――地上波放送の収録が行われたと伺いました。初回収録の模様はいかがでしたか?

ステイホーム期間中でずっと家にいたので皆さんパワーが有り余っているようで(笑)。いつも楽しんでやってくださっているのですが、いつも以上に楽しんでやってくださりすごく盛り上がって面白かったです!

今回、天の声を「ずん」の飯尾和樹さんにお願いしていて、飯尾さんが天の声をやっているというのは秘密で進めていたのですが、初めて天の声として話しかけた時に「あ!飯尾さんだ!!」とすごく驚いて、喜んで、大盛り上がりしていました。
メンバーの皆さんと飯尾さんは『エージェントWEST』(朝日放送)でご一緒されていたそうで、息もピッタリ!最強タッグで現場は笑いの渦!!とても楽しい収録になりました!

――初回放送では「パパ力UP講座」が行われたとか。パラビでレギュラー配信されていた1年で"パパ"としてメンバーの皆さんが成長したなと感じることはなんでしょうか?

最初は番組名もコンセプトも何も知らない状態で撮影が始まり、突然家に「ハルキくん」という男の子が来たんです。一同驚愕!放心状態...とまではいきませんが、かなり驚いていらっしゃって、そんな中、保育科出身の桐山パパがリーダーとなりながら綱渡り状態で"一日パパ"をなんとかやり遂げたのですが、次にミコトちゃんという超人見知りの女の子が来た時は男の子と女の子じゃ接し方が全く違うので振出しに戻った感じで相当苦戦していました(笑)毎回違うタイプの子どもがやってきて、時には双子ちゃん、一度はワンちゃんまで来たりして。紆余曲折、いろんな壁にぶち当たりながら1年間やってきて、皆さん、パパとして本当に成長された1年だったと思います。

例えば子供をお風呂に入れるのも最初と半年経ってからでは明らかに成長ぶりが見えました!子供が生まれたばかりの番組スタッフがいるのですが、その新米パパよりもジャニーズWESTの皆さんの方が"パパ力"が格段に高いと思います(笑)。プールで水泳を教えたり、絵や文字を教えたり、もちろん本業の音楽も! それにお裁縫まで出来るようになりました!

毎回違うタイプの子供たちのパパとして1年間やってきたので、メンバーの皆さんは「どんな子供が来ても大丈夫!!」ともしかしたら思ってらっしゃるかも知れないのですが、いい意味で期待を裏切るような子供たちが今後もやって来ると思いますので、もっともっとパパとして成長していただけるのではないかなと思っています(笑)。

20200625_papajyani_02.jpg

――当番組において、ジャニーズWESTさんの凄いと思うところはなんでしょうか? メンバーそれぞれお伺いできればと思います。

【重岡大毅パパ】
重岡パパは一言でいうと「太陽」です。"重岡パパがいるところには笑顔がある!"。なので子供が来た時もすごく良い雰囲気にもっていってくれます。子供がすぐ心を開くのは桐山パパ、子供目線ですぐ仲良くなるのは重岡パパという印象です。あと、回を重ねていく中で意外な一面も見えてきました。国旗かるたを手作りした時、絵を描くのが苦手と言いながらも難しいブータンの国旗をすごく細かいところまで気を付けながら描ききりました。それがものすごくよくできていて!大きめに印刷して額縁にいれてパパジャニハウスに飾らせてもらいました。そんな繊細な一面もあるんだ!とスタッフ一同関心しました(笑)
"やるぞ!"となった時の集中力は本当にすごいです。
実は一番器用なのは重岡パパなのかもしれないです。
ちなみに、エビが大の苦手で、子供に落ちたエビを拾ってもらったり、苦手なキュウリを子供は克服したのに重岡パパはできなかったりと、メンバーの中で一番子供っぽい一面も持っています(笑)。

【桐山照史パパ】
保育科出身のこともあってオールマイティ、ミスターパーフェクトだと思います!子供に100%受け入れられます。すごくママっ子の超人見知りの双子ちゃんが来た時も、緊張してなかなか家の中に入ってこれずにいたら、桐山パパの提案で家に入るより先に庭にある滑り台に連れていって一緒に遊んで仲良くなったんです。それで双子ちゃんも安心して家の中に入れられるようになって。だから何かあったらメンバーの皆さんも「アキト、アキト!」と桐山パパを頼っています。私たちスタッフ側も頼りにさせていただいてるところが多々あります(笑)。この子、みんなに馴染めるかな・・・大丈夫かな・・・と思う子でも、桐山パパいるから大丈夫!と思えてしまうんです。視野が広くて、子供の行動をよく見ていて、子供の心理もわかっている桐山パパに任せておけば大丈夫!と見ていてとても安心できるパパです。

