輩は、悩んでいる小梅を"奥手"だと感じたのだろう。「気が進まないなら、やめよう。課題なら、合宿じゃなくても手伝うし。川原の気持ちを大事にしたい」と伝えてくれる健太先輩・・・。一緒にオンラインゲームをやっている時だから、"大事にしたい"という言葉が、小梅本人の耳に届いたのが何とも泣ける。

次回は、小梅(の姿をしたパパ)と、健太先輩、そして律子&智弘のカップルが、勉強合宿に行くことになる。異色すぎるWデートの行方は、どうなってしまうのだろうか。

(文・菜本かな/イラスト・月野くみ)

【第5話(8月23日[火]放送)あらすじ】

小梅 (飯沼愛) の姿になった恭一郎 (眞島秀和) は、留年取り消しのための膨大な課題をクリアするべく健太先輩 (長尾謙杜 (なにわ男子))、律子 (小栗有以)、小関 (松本怜生) たちと勉強合宿を行うことに。しかし、気を抜いた途端、健太先輩に手を繋がれてしまい、すっかりカップルモード・・・! 早速ピンチに陥っていた。はしゃぐ律子と小関を横目に、小梅<中身は恭一郎>はハメを外さないよう気を引き締めるのだが・・・。

一方の恭一郎<中身は小梅>は、居ても立っても居られず、4人の合宿をこっそり尾行していた。家の中を覗き見ていると、警官に職務質問をされてしまい、こちらもピンチに・・・! なんとか誤解が解けた矢先、大きなトラブルが発生していると、急遽会社に呼び出される恭一郎<中身は小梅>。

一方、別荘では律子と小関の企みで、小梅<中身は恭一郎>と健太先輩は2人きりに。健太先輩が真剣な眼差しで小梅<中身は恭一郎>を見つめて・・・!?

◆放送情報
『パパとムスメの7日間』
毎週火曜深夜24:58よりTBSほかで放送。
動画配信サービス「Paravi」では、1週間先行配信