本作は、2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編「ドラゴン桜2」が原作になっているが、今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開を盛り込む予定だという。

阿部演じる桜木建二がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役の長澤まさみの出演発表を皮切りに、学園の教頭役に及川光博、桜木の信頼する弁護士役に早霧せいな、学園の理事長役に江口のりこ、そして桜木の元教え子役に佐野勇斗の出演が発表されている。

20210315_dragon_02.jpg

そして、東大合格を目指すというこのドラマの内容にちなんで、東京大学一般入試合格発表日である3月10日から、ドラマポスターでシルエットになっている"東大専科"の生徒役が1人ずつ発表されているが、これまでに、何かに本気で打ち込んだことがないイマドキ女子・早瀬菜緒役に南沙良、ある問題を抱え周囲から孤立している原健太役に細田佳央太、成績は優秀だが受験に興味がない小杉麻里役に志田彩良、成績はトップだが学園で燻っている藤井遼役に鈴鹿央士の4人が出演することが明らかに。

他の生徒役に注目が集まる中、今回、5人目として加藤清史郎が出演することが発表された。幼少期から芸能界に身を置き、2009年にCMで演じた「こども店長」が視聴者の心をつかみ、国民的子役となった加藤。その後もドラマや映画、舞台などで活躍。ロンドン留学を経てさらにステップアップし、これからさらなる期待がかかっている。

そんな加藤が今作で演じるのは、優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている天野晃一郎。家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない天野の背中を、桜木がどのように押すのかに注目だ。

加藤は本作に出演するにあたり「オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました」と振り返り、「天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の一人として、精一杯、役を生きていきたいです」と意気込んでいる。

(C)TBS