倉科カナが主演するテレビ東京のドラマ『寂しい丘で狩りをする』の第1話が放送。芥川賞作家・辻原登の同名小説を実写ドラマ化した本作は、男たちの身勝手な欲望により身も心も傷つけられ、恐怖と絶望の淵にいる2人の女性が希望をつかむために立ち向かっていく衝撃のクライムサスペンス。そんな女性の一人である主人公・桑村みどり(倉科カナ)が、終わりのない地獄にどう立ち向かっていくのか・・・男たちに"復讐する女"になっていく姿が描かれる。

「この状況を変える手段は一つしかない。狩られる前に狩る」

物語は、みどりのモノローグから始まる。追い込まれたみどりの表情や物々しい言葉から、見ている方も緊張感を感じずにはいられない。第1話、戦慄のストーリーが幕を開けた。

2週間前、探偵のみどりは恋人である刑事の浅野龍平(平山浩行)から結婚を申し込まれる。プロポーズの余韻もあってか、仕事場の探偵事務所でもゴキゲンで仕事を進めていると、ある女性が相談にやってくる。彼女は図書館司書をしている野添敦子(久保田紗友)。相談内容を即答できない彼女を気遣ったみどりが詳しい話を聞くことに。敦子の依頼は、7年前に自分を強姦した罪で服役していた押本忠夫(丸山智己)の出所後の動向を調べてほしいというもの。裁判の際、証言台に立った敦子は、押本に「復讐してやる」と言われ、ずっと怯えて生きていたのだ。涙を見せる敦子に、みどりは「私に任せてください」と言って、安心させるのだった。

その後、みどりは押本の国選弁護人の桂光子(藤田弓子)の元を訪ね、出所後、押本が敦子の居場所を探していることを知る。「押本という男は本当に卑劣な人間でした」と法廷でも全く反省していなかった押本の様子を聞いたみどりはどんな気持ちだったのだろう。「絶対に許せないんです。心の傷を再びえぐるような人間は」と強い正義感を見せるみどり。その後、押本が働いているラーメン店を訪れたみどりは、押本が「岸田」と名乗っていることを知り、本人の粗暴な振る舞いも目の当たりに。さらには、押本が敦子の行方を探し続けていて、復讐を企てていることも知る。調査中、押本に見つかりそうになる描写には思わずハラハラ。運よく逃げ切れたみどりだが・・・弁護人も言っていたように、押本のその凶悪な人間性に背筋が凍る。

敦子を逆恨みしていた押本の動向を敦子本人に報告するまでが、みどりの仕事。所長・岡庭正(高橋英樹)からも「仕事はここまで」と言われるものの・・・敦子からみどりに気になる電話が入る。岸田という男が敦子の友人に連絡先を聞いてきたというのだ。心配になったみどりは浅野に電話をかけ、被害者に復讐心をもった元服役囚の男からの危険がある場合に警察は動くのかを尋ねるが、警察はパトロールや男への警告はするが、それだけで事件にはできないとのこと。浅野はみどりが抱えている依頼のことかと尋ねるが、みどりはごまかしてしまう。浅野は危険にさらされるみどりの身を案じてか、探偵の仕事がやめられないかと聞いてみるのだった。すると、電話が途中で切れ、みどりのもとに「やっと会えた」と男の姿が!(怖) 言葉にならない声を振り絞り、どうやって家に入ったのかを問うみどりの恐怖が計り知れない! 

男はみどりがかつて交際していたカメラマンの久我健二郎(竹財輝之助)。みどりは久我からDV、ストーカー行為を受けていた過去があったのだ。「愛してる」とみどりに近づく久我は、みどりの写真集を自費出版で出すと告げる。すでに撮影された写真は、全て盗撮されたもの。さらに久我は写真が足りないとヌード撮影を強要。追い込まれたみどりに手を伸ばし、「君は完全に僕のものになる」と撮影を始めようとする久我の笑顔がおぞましい。恐怖の表情を浮かべるみどりは「狂ってる」とつぶやくのだった。

押本と久我・・・身勝手な2人に追い詰められようとしている敦子とみどりが描かれた第1話。心に傷を負っているみどりは、敦子の身に起こっている恐怖を自分のことのように思えたのかもしれない。そんな2人にはどんな運命が待ち受けているのか・・・。

「絶対に許せない」というみどりは、きっと今後も敦子の力になるはず。そしてみどりの恋人・浅野、図書館で働く敦子の同僚・遠山大輔(黒羽麻璃央)は、彼女たちを守ることができるのか・・・。狂気に満ちた押本と久我の行動にも目が離せない。

(文:小松加奈/イラスト:たけだあや)

【第2話(4月29日[金]放送)あらすじ】

探偵のみどり(倉科カナ)は、敦子(久保田紗友)からの依頼で、7年前の強姦事件の加害者である押本(丸山智己)の出所後の動向を追っていた。そんな中、みどりの前に元交際相手で執拗なストーキングを繰り返すカメラマンの久我(竹財輝之助)が現れ、みどりの写真集を出すためヌード撮影を強要する。一方、敦子にも押本が着実に近づいていた。7年前、警察に通報されたことを逆恨みし続ける押本はあらゆる手段を使い敦子の居場所を探っていた。押本の復讐に怯える敦子にかつての自分を重ねたみどりは、押本を追うために調査に没頭していく、そんなみどりを、探偵事務所所長の岡庭正(高橋英樹)は心配していた。しかし、みどりにも久我の影が迫る。レストランで恋人の浅野(平山浩行)がみどりの誕生日を祝っていると、そこへ誕生日ケーキを持った久我が現れ・・・。

◆放送情報
『寂しい丘で狩りをする』
毎週金曜深夜1:53から、テレビ東京にて放送。
動画配信サービス「Paravi」で全話独占配信中。