関連記事:蓮佛美沙子『理想のオトコ』は「大人だからこそ作れた恋愛ドラマ」

――出演が決まった際の感想

まず、蓮佛美沙子さん主演のドラマに出られることが嬉しかったですね。テレビ等で拝見していた素敵な女優さんと一緒に一つの作品を作れる、というワクワクがありました。

蓮佛さんは、どんな球でも受け止めてくれて、全て返してくださる素晴らしい女優さんです。今回ご一緒させていただき、蓮佛さんの温かさを知ることができました。

――脚本と原作、どちらを先に読まれましたか?

漫画やアニメなどビジュアルが鮮明なものは、その一つの"答え"に寄りすぎてしまうので、基本的に原作は脚本よりも先に読まないようにしています。

220210426_mikata_02.jpg

――脚本を読んだ印象

とてもまっすぐな恋愛ドラマだな、と(笑)。ここまでまっすぐな恋愛ドラマは、近年なかなかないんじゃないでしょうか?人の心をくすぐるようなセリフもたくさんあって、ウキウキしてムズムズするお話でしたね。ストーリーのテンポ感もよく、毎週の放送が楽しみになる作品です。

――志摩圭吾役について

圭吾は「すべての出来事に運命や奇跡がある」と心から信じている優しい男です。そのせいでちょっと突っ走りすぎちゃうことも・・・(笑)。僕は目力含めてわりと圧が強めなのですが、圭吾はこれまで演じてきたことのない役どころなので、その圧を抑えたマイルドな味方を見ていただけるのではないでしょうか?

220210426_mikata_03.jpg

――役作りで苦労した点

圭吾は、僕的にはわからないところがたくさんあるキャラクターでした。だからこそ、役としては構築していきやすかったですね。僕の脳みその別の場所を辿っていく感覚でした。

――ご自身の理想のオトコ像は?

うーん・・・子どもができた時に、その子が大きくなっても「お父さん大好き!」と言ってくれるような父親ですかね(笑)。子どもをはじめ、いい距離感で人の気持ちに寄り添えるようなオトコになりたいです。

――安藤政信さん、瀬戸利樹さんの印象

安藤さんは、かっこいいのにかわいく見える瞬間もある不思議な方ですね。集中力がとても高く、作品や役に没頭できる姿勢は憧れます。

瀬戸くんは、彼だからこその空気感があります。僕にはないものをたくさん持っていますし、現場では皆から「瀬戸くんはかわいいね」と言われているのを耳にしました(笑)。

――舞台やドラマなど忙しい日々が続いていますね

忙しい方が充実しています。僕にはこれと言った趣味や特技があんまりなくて、好きなものは何ですかと聞かれたらやっぱり仕事をしている時間なんです。だからこそ、沢山働いている時の方が僕は楽しいです。舞台や映像のなかで生きている時間が、僕にとってのエネルギー源なんだろうな、と思います。

220210426_mikata_04.jpg

――視聴者の方にメッセージ

女性目線で見れば、興味深く感じてキュンキュンしたりできますし、男性目線で見ても「こいついけ好かないなあ」と思いつつ、共感してしまう部分があると思うので、ぜひ多くの方に見ていただきたいですね。カップルで見ても楽しいと思います。ドラマの結末をどうぞ楽しみにしていてください。

◆番組情報
ドラマParavi『理想のオトコ』
毎週水曜日深夜24:40より放送中
動画配信サービス「Paravi」にて独占先行配信中

(C)「理想のオトコ」製作委員会