いつからだろう。阿部寛のドラマにはハズレがないと言われるようになったのは。視聴率はもちろん内容も面白く、主演というだけで観たいと思わせてくれる貴重な役者だ。現在放送中の『DCU』(TBS系)も好発進。阿部寛×日曜劇場といえば名作だらけだが、今回はその中でも2018年に放送された『下町ロケット』を紹介したい。

夢を見る彼らの姿に、私たちも思わず夢を見たくなる

本作は、2015年に放送された『下町ロケット』の続編。原作は、池井戸潤。従業員約200人の中小企業・佃製作所がロケット開発、さらに新型人工弁の開発に挑む姿を描いた第1シリーズから数年。今度は農業へフィールドを移し、トランスミッションメーカーとして新たなスタートを切る。

しかし、その行く手に待っているのは数々の困難。特許訴訟に、取引先の裏切り、仲間との別れ。そして、大企業・帝国重工との軋轢。それでも佃製作所はあきらめない。泥臭く、粘り強く、夢を追い続ける。合理性やスマートさが求められる現代で、佃製作所の精神主義的な働き方は時代錯誤もはなはだしい。だけど、見ているとなんだか胸が熱くなる。こんなふうに働きたいなという気持ちになる。そこが、『下町ロケット』の魅力だ。

その泥臭さを一身に背負っているのが、主人公である佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)だ。航平は常に夢を見ている。ロケット開発の夢破れ、宇宙科学開発機構を退職し、父の遺した佃製作所を継いだあとも、決して宇宙への夢を忘れてはいなかった。夢と情熱が、航平の原動力。そんな航平に感化され、周りもみんなひたむきに夢を追おうとする。その姿が、気持ちいい。

20220206_sitamachi_07.jpg

航平はお人好しの人情家。たとえ損になるとわかっていても、人を信じ、仁義を通す。ライバル企業のケーマシナリーから特許侵害で訴えられたギアゴーストを実質タダで買収できるとなったときも、航平はその道は選ばず、ギアゴーストに手の内を明かした上で、全面協力を申し出た。

一方的な理由で帝国重工からの取引を反故にされた挙げ句、野木博文(森崎博之)の説得に力を貸してほしいと財前道生(吉川晃司)に頼まれたときもそう。普通なら虫が良すぎるとしか思えない。だけど、航平は同じ夢を持つ財前のために動く。

正直、自分が社員だったら、こんな経営者はちょっと困る。もう少し器用に立ち回ってくれよと言いたくなる。でも、これぐらい愚直だから、航平のことだけは信じられる。航平になら、どんな無茶を言われてもひと肌脱ぎたくなる。それこそが、上に立つ者の器というやつなのだろう。

『下町ロケット』を支える、思わず惚れてしまう「おっさん」たち

近年、「おっさん」は忌み嫌われる存在だ。あらゆるハラスメントに不正や差別、そうした社会悪の根源が「おっさん」であり、古い思想や価値観、既得権益にしがみつき、社会を停滞させる者として「おっさん」は語られている。

だけど、言うまでもないくらい当たり前のことだけど、この世の「おっさん」のすべてが悪いわけではない。社会を少しでも良くするために、誰かの暮らしに役立つために、日夜汗を流している「おっさん」もたくさんいる。この『下町ロケット』はおっさんバッシングが吹き荒れる中で掲げられた、おっさん賛歌でもあるのだ。

実際、このドラマには悪い「おっさん」も登場するが、思わず惚れてしまうような「おっさん」もたくさんいる。ここからは、『下町ロケット』に登場する素敵な「おっさん」たちを取り上げながら、ドラマの魅力を伝えたい。

20220206_sitamachi_03.jpg

【1】その心に"佃プライド"。共感度200%のおっさん・殿村直弘(立川談春)

1人目は、佃製作所の経理部長・殿村だ。もともとはメインバンクである白水銀行から出向してきた銀行員。数字に厳しく、物言いの冷たい殿村を、佃製作所の面々はあまり良くは思っていなかった。しかし実は誰よりも佃製作所のものづくりの精神"佃プライド"に打たれ、佃製作所のために尽力していたのが殿村だった。

そんな殿村の愛社精神はやがて佃製作所の面々にも知れ渡り、頼れる存在に。ついには白水銀行と決別し、正式に佃製作所の社員として仲間入りを果たした経緯を持つ。

20220206_sitamachi_02.jpg

第2シリーズの殿村は、全編にわたるキーパーソン。父(山本學)が倒れたことにより、週末は実家の農業を手伝うことに。殿村の実家を訪ねたことが、航平が新たな夢に目覚めるきっかけとなった。

父が長い時間をかけて愛した農地も、自分が継がなければ、いずれ人手に渡ることになる。そのことに対するやりきれなさに加え、農業を通じてものづくりの喜びにふれた殿村は、愛する佃製作所との別れを決意。専業農家へ転身を果たす。

この決断は、殿村と同世代の視聴者はつい共感してしまうポイントだろう。家業がありながらサラリーマンをしている人ならなおさらだし、そうでなくても40歳を過ぎて自分の人生を変える選択はなかなかとりづらい。だけど、本当にこのまま進んでいいのだろうか。もっと別の道があるんじゃないだろうかと迷う人は少なくない。

