2021年4月2日(金)からドラマ25枠で江口のり子主演『ソロ活女子のススメ』が放送されることが分かった。"ソロ活"とは、積極的にひとりの時間を楽しむための活動のこと。民放ドラマでの主演が初となる江口は、本作で"ソロ活"に邁進しながら、新たなひとり〇〇を体験していく女性を演じる。

本作は、フリーライター・朝井麻由美の人気のエッセイ本「ソロ活女子のススメ」(大和書房刊)が原案で、江口演じる主人公・五月女恵が"ソロ活"に邁進しながら、新たなひとり〇〇を体験していく物語。まだ一度も"ソロ活"をしたことがない人、興味はあるけど勇気が出ない人・・・これを見れば"ソロ活"がしたくなる、そんな女性の背中を押す物語が描かれていく。

20210304_solokatsu_02.jpg

『ソロ活女子のススメ』は4月からテレビ東京で放送開始するが、毎週地上波放送に先駆けて、動画配信サービス『Paravi』で先行配信される。初回配信日は3月26日(金)23:00からで、第2話以降は、前話の地上波放送終了直後より先行配信される。

【コメント紹介】

◆江口のりこ

この撮影を通して、やったことのない事や行ったことのない場所へ行けるんじゃないかと、少し楽しみです。
"ソロ活"のイメージは好奇心旺盛な人の活動だと思っておりますが、機会があれば私は競艇をやってみたいですね。
楽しく撮影して、楽しい作品になればと思ってます。よろしくお願いします。

◆朝井麻由美(原案)

自分の書いた本がドラマ化されるだなんて、予想だにしていなかった人生の展開です。主演が江口のりこさんというのもめちゃくちゃ嬉しい!何年か前にバラエティー番組で、誰に媚びることもなく、正直にものを言う江口さんを拝見して、心の中でスタンディングオベーションをしたことがあります。江口さんが淡々と"ソロ活"を楽しむ姿がありありと想像できる、最高のキャスティングです。ドラマは、古い価値観や、今までなんとなく刷り込まれてきた"世間の常識"、自分を苦しめてきた"呪い"から解放してくれるシーンやセリフがてんこ盛りの作りになっています。また、毎話"ソロ活"を通してさまざまな知識が身につくのも面白いポイントです。
"ソロ活""ひとり行動"というと、「寂しくてみじめ」とネガティブな捉え方をされがちですが、"ソロ活"は未婚、既婚、恋人の有無、性別、年齢に関係なく、全人類に開かれた娯楽です。タイトルに「女子」と入っていますが、女性じゃない性別の方にも楽しんでいただけます。ひとりは楽しい。だからといって、みんなで一緒に何かをするのがダメなわけでもない。ドラマの中には、誰のことを否定するわけでもない、自分の「好き」に正直に生きる主人公の姿があります。主人公の"ソロ活"を通して充実したライフスタイルのヒントを得られる、このドラマがそんな存在になれたら光栄です。

◆森田昇プロデューサー

数年前にひとりでカラオケに行くなどの行動が注目され、じわじわとその動きが広がっている"おひとりさま行動"。コロナ禍により"密"を避けることで更に市民権を得て遂に「ぼっち」ブームが。そう、本格的なソロの時代が到来したのです。そんな今熱い"ひとりでの活動=ソロ活"を真正面から描いた作品です。しかもドラマで。ストーリーを堪能するとともにひとりで楽しむ場所やノウハウなど"ソロ活"情報満載のドラマでもあります。カラオケでマイナー曲を熱唱しようが、動物園で1日中猛禽類を見続けようがオールOK。その対象としっかり向き合うことで本当にその対象を理解し堪能できる。更に自分自身も見えてくる・・・。そんな心の動きを描くドラマでもあります。ただしみんなと一緒にいられないからひとりに逃げるストーリーではありません。みんなもいいけど
ひとりが楽しい。それしか出来ないからでなくそれが楽しいからやるのです。ソロで行うと今まで見えなかったものが見えてくる。そして前より自由になれる。そんな贅沢な時間を満喫する主人公の姿を見て視聴者の皆さんは勇気をもらえることでしょう。もちろん男性も楽しめます。

【あらすじ紹介】

「ダイジェスト出版」編集部の契約社員・五月女恵(江口のりこ)は、会社の同僚から飲み会に誘われるものの、誘いを断り足早に退社する。その理由は"ソロ活"。好きな時に好きな場所で、ひとりでしか味わえない贅沢な時間を過ごすため、恵は今日も新たな"ソロ活"を探し求め、ある場所へと向かうのであった・・・。

第1話で向かう"ソロ活"はソロ焼肉、そしてソロリムジン!めかし込んでパーティーする女子会をひとりでやってみるのだ。2話以降続くのは、ソロ水族館やソロプラネタリウム。そしてソロフランス料理フルコースやソロ気球。更にはソロラブホテル・・・などなど。

まだ一度も"ソロ活"をしたことがない方、興味はあるけど勇気が出ない方必見。これを見ればあなたも"ソロ活"がしたくなる、女性の背中を押す物語!

(C)2019 Mayumi Asai Printed in Japan