本作は長瀬と宮藤がTBS連続ドラマ11年ぶりのタッグを組み、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるストーリーが描かれる。

今回、長瀬演じるプロレスラー・観山寿一を取り巻く超個性的なキャストとして長州力と勝村周一朗の出演が決定。1980年代の新日本プロレスブームの立役者である長州が演じるのは、なんと本人役。2019年6月、多くのプロレスファンから惜しまれつつ45年の現役生活に幕を閉じた長州だが、その熱いプロレス魂が、宮藤官九郎脚本のドラマで蘇ることに。長州が現役引退後初となるドラマ出演でどのような姿を見せてくれるのか、また、"リキ・ラリアット"で多くのファンを魅了した長州が、プロレスご意見番として長瀬演じる寿一に何を語るのか、他では見られない長州力の熱いリングパフォーマンスに期待が高まる。

さらに、本作がドラマ初出演となる"リアルタイガーマスク"こと勝村は、実は長瀬の2年先輩にあたる幼なじみで現在も交流があり、ドラマで初共演を果たすことに。本作で勝村が演じるのは、寿一と同じプロレス団体「さんたまプロレス」に所属する"スーパー多摩自マン"というリングネームの現役レスラーだ。

以下、長州、勝村のコメントを紹介。

◆長州力

戸惑っています。なぜ自分なのか。
これだけの素晴らしい役者さんが揃っている中になぜ自分なんかがいるのか。
とにかく迷惑をかけないことだけを考えています。
果たして最後までやりきれるのかどうか不安で仕方ありません。
とにかく一生懸命頑張らせていただきます。よろしくお願いします。

◆勝村周一朗

総合格闘家で「ガンバレ☆プロレス」所属レスラーの勝村周一朗です。
日本には劇中で登場する「さんたまプロレス」のようにテレビ中継もなく小さな会場を中心として活動しているプロレス団体がたくさんあります。他の仕事をしながらリングに上がるレスラーも少なくないですが、それでも激しい戦いで生き様を表現し、たくさんのファンを喜ばせています。このドラマを通じてそういったプロレスの泥臭く熱苦しい部分を伝えるのが僕の役目だと思っています。さんたまプロレスを愛するスーパー多摩自マンの応援をよろしくお願いします!
そして、主演の長瀬智也くんとは小学校時代から仲良くさせてもらっていて、このドラマの話が出たときからプロレスラーの役作りの相談を受けていました。アドバイスをしていくうちに一緒にプロレスのトレーニングをするようになり、その流れで出演することになりました。校庭で一緒に遊んでいた友達同士が、同じドラマに出演することなどそうそうないので快く引き受けさせてもらいました。プロレスの場面では長瀬智也のカッコ良さもカッコ悪さも引き出せるようにサポートしていきたいと思います。

【第1話あらすじ】
プロレスリングでマットに叩きつけられ、ロープへ投げ飛ばされながらも、ブリザード寿こと観山寿一(長瀬智也)は、自分の家族について思いを馳せていた。

寿一は幼少時代、重要無形文化財「能楽」の保持者である父の寿三郎(西田敏行)から一度も怒られたことがなかった。一緒に悪さをしても、怒られるのは弟子で芸養子となった寿限無(桐谷健太)のみ。しかし寿三郎は、初舞台以降「神童」と讃えられた寿一を褒めることもなく、それが幼い彼の心を傷つけていた。やがて反抗期を拗らせた寿一は、母の死後、家を出てプロレスラーの道へ進む。そこには、寿一が憧れていた家族の形があった。

さらに時は流れて現在。ピークを過ぎたレスラーとなった寿一の元に寿三郎危篤の知らせが飛び込んできた。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。別れの挨拶は2年前に済ませたと遺産や相続の話を始める弟妹に激昂する寿一。そして寿一は二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めるのだった。

引退試合を終えた寿一を待っていたのは、寿三郎が退院したという知らせだった。一門の幹部、そして家族を前に、これまでの威厳はどこへやら、デイケアサービスで寿三郎の担当ヘルパーだった志田さくら(戸田恵梨香)と結婚すると言い出した寿三郎。呆気にとられる寿一ら家族を余所に、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ・・・!?

(C)TBS