テレビ東京のドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』の第8話が放送。タックタック(戸塚純貴)から正式に交際を申し込まれた平千紗(佐々木希)。けれど、タックタックのことをあまり知らずに及び腰の千紗は、タックタックに招かれ、撮影部屋を訪ねることに。YouTubeの撮影を手伝うが、タックタックに恋心を抱くミカジャン(上原実矩)に敵意を向けられ、密かに恋のバトルを繰り広げていた。そんなミカジャンの思いに気付いてか、千紗も心がザワッとして...。思わず、これは恋なのか!?と思うも、考え方の違うタックタックとうまくやれるのか不安になってしまうのだった。

あまりに小声で、タックタックしか言っていることが聞き取れないが、あからさまに千紗をけん制するミカジャン。そんな乙女なところがかわいらしく、同時に切なくもあった。撮影部屋を後にしても、タックタックと分かり合えず、交際の返事も保留にする千紗。そんな千紗に「それって言い訳して逃げてません?」とタックタックは言うのだった。

そんな中、千紗が家に戻ると、お見合いパーティー帰りの幼なじみ・佐藤光輝(栗山英宜)がいた。なかなか、女性たちに選ばれず疲弊気味の佐藤。千紗もまた、佐藤が持ち帰った男性のプロフィールを見るもピンとこず...。そんな2人を見て風花(若月佑美)は「2人とも選びたくなさそう」とポツリ。互いに異性のダメな理由ばかり探してちゃんと恋愛することから逃げているのではと告げる。タックタックの言葉もあって、風花の言葉も千紗にはひっかかってしまう。

佐藤も帰り際、結婚したいと口に出して言うことは、選ばれていないという現実も受け止めなければならないということだからスゴイと言う。でも、選ばれるために頑張れない思いも本当だと千紗は言う。一生のことだからと考えてもなかなか答えがみつからず、でも前に進みたいと思う千紗の気持ちがリアルで、共感させられた。

千紗の中でモヤモヤが残るなか、会社でアフタヌーンパーティーが開催され、平家全員が参加。結婚している上司や後輩らの仲がよさそうには見えない夫婦関係を見て、サービス精神旺盛で明るく仲睦まじい父・総一郎(遠藤憲一)と母・美恵子(斉藤由貴)に千紗は恥ずかしさも感じつつも、結婚とは何なんだろうと思ってしまう。

だが、一見、仲が悪そうに見えた上司や後輩夫婦も、傍目からは分からないが、相手のことをよく分かっていて、お互いの絆があり...。そんな光景をみて、結婚は勢いだという理由しかないほど難しいのだとするならば、と、千紗はうまくいくか分からないけどチャレンジしようとタックタックをデートに誘う。喜ぶタックタックは、その日の20時に、と即座に約束したのだった。

すると、テレビマン・榎本信(金子ノブアキ)の母から千紗の元に連絡が入る。榎本に送った荷物が戻ってきてしまったらしく、千紗が榎本に電話をすると、榎本は体調が悪いようで...。上司からも部下からも板挟みで、疲労が溜まる一方だった榎本の描写が、ここでつながるとは! 千紗はダウンした榎本を心配し、家に駆けつけたのだった。

榎本の散らかった部屋を片付けていた千紗は、ふとある番組のディスクを発見。それは、以前、榎本に力説した千紗が元気づけられたドキュメンタリーのディスクだった。そのドキュメンタリーを榎本が作ったことが分かり、興奮気味で千紗は榎本に話をするが、榎本は暗い顔になってしまい、「黒歴史」だと言う。

ドキュメンタリーで追っていたランナーの女性は、病気からカムバックして頑張る姿が映し出されていたが、実は撮影中に病気に勝てず、もう走れない状態だったことを告白する榎本。そうして事実とは違う形でドキュメンタリーを完成させてしまった榎本は、嘘をついたことを後悔していたのだった。そして、そのランナーはもう亡くなってしまい、謝罪することもできず...。

「嘘ばっかりやってる」と自分を責める榎本を何とかフォローしようとする千紗だったが、榎本はディスクを割り、「絶対に忘れちゃいけないんです。自分がしたことを」と涙を流す。そんな榎本を見て、思わず抱きしめて慰める千紗。「榎本さんは優しいなって思いました。嘘ついたこと、ずっと後悔していて」「私がこれで救われたということは本当ですから」と、千紗は自分の想いを告げ、榎本の気持ちに寄り添う。そんな状況だと知る由もないタックタックから電話が、空しく鳴っていた。

相手との食い違いばかりに目を向けていた千紗が、自分から歩み寄ってみようと勇気を出した第8話。タックタックと向き合うためにデートの約束した千紗が、まさか後悔の念にさいなまれて壊れそうな榎本を抱きしめる展開になるとは! 運命のいたずら...としか思えないような流れで、再び千紗をめぐる恋の行方は分からない展開に。少しずつ恋に前向きになっていく千紗の心を動かすのは、そんな運命のいたずらなのかもしれない。タックタックと榎本、恋の女神がほほ笑むのは、果たして...。

「人間みんな50点だ」

いつも言い間違いばかりの風花だが、この言葉は真をついていて心に刺さった。あっけらかんとした性格や子どもを持つ母であるという部分もあって、風花が言うと妙に説得力を感じる言葉だなと思う。そんな言葉にハッとする千紗。千紗の迷いを晴らす救世主はすぐそばにいるのかもしれない。

(文:小松加奈)

【第9話(3月21日[月]放送)あらすじ】

千紗(佐々木希)は、榎本(金子ノブアキ)とタックタック(戸塚純貴)どちらを選ぶべきか悩んでいた。そんな千紗を見た父・総一郎(遠藤憲一)は、2人を呼び出し、どちらが千紗にふさわしい男か見極めることに!
"総一郎の虎"という謎の面談ゲームがスタートし、2人は千紗への想い、子育ての考え方、貯金額や将来性などを語る。果たして、総一郎が語る結婚相手の条件とは?
ラスト!衝撃の事実が明らかに...

◆放送情報
『ユーチューバーに娘はやらん!』
毎週月曜23:06から、テレビ東京系にて放送。
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」で配信。
また、Paraviでは、Paraviオリジナルストーリー「チャンネル登録お願いします!」を配信中。