2020年10月にTBSでスタートする木村佳乃主演の金曜ドラマ『恋する母たち』で木村、吉田羊、仲里依紗が演じる3人の母の息子役で、奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐が出演することが決定した。

原作は、迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された柴門ふみによる同名の人気作品。柴門の友人たちの話をもとに10年以上温めて描いたと言われており、共感性が高く女性からの支持が高い作品。ドラマでは脚本を大石静が担当している。

夫と一人息子と何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然夫が失踪し、息子をシングルマザーとして育て、この春有名進学高校に入学させた主人公・石渡杏は木村が努め、吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まり。一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みがある3人の美しい母たちの姿を描いていく。

今回、3人の母たちの美しい息子たちと、母たちを苦悩させる夫をはじめとした共演者陣が発表された。吉田演じるキャリアウーマンの優子の息子で長らく引きこもり生活を送る大介を演じるのは、今年7月に公開された映画『MOTHER マザー』で、初演技にしてメインキャストに大抜擢され話題となった奥平大兼。仲演じるまりの息子で何不自由ない生活を送りながらも両親に反抗を繰り返す繁秋を演じるのは宮世琉弥、そして、木村が演じる杏の息子で、女手ひとつで育ててくれた母を常に思いやる優しい高校生・研役には藤原大祐が決定した。

そして、母たちを悩ます夫たちも明らかに。失踪した杏の夫・慎吾役は渋川清彦が務め、自身の弁護士事務所の部下と不倫をしているまりの夫・繁樹役を玉置玲央が。また、優子の夫で売れない小説家のシゲオ役をおぎやはぎ・矢作兼が演じる。3人の夫は物語のキーパーソンであり、それぞれが妻と息子にどう向き合っていくかも見どころとなる。

さらに、母たちと深く関わっていく女性キャストたちも解禁。杏の夫・慎吾の母の綾子役は夏樹陽子、まりの夫・繁樹の弁護士事務所に所属する新人弁護士で、繁樹が妻帯者と知りながらも男女の関係となり、まりへの嫉妬のあまり思いもよらない行動をとる山下のり子役を森田望智、さらに、小泉孝太郎演じる斉木巧の妻で、杏の夫と駆け落ちをした女性・由香を瀧内公美が演じることになった。

◆『恋する母たち』人物相関図

20200908_koihaha_02.jpg

以下、息子を演じる3人とプロデューサーのコメントを紹介。

◆奥平大兼(林大介役)
初めて台本を読ませていただいた時、大人の恋愛ということもあり自分の歳だと見られない世界のお話だったので、とても面白いと感じました。
ドラマに出演させていただくことが初めてで、僕が演じる大介もとても複雑な役柄なのでプレッシャーなど感じることもありますが、それ以上に役のことを考えるのをとても楽しく感じています!
一生懸命自分の力を出せたらいいなと思っています!

◆宮世琉弥(蒲原繁秋役)
このたび、蒲原繁秋役を演じさせていただくことになりました、宮世琉弥です。
原作も読ませていただいて、本当にこのような作品で演じてみたかったですし、仲里依紗さんと家族になれるのが夢かなと思うくらい凄くうれしかったです!
息子役の他のお2人も同い年ですし、撮影が始まるのが楽しみで仕方ないです。
尊敬する阿部サダヲさんや小泉孝太郎さん、磯村勇斗さんに負けないくらいの色気を僕たち息子3人も出していきたいと思います。
高校生の色気で勝負していきます!

◆藤原大祐(石渡研役)
初めてドラマの内容をお聞きした時、かなり大人のお話だなと思いました!(笑) そしてご一緒させていただくキャストの皆さんがとても豪華なので、一緒に作品に参加させてもらえる喜びを感じました。僕が演じる石渡研は、父親が失踪して母親と2人で暮らす高校生。劇中で巻き起こる様々な出来事に石渡研として真っ直ぐに向き合って、木村佳乃さん演じるお母さんと一緒に、家族で乗り越えていきたいなと思います。

◆チーフプロデューサー・磯山晶
3人の息子たちは厳正なオーディションで選考しました。ほとんど第一印象が決め手でした。
それぞれ個性的で、演技に貪欲で、絶好調にキラキラしていて、3人が集まって笑顔で談笑しているのを見て、その美しさに感動すら覚え「こんな息子が欲しい!」と思ってしまいました(笑)。
そして3人の夫たちには、「食えないけど良い男」を揃えました。
渋川さんには、印象的な「人たらし」な笑顔とハードボイルドなカッコよさで周りの人々を振り回していただきます。そして玉置さんは、その圧倒的な色気を使って「悪い夫」を体現していただく予定です。矢作さん演じるシゲオは一見、何も悪いところがない夫ですが、家庭の在り方には何か歪なものがあって、その闇も含めてお楽しみください。
さらに母たちを嵐に巻き込む、夏樹さん、森田さん、瀧内さんには、関わる人を思わぬ運命に引きずり込む妖艶な女たちを振り切って演じていただきます。
恋する母たちをとりまく、一癖も二癖もあるキャラクターのキャスティングはとても楽しいお仕事でした。柴門さんの原作の段階で十分クセが強いですが、さらに大石さんの脚色が加わって、一人として見過ごせない「要注意人物たち」が渋滞します。
どうぞ、お楽しみに!

(C)TBS