――25年を経て、再放送されることについてどう思われましたか?

GW明けに再放送のご連絡をいただいて、改めて作品を観てみたんです。25年前の作品ですが、そんなに古くないというか・・・時代のツールは変わっているけど"人と人が愛し合うこと"とか"何かを伝えることの難しさ、楽しさ、喜び"とか、そういうことは25年経っても変わらないんだなと思いました。"どう思いを伝えるか"ということがテーマのドラマなので、初めて観ていただく視聴者にもちゃんと伝わるんじゃないかなと思っています。贔屓目かもしれませんが・・・(笑)。

――当時、社会現象になっていましたよね。

ありがたいことに本作を沢山の方が観てくださっていて、本作をきっかけに手話を勉強する人が増えたり、井の頭公園で豊川さんが劇中でもたれかかっていた木のところで同じように写真を撮ったり、常盤さんが演じる紘子が演技の練習をしていた公園内のステージに多くの人がいらっしゃったり、いわゆるロケ地巡礼が行われていたりしていましたね。特に伊豆半島でバスがトンネルの中に入っていくシーンが最終回であったんですが、放送の翌日は東海バスの電話がパンクしたくらい反響があったようです。

――主題歌の「LOVE LOVE LOVE」も社会現象になりましたが、こちらは書き下ろし楽曲だったのでしょうか?

そうです。僕と生野さんと北川さんとで事務所にお伺いして、第3話までの仮台本と企画書などを読みながらDREAMS COME TRUEのお三方と打ち合わせをしました。中村(正人)さんが「じゃあさ、僕と(吉田)美和ちゃんと1曲ずつ書いて決めてもらおう」って提案されていたんですが、なぜか中村さんが2曲書いてくださって(笑)。

吉田美和さん作詞・中村正人さん作曲の「LOVE LOVE LOVE」と「嵐が来る」の歌詞も入った仮リミックスを聞かせていただいたのですが、聞いた瞬間に「このドラマにはこっちですね!」と意見が一致して「LOVE LOVE LOVE」に決まりました。イントロの入り方がすばらしいんですよね。最近もコマーシャルで使われているんですけど、あのイントロが流れるとパッと画面を見てしまうくらい。すてきな主題歌を書き下ろしていただいたおかげでドラマも観ていただけたのかなと思っています。ちなみに「嵐が来る」は「LOVE LOVE LOVE」のB面に入っているんですが、こちらもとてもすてきでした。

――物語はどのように作り上げていったのでしょうか?

とにかく取材をしました。当時NHKの『手話ニュース845』でキャスターで、手話通訳者の丸山浩路先生に手話指導に入っていただいたんですが、丸山先生は手話界では多少"異端児"と呼ばれていたような方で「手話でいろんな表現ができるんだ」「障害というものが良いとか悪いとかではなくて、ひとつの表現として手話があるんだ」と仰っていたんです。

丸山先生にいろんな方を紹介していただいて取材をしている時に、電車で移動中に手話をしているカップルがいたのでつい見てしまったんです。それを丸山先生にお伝えしたら「彼らは手話で多分あなたの悪口言ってますよ(笑)。『ジロジロ見やがって』って」「手話にも良いところがあるんですよ」と言われて、その話を聞いて「なるほど」と思ったんです。本当に単純にひとつのコミュニケーションツールなんだなというのが分かりました。

そういうのを北川さんと一緒に取材の中で理解しながら、丸山先生やご紹介いただいた方に色々お話を聞いたり、真正面から聴覚障害者の方たちと向き合おうと思いました。その中で伝えることの難しさとか楽しさ、喜びというのを僕たちスタッフも感じていました。

――本作を撮っていく中で意識していたことはなんでしょうか?

