テレビ東京にて毎週金曜20:00からの「金曜8時のドラマ」枠で放送される7月クールの作品が『警視庁強行犯係樋口顕 Season2』に決定した。

"警察小説の第一人者"である今野敏原作の本格ミステリーをドラマ化した『強行犯係 樋口顕』シリーズ。これまで全12作のスペシャルドラマと2021年の1月期には待望の連続ドラマ化をした本作が、新たにSeason2となってカムバック。

そんな本作の主人公、警視庁捜査一課強行犯係の警部・樋口顕は、前作に引き続き内藤剛志が続投。仕事と家庭の狭間で悩みつつも、現場では自分が信じる正義を貫き、愚直なまでに真摯に事件に向き合う等身大の刑事を、数々のドラマ作品で刑事役を務め"刑事ドラマのスペシャリスト"と言っても過言ではない内藤が熱演する。スペシャル放送や全シーズンからさらにパワーアップした、難事件に挑む樋口顕の活躍に、是非とも期待したい。

そして実は、この『警視庁強行犯係樋口顕 Season2』放送決定の情報解禁日である本日 5月27日(金)は内藤の誕生日。今日で67歳を迎えた内藤からのコメントは要チェックだ。

【コメント紹介】

◇内藤剛志

――『警視庁強行犯係 樋口顕 Season2』の放送が決定しましたが、今の心境をお聞かせください。

去年初めて連続ドラマになって、単発とは違う楽しみ方が見つかったし、宿題も見つかりました。Season2ということで、前シーズンで見つかった宿題を提出できる場が頂けたことを嬉しく思います。沢山テレビに出られることとは別に(笑)

――本日は、内藤剛志さんのお誕生日でもあり、そのような日に嬉しい発表となりますが、新たな節目としての抱負や、撮影への意気込みなどあればお願いいたします。

67歳になったのですが、この歳になってもドラマの世界にいられることが嬉しいですね。同世代の仲間と一緒にやれているというところも最高。良い誕生日になりました。面白くしなきゃと思います。あと、若い人が"歳を取るのは楽しいだろうな"と思えるようにしたいです。
そして、作品もさらに進化させたい。見てくださっている方は『警視庁強行犯係 樋口顕』という作品を好きだから見てくれているけれど、まったく同じものだと新シーズンにする意味がない。具体的にやってみたいなと思うこともいくつかあるので、全然変わっていないように見えて、何かが変わっている...という風に作っていければと思います。

――最後に放送を楽しみにしている視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。

樋口は、普通に町ですれ違っても覚えていないような普通の人。そんな人が頑張って、いつもどこかに潜んでて事件を解決するような話です。とんでもないシリアルキラーが出てくるとか、国家を乗っ取るとかそんな大きな事件はないし、ヒーローも出てこない、みんな普通の人。刑事ドラマだから犯人捜しを楽しんでもらいたいのは第一ですが、そんな私たちを見て「普通に生きるってこと、なかなかいいじゃん!楽しいじゃん!」と思ってもらえると嬉しいです。希望みたいなものを届けたいです。このドラマを見て、そんな週末を迎えていただければと思います。あとはとにかく、見てください!おじさんたちが元気に頑張っているので(笑)。ハッピーなドラマとして見て頂ければと思います!

◆番組情報
金曜8時のドラマ『警視庁強行犯係 樋口顕 Season2』
テレビ東京にて7月放送予定
動画配信サービス「Paravi」にて配信予定