そんな人にとって、20年以上もの会社員生活に終止符を打ち、第二の人生を切り開く殿村は眩しく見えるはず。しかも、最初から夢一筋の航平ではなく、現実主義だった殿村だからより深く共感できる。ある意味、多くの視聴者に最も近い目線なのが、殿村。ごく普通の"おっさん"が、夢に燃える"おっさん"へと変わっていく姿にドラマを感じるのだ。

殿村が、佃製作所に別れを告げるシーンは、本作屈指の名場面。こんな仲間に出会いたいと、ついもらい泣きしてしまう。

さらに、本格的に農業を開始した殿村に、稲本彰(岡田浩暉)、吉井浩(古川雄大)という地元の面々からの横槍が。またこの2人が実に憎らしいやつだから、余計に殿村に肩入れしたくなる。

特別な人じゃなくても夢は追える。誰もがつい共感したくなる愛すべき「おっさん」として殿村を推したい。

【2】男は黙って信念を貫く。苦悶の表情さえ渋すぎるおっさん・財前道生

2人目は、帝国重工宇宙航空部の部長・財前。純国産ロケット開発計画 「スターダスト計画」の指揮を執る財前は、スーパーエリート。佃製作所の面々とは一見すると対極の存在だ。

しかし、佃製作所の技術力を信じ、航平たちに最大の敬意を払う財前は、会社は違えど、同じ夢を追う仲間。航平の盟友的存在として第1シリーズから描かれてきた、文句なしのカッコいい「おっさん」だ。

20220206_sitamachi_06.jpg

第2シリーズでは、そんな財前の葛藤がつぶさに描かれる。次期社長候補である的場俊一(神田正輝)に標的にされ、ロケット開発の現場から外されるも、農業という新たな夢に向かって一念発起。しかし、そこでも的場の策略によりたびたび窮地に立たされる。

財前自身は、佃製作所と仕事がしたい。しかし、会社の経営方針には逆らえない。板挟みの中、佃製作所に取引中止を申し出、社員からなじられる財前。こうしたジレンマは会社員なら誰しも一度は味わったことがあるもの。いかにエリートといえど、財前もまた帝国重工という大企業の歯車のひとつに過ぎない。自分の思うように働ける人なんて多くはないのだ。

けれど、財前もまたあきらめない男だ。無人農業ロボットという新規事業の命運を担うデモンストレーションの場に、的場らの裏をついて社長の藤間秀樹(杉良太郎)を呼び寄せる。さらにそこで的場らの開発した無人農業ロボットが致命的な失態を演じたことから、一気に形勢逆転。再び佃製作所と手を組むチャンスを掴んだ。

財前は、決して多くは語らない男だ。悩める顔さえ渋みが溢れ出ている。そんな寡黙な男だからこそ、敵に気づかされないよう、用意周到に反撃の策をめぐらせ、にやりとほくそ笑むその顔がカッコいい。

しかも、航平を訪ねてやってきたボウリング場で、みんなからボウリングの腕に自信がないのだとささやかれると、ムキになって「では一球だけ」と見事なストライクを披露。そんな大人げないところが普段の冷静な顔とギャップ満載で、「カッコいい」も「かわいい」も装備している最強の「おっさん」ぶりをアピールした。

演じる吉川晃司の体格の良さもあり、スーツの着こなしはモデル級。クールだけど内に熱を秘めたキャラクターが好きな人にはたまらないのが、この財前道生という「おっさん」だ。

【3】わたし、定時で帰ります。協調性ゼロでも本当は熱いおっさん・軽部真樹男(徳重聡)

3人目は、佃製作所のエンジニア・軽部だ。軽部は、お人好しばかりが集まる佃製作所で、唯一の憎まれキャラ。仲間の前で常に悪態をつき、後輩の立花洋介(竹内涼真)が持ってきた設計図も「野暮ったい」と一蹴。具体的な指導はせず、18時になったら「定時だ」と退社。「む、だ」と目を見開く顔は、いきなり金槌で頭を殴られても仕方ないレベルの悪辣ぶり。なんで航平はこんな人を雇ったのだろうと思わず採用責任を問いたくなるほど、序盤の軽部は周囲を苛つかせる存在だ。

しかし、技術に関してはピカイチ。開発の仕事にも信念と誇りを持っているその素顔が徐々に明かされていく。

最終話の「残業だぁっ!」はいいシーンなのに思わず笑ってしまう名台詞。でもここで笑ってしまうのは、この不器用な軽部を憎めないやつとしてすっかり愛してしまっているからだろう。ツンデレ好きには、軽部という「おっさん」が間違いなく刺さるはず。

20220206_sitamachi_04.jpg

他にも魅力的な「おっさん」が盛りだくさん。もちろん「おっさん」だけでなく、偉大な父の背中を追って技術者として成長を遂げていく佃利菜(土屋太鳳)や、まっすぐな性格の立花、技術を愛し仲間を愛する天才エンジニア・島津裕(イモトアヤコ)など胸打つキャラクターが勢ぞろい。

魅力的な登場人物が、物語を魅力的にしていく。そのことを『下町ロケット』は実証している。

(文:横川良明)

◆配信情報
『下町ロケット』
動画配信サービス「Paravi」にて、2015年放送の第1シリーズ特別総集編、2018年放送の第2シリーズディレクターズカット版、2019年放送の新春ドラマ特別編が配信中。

◆放送情報
『DCU』
毎週日曜21:00からTBS系で放送。
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」で配信中。

(C)TBS