2022年4月23日(土)12:00から動画配信サービス「Paravi」で独占配信される市川実日子主演のParaviオリジナルドラマ『それ忘れてくださいって言いましたけど。』。に、すでに市川、曽我部恵一、吉田羊の他、夏帆、湯川ひな、渡辺大知、小松利昌らが出演することが発表されているが、新たに西島秀俊、唯野未歩子、北村有起哉の出演が決まった。

本作の舞台は、下北沢のカフェ「city country city」。ギターを片手にいつも歌っているオーナーのソカベさんとアルバイトで役者もしているミカコさんを中心に、たまたまお店に集った役者たちが、しゃべって笑って歌ったり、ノンストップの会話劇を繰り広げていく。1話15分で描き出されるファンタジーな新感覚ドラマだ。

主人公・ミカコを演じるのは市川実日子で、音楽を担当するのは、ドラマ本編においても、"city country city"のオーナー、ソカベさんを演じるシンガーソングライターの曽我部恵一。そして、ミカコの役者仲間・ヨウコ役で吉田羊が出演する。

今回、新たに出演者が発表され、オールキャストが解禁されることとなった。役者同士の夫婦・ケンさんとチカさんを西島秀俊と唯野未歩子が演じ、さらに、"CITY COUNTRY CITY"にふらりと現れる学者風の男性役を北村有起哉が務めることが決まった。過去にも共演したことがある西島と唯野がどんな夫婦を演じるのか、また、北村扮する学者風の男性がストーリーにどのような作用をもたらすのかに期待だ。

また、本日より曽我部恵一が音楽を担当する本作の主題歌「そしてきみと春を待つ」が配信スタートした。曽我部が作曲を手掛け、ドラマの企画および脚本を担当する太田麻衣子が作詞したこの楽曲は、4月23日(土)から配信スタートする第一話に先駆けて配信され、曽我部演じる"CITY COUNTRY CITY"のオーナー、ソカベさんが各話で演奏・歌唱する劇中歌も、ストーリーが更新される毎週土曜日にシングル作品として配信されることが決定している。

【コメント紹介】

◆西島秀俊

監督が穏やかに丁寧に演出される方で、出演者の方も素敵な皆さんだったので楽しく撮影させて頂きました。台本には思ったより複雑な世界観があって、それも面白かったです。現場もすごく自由でみんながリラックスして面白いものを作るという雰囲気にあふれていたので楽しめました。

この作品は、世界では色々なことが起きますが、日常のささやかな喜びを大事にして生きて行きましょう、という話だと思います。それが作品を通してみなさんにゆっくりゆっくり伝わったらいいなと思っています。

◆唯野未歩子

脚本を初めて読んだとき、言葉に対して繊細でなおかつ大胆な遊戯性の高い、あまり見たことのないタイプの面白いシナリオだと思いました。読み物として面白い!でも、これどう演じるんだろう?ってドキドキしました。

そもそもみんな仲良しの設定なのですが、現場にも本当にそんな雰囲気が自然に流れています。ずっと和気あいあいとした穏やかな大人の女子たちが見られると思います(笑)
実在するお店を舞台にしたお話なので、そこに一緒に居合わせているお客さんみたいな気持になって頂けたらすごくうれしいなと思います。

◆北村有起哉

企画がとても面白そうなドラマだったので二つ返事で引き受けましたが、台本を開いたらあまりのセリフの多さに「うっ」っとなりまして。もうちょっと慎重になっていればよかったと思いました。

今までいろいろな役をやってきましたが、ここまでマニアックなセリフを言う役は初めて。誰にも相談できないし、受験勉強をした時のように丸暗記をしました。忘れられない役と出会えたと思っています。

この作品はとても不思議な質感で、この現場でしか醸し出せないいい香りのする、思わずぽーっと見てしまう優しいドラマだと思います。ぜひ楽しんでください。

【あらすじ】

下北沢にある"CITY COUNTRY CITY"は、近くに住む役者さんたちがよく集まってくるカフェ。
そこでは役者のミカコさんがバイトしてるし、オーナーのソカベさんがギターを弾いて歌ってる。その日はちょっとだけいつもと違った。どうやらお昼頃にネットで流れた予言のせいらしい。その予言もなんのその、役者さんたちってこんな感じで話をしてるんですかーえーこんなこと話すんだーウソーそんなことも言っちゃったりーえーそうなんだーってなるノンストップ喋りっぱなし。
どこまでホントでどこまでがフィクションなのか。予言はどうなるのか。全く見逃がせない、4月のある日の明るい午後のお話です。

◆配信情報
『それ忘れてくださいって言いましたけど。』
2022年4月23日(土)12:00より動画配信サービス「Paravi」で独占配信スタート。