大政絢が主演、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)が共演するTBSドラマストリーム『理想ノカレシ』が放送開始した。「TBS連ドラ・シナリオ大賞」第4回大賞受賞者の渡邉真子が原案、第5回の入選者である木村涼子が脚本を担当し、仕事をバリバリとこなす "ハイスペック女子"・小野寺優芽子 (大政)と謎の青年による"王子様育成"ラブストーリーを展開する。

外ではデキる女風だが、実は家では家事もファッションもテキトーな残念女子の優芽子。ヘッドハンティングされた会社では仕事をバリバリこなしていたが、ある日、優芽子は同僚の女子たちから、前の会社の元同僚で彼氏の澤村一太 (生島勇輝) が婚約指輪を買っていたと聞かされる。部下である大島佐弓(大谷凜香)の「指輪、内緒で用意して驚かせたかったんじゃない? 優芽子先輩の彼氏さんは」という言葉に、優芽子も期待に胸を膨らませた。

その日の夜、親友の江崎友実 (瀬戸さおり)に電話でそのことを報告する優芽子だったが、嬉しい反面、脳裏には、優芽子が17歳の時に想っていた初恋相手・神宮寺望 (佐藤) の顔が浮かんでいた。だが、友実からは現在の神宮寺には当時の見る影もない上、初恋が美化されているだけだときつく言い聞かされる。

優芽子の初恋の神宮寺は、高校時代、スター的存在だった。ある日、優芽子は合唱コンクールの指揮者に任命されるも、音楽経験もなく不安で、たまらず屋上へと駆け出す。すると、そこに一人で本を読んでいた神宮寺がいた。神宮寺は優芽子に屋上にいたことを口止めし、頭をぽんぽんして「頑張れ」と伝えてくれた。見ているだけでもキュンとする、この美しい初恋の思い出が、優芽子は忘れられなかったのだ。ちなみに、高校時代の回想シーンでは、何と同枠で5月21日に最終回を迎えたドラマ『村井の恋』から、村井たち(宮世琉弥)生徒役の面々が登場! 作品を超えた共演という嬉しいサプライズにホッコリさせられた。

そんな中、優芽子の部下の佐弓がミスを起こしてしまう。優芽子はミスを挽回するため、急きょ福岡に直接出向くことになり、部下たちは優芽子に感謝するも、佐弓はどこか苦々しい目で優芽子を見つめていて...少し不穏な雰囲気を感じた。

そして空港に着いた優芽子は、チェックインカウンターでは大騒ぎする青年 (佐藤) に遭遇。荷物をぶちまけながら大慌てでチケットを探す青年を見かねて優芽子が声をかけると、その青年は何と神宮寺にそっくり...! 聞けば、たった一人の肉親である祖母が危篤ですぐに飛行機で向かうつもりが、チケット代の入った財布を無くしてしまったのだそう。

優芽子はたまらずチケット代の5万円を青年に渡す。絶対お金を返すという青年だったが、優芽子は飛行機の時間もあり、「気にしないで。会えて嬉しかった」と言って、足早に去っていくのだった。初恋の人に似ていたから5万円もあげたという自分の行動に、優芽子もさすがに驚きつつも、何の後悔もしていないのがすがすがしかった。

優芽子の出張もあり、仕事はうまくいったものの、社長であり、前職では優芽子の先輩であり、かつ彼女を引き抜いた水上龍(細田善彦)から、ある話を切り出される。それは、何と優芽子がパワハラをしているという訴えがあったという件で・・・。業務時間外の勤務の強要、上司のミスを責任転嫁されたうえの叱責、さらに不本意に仕事を取り上げられたという部下の佐弓からの訴えだった。

会社を出た優芽子は、思わずため息をつき、ショックからか、道でよろけてしまう。すると、そんな優芽子を空港で会った、神宮寺にそっくりのあの青年が支えて・・・。そのまま気を失った優芽子は青年に介抱され、ようやく落ち着きベンチに座っていた。良かれと思ってしたことが、部下からパワハラ扱いされてしまうなんて・・・。ズボラだが根は真面目な優芽子には、相当ショックが大きかったことがうかがえる。

"恩人"である優芽子の願いを叶えたいという青年に、ふと、高校時代に好きな人と遊園地デートをすることが夢だった優芽子は、近くにある観覧車を指さして、「あれ、一緒に乗ってくれない」と頼み、神宮寺の青年と、疑似デートを体験することに。妄想が加速して、思わず青年の手を握ってしまう優芽子の行き過ぎた乙女さがかわいい(笑)。その後、青年はお金を返すことを改めて約束、優芽子はあえて名前も聞かず彼と別れるのだった。

その後、彼氏の一太の家に、2人の生まれ年のワインを持って訪問する優芽子は、会社での指輪の噂もあって、プロポーズを期待し浮足立つも、道で偶然で会った一太の隣に、何と佐弓が駆け寄ってくる場面を目撃。

それから自分が浮気相手で、一太は佐弓と交際しプロポーズをしていた事実を突きつけられ、放心状態で帰ってきた優芽子は再び青年の姿を見つけ「なんで?」と家の前で思わず膝をつく。青年は「あなたに呼ばれた気がして」と言って優芽子に近づき、涙する優芽子に「大丈夫ですよ」と語り掛け、頭をぽんぽんし、「頑張って」と声を掛ける。それは、神宮寺との初恋の思い出と同じで・・・。「僕ができることなら、何でもします」という青年の言葉に、優芽子は「私の理想の彼氏になって」「私を愛して」とお願いするのだった。

「現実はおとぎ話でない」そう頭で思っていても、心の奥では理想の恋を願わずにはいられない優芽子の乙女心に共感必至! 仕事も恋も・・・ショックが大きすぎる優芽子が、誰よりも幸せになってほしいと応援したくなる、そんな第1話だった。優芽子の "初恋の人" にそっくりな青年は、どこか謎に包まれていてその正体が気になるところ。青年は本当に優芽子の"理想の彼氏"になるのか!? 続きが気にならずにいられない。

(文:小松加奈/イラスト・月野くみ)

【第2話(6月7日[火]放送)あらすじ】

精神状態ボロボロの最中に現れた謎めいた青年 (佐藤大樹) に、「私を愛して」 と思わず呟いてしまう優芽子 (大政絢)。勢いで青年を部屋に連れ込んでしまったが、我に返った優芽子は慌てふためき冗談だと言ってその場を乗り切ろうとする。だが、青年からは 「お金を返すまで優芽子を愛する」 と提案されるのだった。

事情を話した親友・友実 (瀬戸さおり) の後押しもあったが、青年との関係にまだ迷いがあった優芽子が気の抜けた格好で商店街を歩いていると前からやってくる青年・・・。そのまま公園へとやってきた2人。会話を重ねるうち、青年の笑顔が神宮寺 (佐藤大樹) と重なり、それに抗えなかった優芽子は青年との間に "恋愛契約書" を作ることに。内容を次々と決めていく中、優芽子は青年の名前も年齢も、素性を聞かない代わりに 「神宮寺くん」 と呼ばせて欲しいと言い出すが・・・ !?

◆放送情報
『理想ノカレシ』
毎週火曜深夜0:58から、TBSにて放送。
動画配信サービス「Paravi」で先行配信中。