テレビ東京では現在、秋元康が企画・原作を務める『ユーチューバーに娘はやらん!』が毎週月曜23:06から放送中。そしてこの度、「Paravi」にてオリジナルストーリー『チャンネル登録お願いします!』の配信が決定した。

『チャンネル登録お願いします!』は、2月21日(月)に放送される本編『ユーチューバーに娘はやらん!』の第5話地上波放送終了後より、毎週1話ずつ配信される。

本作の主人公は、ドラマ本編で戸塚純貴が演じる登録者数100万人越えの人気ユーチューバー・TAKTAK(タックタック)で、舞台は今から3年前の彼がまだ無名のユーチューバーだった頃。登録者数・再生数が伸び悩んでいたタックタックが、ケンケン(田中穂先)、ミカジャン(上原実矩)、そしてマネージャーのハラちゃんと出会い、成り上がっていく軌跡をコメディタッチで描くという。

『チャンネル登録お願いします!』限定のキャストとして、マネージャーのハラちゃん役を演じるのは藤井夏恋。『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』のヒロインに抜擢されるなど、近年、女優・モデルとしても活躍する彼女の演技に注目だ。

20220218_channel_02.jpg

また、本作には実在する人気ユーチューバーも本人役として登場。どうすれば動画が再生されやすくなるのか、コンテンツ作りの流儀やこだわりポイント、収益化の仕組みなどをタックタックに指南し、ドラマ仕立てで紹介していく。

脚本は本田隆朗とニシオカ・ト・ニール、監督は関野宗紀と松田祐輔が務める。さらに、平千紗(佐々木希)もどこかで登場するかも?とのことで、本編と合わせて楽しむことができる作品となっている。

【コメント紹介】

戸塚純貴(タックタック役)
登録者数100万を目指して日々奮闘中の無名ユーチューバー。人気ユーチューバーが多数所属する芸能事務所にアポなしで突撃したところ、タックタックの人生を左右する運命の出会いがあり・・・。

コメント:
番組も折り返しの第5話となりました!普段の自分とそうでない自分を解き放ち、YouTubeを通して冷静と情熱の間を行き来しながら刺激と快感を発散しております!
そんな今や人気ユーチューバーのチーム・タックタック誕生秘話をなんとオリジナルストーリーで描いて頂きました!トッピング全部乗せのニンニク増し増し麺固め油少なめ味濃いめ全8話!タックタックの前途多難の黒歴史を目に焼き付けて頂きたいと思います。過去と今を描き、作品をより一層楽しんで頂けたら幸いです。
楽しんで頂けたらグッドボタン、コメント、そしてチャンネル登録もお願いします!

藤井夏恋(ハラちゃん役)
ユーチューバーの芸能事務所でマネージャーとして働いているが、本人は仕事に興味がなく転職活動中。ひょんなことからタックタックの面倒を見ることになる。

コメント:
『ユーチューバーに娘はやらん!』はどの登場人物もキャラが濃く、とても面白い作品だなと思っていたので、出演させていただけることが決まって嬉しく思います。私が演じさせていただく"ハラちゃん"は戸塚さん演じるタックタックにどんどん引き込まれていくキャラクターです。性格面では普段の私と違う部分もあるので、凄く新鮮で楽しませていただきながらハラちゃんとしての時間を過ごしています。現在放送中の『ユーチューバーに娘はやらん!』の3年前という設定なので、タックタックの初々しさが存分に描かれており、見どころたっぷりなオリジナルストーリーになっていると思います。タックタックにどんどん巻き込まれていくハラちゃんにも注目していただけると嬉しいです!是非楽しみながらご覧ください!

田中穂先(ケンケン役)
別のユーチューバーチームで活動していたが、あることをきっかけにチーム内で孤立してしまう。タックタックと出会い、本来の自分を取り戻す。

コメント:
「人生、好きなことをして生きる」のは簡単なことではないですが、尊重し合える仲間が近くにいたら、なるべく自然体な自分のままで困難を乗り越えていけるのかもしれません!チーム・タックタックはきっとそんな仲間なのだろうなあ、と思いながら撮影をしております。一生懸命で愉快なメンバーたちを見て、少しあたたかい気持ちになって頂けたら嬉しいです。
『チャンネル登録お願いします!』をよろしくお願いします!

上原実矩(ミカジャン役)
編集技術はピカイチだが、人とコミュニケーションを取るのが苦手。編集スタッフを辞めようとしていたところタックタックに勧誘される。カリカリ揚げパスタが大好物。

コメント:
ちょっと気になるこの奇妙な3人組がどのようにして誕生したのか、宇宙人のような3人の人間味あるちょっぴりビターでクスッと笑ってしまう、すってんころりんな成長ものがたりとなっています。ほっこりと、可愛がってもらえますように!
コメディ作品に出演するのは久しぶりだったのと、ボソボソしゃべる、ツインテール、もこもこパジャマ、という今までにない異色なキャラクターに、できるかな・・・と固まっていたのですが、スタッフの皆さんがいろんな角度からミカジャン像を投げてくださるお陰でだんだん膨らみ出し、今はもう極限まで遊び尽くすぞ!!おー!!と模索する日々です・・・!(笑)今日の撮影はウケてたのかな・・・と、毎回不安な気持ちと闘いながら日々撮影に挑んでいます。もちろん、もちろん現場での反応がすべてではないと思っておりますが、個人的にはオールアップまでに現場の爆笑を掻っ攫いたいという野心を常に燃やしております・・・。

(C)「ユーチューバーに娘はやらん!」製作委員会