動画配信サービス「Paravi」にて、今の時代を牽引する若きスターたちに密着取材したドキュメンタリー番組『Real Folder』が独占配信されている。『情熱大陸』を手掛けたスタッフが贈る本番組の記念すべき第3回目はポップスピアニスト・"ハラミちゃん"への初の長期密着取材だ。

満面の笑みでピアノを奏でる人。"ストリートピアノ"ブームの火付け役。時にリクエストされた曲をその場で耳コピし、即興でアレンジして披露する。大物アーティストとのコラボやセッションも臆することなく楽しむ。彼女の周りには人が集まり、笑顔が溢れる。ハラミちゃんから連想するイメージを列挙してみたが、そんな彼女像が生まれたきっかけは2年前に遡る。

20211001_rf_02.jpg

先輩に勧められ東京都庁の展望台に設置されているピアノで好きな曲を弾いている動画をYouTubeに投稿したことに端を発し、今や自身のYouTubeチャンネルは登録者数170万人を突破、総再生回数は3億8000万回を超えている。こう聞くとまさに"シンデレラガール"そのものだと思われてしまいかねないが、ドラマティックなのは彼女がそれまで家に引きこもっており、気分転換に誘い出された久々の外出先でストリートピアノとの出会いがあったというから驚きだ。

4歳からクラシックピアノの英才教育を受け、絶対音感を鍛えてきた彼女はクラシックピアニストを目指して音大受験を志すも、第一志望合格は叶わず、音大卒業後もI T企業への就職を選んだ。しかし、思うように活躍できず自己評価が下がり「落ち込むというより焦っちゃうのが強くて、置いてかないで...って思った」「周りが人生のステップをどんどん進めている中、自分は何をしたらいんだろう...ってずっと苦しかった」と当時の意外な苦悩を語る。ストリートピアノとの出会いが、そんな彼女のモヤを晴らした。

だからなのだろうか。彼女がピアノの演奏中、溢れんばかりの笑顔で心から楽しそうに音を奏でるのは。終始「解放」や「生命力」があれだけ漲るのは。何よりピアノを弾いている時に、ピアノからだけでなく彼女の全身から"私は生きている!ここにいるよ!"という声が聞こえてきそうなのは。

20211001_rf_04.jpg

都庁での演奏動画はYouTubeで全編が公開されているが、正に彼女自身が自分自身を再発見し、再生していく過程があの1曲、あの一瞬に詰まっているかのようにも見えた。彼女はその当時を振り返って「タイムスリップしたような感覚。自分が存在している感じを久々に味わった」「ピアノを聴いてもらえることが、自分が自分らしくいられることだと気づいた」と話していた。確かに、純粋にピアノを楽しんでいた頃の過去の彼女が真っ暗なトンネルの中少しでも光がする方へと今の自分自身を連れ出そうと手を引いて誘っているかのようで、また今の彼女自身もそれに応えるようにどこかに眠っていたエネルギーを呼び覚まし導かれるままに"ここではないどこか"へ駆け出していく、そんな光景が浮かぶ。彼女の中での対話や化学反応全てがとんでもない爆発力を持ってあの瞬間にぶつけられ解き放たれたのだろう。新しい扉が開く音が確実に聞こえた。

そこからの目まぐるしい活躍は多くの人が知るところだが、「ネットでこんなにも自分のピアノを聴いてくれる人がいるんだっていう事実を知ってびっくりした」「上手い下手だけじゃなく自分の音を求めてくれる人がこの世にこんなにいるんだということが自信になって、これやってみたい、あれやってみたいと色んなことが言えるようになった」と自身の生き方だけでなく、意欲や心持ちにも前向きな変化があったと明かす。

20211001_rf_05.jpg

譜面を頼ってそのまま音をなぞるのではなく、歌詞の解釈に時間を費やすという彼女の練習風景が流れた。彼女が見ているのは楽譜ではなく、歌詞カード。一つ一つの言葉に込められた感情を音に変換し、原曲に込められた想いのエッセンスをピアノの音に乗せるために、沈黙しながらその世界観に静かに潜っていき、記憶の断片や皆で共有できそうな想いを手繰り寄せていくかのような彼女の姿が印象的だった。

聴く者のそれぞれの楽曲にまつわる思い出やその当時の感情を想起させながらも、新鮮味を伴って届けてくれるからこそハラミちゃんの演奏は、聴衆に"あの頃の自分"と"今の自分"を引き合わせる体験をさせてくれるのではないかと思う。そう、彼女自身が、都庁の展望台で、また通っていた小学校の多目的ホールでピアノを演奏して、当時の自分自身から今の自分に向けてのエールを受け取り、実は脈々と流れ続けていた自身の血潮を感じ取り勇気づけられたように。

【文=佳香(かこ)】

◆番組概要
『Real Folder』
【配信ページ】https://www.paravi.jp/title/74960
【配信日/出演者】
8月25日(水)18:00~/花澤 香菜
9月8日(水)18:00~/黒羽 麻璃央
9月22日(水)18:00~/ハラミちゃん
10月6日(水)18:00~/三吉 彩花

(C)MBS