配役と演出をまったく変えた5シーズンの『髑髏城の七人』は、同じストーリーをベースにしているものの、受ける印象、うまれるドラマ、登場人物たちの関係性が異なる。なかでもここで紹介する2作『髑髏城の七人』Season月<上弦>と<下弦>は、劇団初挑戦となるダブルチーム制(2つのチームが交互に上演)を導入。映像を駆使し、丁寧に台詞や演出をほどこしていて、『髑髏城の七人』初見の方でもかなり観やすい物語となっている。

また、他作とくらべて俳優の年齢層が若く、新感線の舞台に初出演する人も多い。若さゆえの青くささ、切なさ、率直さ、弱さなど、切実な想いの伝わるアツい作品で、新キャスト達により新たな姿を見せてくれた1990年から、何度も上演されている『髑髏城の七人』の長年のファンからも、「この"Season月"が大好き!」という声があがるのもうなずける。

"Season月"ならではの特徴は?

若さゆえか、ストレートな台詞ゆえか、弱さを抱えもがく若者達の戦いが際立った"Season月"。手に入れたいものや守りたいもののために、弱さを捨てきれない男達のせいいっぱいの血と汗は、長編少年漫画を3時間浴び続けたような濃厚さだ。

最も大きな変化は、メインキャストの「沙霧」が、「霧丸」という男性役になっていること。これまでは女性役であることで、演出によっては主人公・捨之介とのほのかな恋を感じられることもあった。しかし男性になり、少年の成長、という面が強くなった。これにより、登場する若い男達すべてにとっての成長の物語、という色が濃くなったのが、この"Season月"だ。

誰もが暗い過去を抱えているなか、戦い強くなっていく者、途中で命を落とす者・・・その運命は分かれていく。しかし残酷な運命にあっても、若い彼らにはまだ未来がある。だからこそ悲しく、だからこそ希望がある。それが"Season月"の印象だ。

そのうえで、"Season月"の2作<上弦>と<下弦>それぞれの魅力をご紹介したい。

"Season月<上弦>"──弱いからこそもがく若者達の戦い

20200618_dokuro_02.jpg
主人公・捨之介を演じるのは、初舞台の福士蒼汰。俳優が舞台に立つと、その人そのものの生き様があらわになるという。まっすぐに演じる福士からは、業に向き合おうとする誠実さが感じられた。甘さも、弱さも、強さも抱えたその堂々とした立ち姿はしっかりと物語のヒーローだ。福士が演じたからこそ、登場人物達の切実さが、観客の涙を誘う。

そして、捨之介と過去の因縁が深い2人との関係が色濃く出ているのが、この<上弦>の特徴でもある。ほかの『髑髏城の七人』とは違い、蘭兵衛(三浦翔平)は欲望を捨てきれない。また、ただ純粋に天を目指す哀れな天魔王(早乙女太一)という役づくりも新鮮だ。その3人の縁(えにし)が複雑に絡み合い、過去を過去にしようともがく若者達の運命の悲しさを際立たせる。

また、これまで年齢層の高めだった兵庫役を演じる須賀健太も見どころ。過去上演にはないまっすぐに突っ走る少年のような魅力を振りまき、たくさんの『髑髏城の七人』ファンをも喜ばせた。

"Season月<下弦>"──悲しき3名の運命の分かれ道

20200618_dokuro_03.jpg

<下弦>で捨之介を演じるのは、宮野真守。中心キャストのなかでも少し年上で、身長も高い宮野は、アニキ的な存在の主人公だ。飄々としていて安定感がある。しかしそのアニキにも弱さがある。

少しずつ見え隠れする捨之介のその弱さの一方で、相対する天魔王(鈴木拡樹)はかたくなに己の弱さを認めようとしない。過去に傷つき、欲望にしがみつく天魔王との対比が、2人の間にある溝をより濃くさせる。鈴木が笑う口端の動きひとつとっても、その内面がにじみ出るようだ。そんな小さな変化まで堪能できるのは、映像視聴ならではの楽しみだ。

そして、<下弦>の蘭兵衛(廣瀬智紀)はひときわ悲しい。過去を捨てようともがくも捨てきれず、なりたい自分の理想を追い求めるもなりきれない。そんな蘭兵衛の弱さひとつひとつが、この物語の悲劇につながっていく。

*****

若い彼らがもがき苦しむからこそ、周囲の大人達の懐の深さが際立つ。そして、若さゆえ、欲望に飲み込まれてしまう者が多いなか、最後まであらがう七名の姿。"Season月"にとってのタイトル『髑髏城の七人』とは、悪と戦う七人ではなく、自らの弱さに立ち向かう七人のことでもある。

今シリーズは2017年から2018年にかけて、ほか3作の『髑髏城の七人』が公開されている。また、"花、鳥、風、月"いずれかを観たら、捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』(主演:天海祐希)もぜひご覧いただきたい。一作だけでも楽しめるが、別のバージョンを観ることで新たな発見があることは間違いないと言い切れるほど、違う角度から見た『髑髏城の七人』に出会えるからだ。他Seasonの見どころは別記事にて紹介。

(文・河野桃子)

◆配信情報
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では下記作品を配信中。
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 https://www.paravi.jp/title/50464
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 https://www.paravi.jp/title/50826
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 https://www.paravi.jp/title/51901
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 上弦の月 https://www.paravi.jp/title/52904
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 下弦の月 https://www.paravi.jp/title/53680
劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 https://www.paravi.jp/title/54773

(C)TBS/ヴィレッヂ