異性からも後輩からも尊敬されるのは嬉しいけれど、尊敬だけだと物足りない。尊敬もされたいけれど、愛されもしたい。『メンタル強め美女白川さん』(テレビ東京ほか)第2話で描かれる先輩社員の梅本カンナ(秋元才加)が抱えるモヤモヤも、仕事をするアラサー女性には身に覚えのあるものだろう。

自分が好意を寄せる同期の松井(庄野崎謙)は、自分とは正反対のタイプの白川さん(井桁弘恵)のことが好きで、あろうことか白川さんへの恋心を相談されてしまう梅本さん。思わず彼女の粗探しをしようにも、仕事も出来てしまい、最近ではどうやら町田さん(野呂佳代)とまで仲が良く、白川さんと親しくなった後の町田さんはこれまでのようにこちらの顔色ばかりを伺ってくることもなくなり、何だか一皮剥けて楽しそう。それも面白くない。

しかし、"自分はこう"という思い込みからなかなか抜け出せないのは、町田さんだけでなくどうやら梅本さんも同じだったようだ。全くタイプが違うように見えても、実は2人が囚われていたものが同じだというのも興味深い。自分だって可愛げのあるネイルを施し、好きな男性にも甘えてもみたいが、これまで築いてきた"自分"がそれを許さない。

散々人に言ってきた嫌味が、周囲に向けてきた穿った捉え方が、翻って自分の自由やちょっとした挑戦までも制限してきて足枷になる。自分で自分の首を絞めてしまっている。ひねくれた自分自身に何より疲弊してしまう。わかっているのに、だけど今さらやめられない。そんな梅本さんの不器用な強がりが、自分を守ろうと相手に対して思わずチクリと出してしまう刺が、回り回って自分自身に刺さり、息苦しそうだし辛そうだ。

「ぜ〜んぶ疲れた。(中略)30歳過ぎてから友達のご祝儀、出産祝いで人の幸せにおめでとうするのも疲れたし、嫌なお局みたいな立場にも疲れたし」とこぼす梅本さんの姿に共感を禁じ得ない。誰しも「ぜ~んぶ疲れた」と全てを投げ出したくなったり、今までの全てを一旦辞めてしまいたくなることもあるだろう。

しかし、いつも思うが、自分自身の手にも余るちょっとドス黒い気持ちを抱えた役どころを演じる秋元才加はどうしてこうも魅力的なのだろう。本作、台詞回しが程よく毒づいていて、妙にリアルで痛快だ。白川さんのような人物はなかなかお目にかからないまでも、彼女を取り囲む人物らにはどこまでも"あるある"が詰まっている。

今回、白川さんについても新たな一面が垣間見えた。「心の美容ノート」なるものを取り出し、その日その日の気づきや学びを書き込み、自分自身の内面を整理しているようだ。八つ当たりのような言いがかりのような梅本さんからの陰口でも何かを学び取ろうとする彼女の姿はたくましいが、やはり白川さんも"ネイチャーボーン白川メンタル"な訳ではなく、日々のポジティブ転換や、自らのハッピーケアがあってこその"今の彼女"なのだろう。

次週はPMSに悩まされる白川さんの姿が描かれるらしく、あの魔の期間を白川メンタルがどう乗り越えるのか個人的にもとても楽しみな回になりそうだ。PMS期間を少しでもご機嫌に乗り切れる方法があるなら、喉から手が出るほど切実に知りたい。

文:佳香(かこ)

【第3話(4月20日[水]放送)あらすじ】

月に1回のPMS。生理前の絶不調な時でも白川さん(井桁弘恵)は強く、可愛く生きている。そんないつでもポジティブな白川さんを同僚の谷口さくら(藤野涼子)は露骨に避けていた。入社当初は仲の良かった二人。「女社会に順応できない似た者同士」だと白川さんに好意を持っていた谷口さんだが・・・。谷口さんが白川さんを避ける理由とは・・・?
さらに、谷口さんの悪意が加速してしまい、ある事件が起きる。挨拶さえも無視されてしまう白川さんが出した意外な答えとは?

◆番組情報
ドラマParavi『メンタル強め美女白川さん』
毎週水曜深夜0:30からテレビ東京ほかで放送。
動画配信サービス「Paravi」で前週水曜日21:00より毎話独占先行配信中