【中間淳太パパ】
最年長なのにみんなからめちゃめちゃいじられています(笑)。メンバーの皆さん、本当に仲がいいんだなぁと、見ていてとても微笑ましいです!そんないじられ役の中間パパですが、そこはさすが最年長!例えば重岡パパが暴走して話が脱線し始めたりすると、中間パパがちゃんと軌道修正をして元の話に戻してくれる超しっかりものパパです。そういうところがとても頼もしいです。それと、初めは料理などもあまり得意ではなかったようですが、何事にも積極的に取り組んで下さり、今年行った冬のキャンプでは料理ができるようになっていました!なので、この一年で一番パパとして成長したのは中間パパなのかなと。
"伸びしろNo.1"なのではないかなと思います!

【神山智洋パパ】
お父さんじゃなくてお母さんタイプだなと回を重ねる毎に感じます。メンバーの皆さんも「おかん、おかん」と呼んでいます(笑)器用になんでもこなされるので、神山パパなら何でもできる!とメンバーの皆さんにいつも頼られています。でも、恐らくやったことないような事もあって、例えば、女の子にマニキュアを塗ってあげた時、ご自身もネイルをライブの時などはなさるそうなのですが、ネイリストさんなどプロの方にお願いをしていて、自分で塗っているわけではないと思うのですが、そういう事も子供からのお願いということであれば「やったことないからできない」とは絶対に言いません。「大丈夫、できるよ」と丁寧にやってくださるんです。しかもとても上手に(笑)本当に真面目で何かお願いしたらそれをやり遂げるまで没頭する、全力投球でやってくれるところがすごいと思います。
ちなみに小瀧パパからは「真面目という病気」といつもいじられています(笑)。

【藤井流星パパ】
自分から率先してやったり、主張をしたりという感じではなく、みんなの様子を俯瞰から見ていて、みんながやらないことをやる。頼まれたことはなんでも一生懸命に取り組んでやり遂げるタイプだと思います。「何でも大丈夫だよ」というスタンスのパパで、例えばメンバーが買い物に行って家に残っているメンバーに「お米を炊いておいて」と頼まれたら藤井パパがたいておいてくれる。段ボールを使った大き目の遊具を何人かで作り始めたのに、他のメンバーはどこかへ行ってしまい、最終的に藤井パパ1人になった時も黙々とやり遂げました。みんなが大変だなと思うようなことを文句も言わずに黙々とこなしてくれる。与えられた役目を嫌だと言うことなく、なんでも一生懸命頑張ってやってくれるパパです。
もし藤井パパが結婚して、お嫁さんから「あれしておいて」「これしておいて」とお願いされても、文句も言わずに何でもやってくれる、そんないい旦那さんになるんじゃないかなと思います!

【濵田崇裕パパ】
濵田パパはいい意味で本当に「あのまま」です(笑)ちょっぴり天然で何事にも全力投球。番組が始まったばかりの頃は、子供心がなかなかつかめずによく心が折れかけたりしていたのですが、いつからかどんどん強くなっていきました!それからはもう、子供心を掴むべく、重岡パパとのコント劇場が毎回繰り広げられました(笑)。もしかしたら子供じゃなくて、スタッフの方が心を掴まれていたかもしれません。あのコント劇場は本当におもしろいので!その後、「世界のHAMADA」も登場し、濵田パパが開花しました!
一度、濵田パパが骨折されて欠席した時、メンバーの皆さんが「どうする、どうする」と困惑しているのを見て、絶対にいなくてならない存在なんだなと痛感しました。
濵田パパはみんなの"心のオアシス"だと思います!

【小瀧望パパ】
小瀧パパは最年少で黙っていれば超二枚目!ですが、バラエティ要素が若干多めの2.5枚目だと思います(笑)。以前の江藤俊久Pと有田武史Pのインタビューで「小瀧パパは『#テロップ打率NO1パパ』!」と言っていたのですが、まさにその通りでいろんなパワーワードを生み出してくれています。各話の見どころや紹介文を書くときも、小瀧パパのワードをタイトルとして採用させていただいたりしていました(笑)「なんやホームアローンかっ!」など、キャッチーなパワーワードがすぐ出てくる頭の回転の速さがすばらしいと思います。
ちなみに江藤Pと有田Pのインタビュー記事を読まれたのか、今まで以上に狙っているのではないかと思う時も若干あります(笑)。

――後編では、地上波でのレギュラー放送決定時のメンバーの反応やパラビで配信されている中でのおすすめ回などを聞いた。

◆番組情報
『パパジャニWEST』
2020年6月30日(月)から毎週火曜深夜23:56~0:55にTBSで放送。
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で過去作が配信中。
(C)TBS