純愛を扱ったドラマなんですけど主人公が聴覚障害で話せないということで、どれくらいドラマとしての表現が出来るかというのを意識していました。手話のシーンでは字幕を入れたのですが、当時はテレビで字幕を入れると視聴率が取れないと言われてたりしていたんです。でも、やはり"伝える"ということを大事にしたかったので入れました。

また、聴覚障害者の方に失礼のないように北川さんと一緒に取材を徹底して行いました。豊川さん演じてる榊晃次が住んでいたアパートの大家さんが「耳が聞こえないと火事とか怖いからね」というせりふがあるのですが、北川さんと入れるかどうかすごく話し合ったりしたんです。皆さん誰でも心配する部分ではあると思うんですけど、それをドラマなどで扱ったことはないと思うので...でも聴覚障害の方を正面から取り扱うなら絶対にこの表現は必要だなと思いました。現実をある程度表現していかなければいけないので、特に1話はこのせりふの反響がどうなるかなと思ったんですがそういうことはなかったので、ちゃんと"伝えられた"のかなと思います。

20200606_aisiteru_02.jpg

――今回の特別編では豊川さん、常盤さんがリモート対談されていますが、久々にお会いしたご印象は?

豊川さんはカッコよさに加えて立ち姿、フォルムが美しいと当時も話題になっていたのですが、この間リモート出演していただくために画面越しにご挨拶したときもとてもかっこよくて・・・渋さが増してさらにかっこよく、人間的にも大きくなられていたなという印象でした。

常盤さんとは日曜劇場で『グッドワイフ』をやっていた時に現場に差し入れをしてお会いしたんですけど、かわいらしい雰囲気は変わらずで素敵でした。2人とも全く変わってないわけではないけど、カッコよさもかわいらしさも25年前と変わらず、大人の人間としての成長を感じましたし、同じ人間とは思えなかったです(笑)。

豊川さんと常盤さんは映画『20世紀少年』などで共演したりしてますが、おそらく『愛していると言ってくれ』のことをガッツリ語るということはこれまでになかったと思うのですが、今回語っていただいたら初めて聞くようなエピソードも多くてリモートでしたがすごい盛り上がって楽しかったです。

――撮影当時、印象的だったことはなんでしょうか?

豊川さんも常盤さんも手話の勉強が大変だったと思います。セリフだけじゃなくて手話も覚えなくてはいけない中、丸山先生が仰るように、手話の感情表現をしなければいけないんです。単純に手話で伝えるんじゃなくてアクションでも伝えていくということをしていかなければならなかったので大変だったと思います。当時新人だった矢田亜希子さんもお芝居の勉強と手話の勉強で大変だったんじゃないかなと。

台本の内容に関して北川さん達と何回も激論して、朝の7時まで緑山のリハ室で台本を話し合ったりもしました。若かったからできたことだなと今は思います(笑)。
僕も若かったし、演出は生野慈朗さんが務めていて、セカンド、サードを土井裕泰さん、福澤克雄さんが務めていて、スタッフも若かったし、聴覚障害者を題材にしていることもあり、すごくみんなが一致団結してがんばりました。常盤さんがリモート対談の時に「明日の事で精一杯で台本の先の事は全く考えられなかった」と仰っていたんですが、それだけみんな必死だったんです(笑)。

――タイトルバックを拝見して、"アダムとイブ"みたいだなと感じたのですがそのようにイメージして作られたのでしょうか?

生野さんと北川さんが打ち合わせしていく中でリンゴがキーアイテムなっていって、それを台本に反映していったようなんです。生野さんは"リンゴ"と"2人が生まれ変わる"というテーマで、アダムとイブをイメージしてタイトルバックを作られたんじゃないかなと思います。

6月頃にタイトルバックの撮影は行っていたんですが、緑山にあったプールに黄色いセロファンを底に敷いて照明を当てて撮影したんです。そこまで暑くない時期だったので、プールの中で相当な時間を過ごしたお2人は大変だったかと思うのですが・・・皆さまの記憶に残るものになってよかったなと思います。

――ありがとうございます。最後にメッセージをお願いします。

25年前の作品ですが、"人と人が愛し合うこと""伝えることの難しさ"というのは普遍的なものだと思います。初めて観られる方、あるいは前に観られて懐かしいと思っている方も共感しながら観ることが出来ると思います。今の20代の方は生まれてない方もいらっしゃると思いますが、お母さん世代に熱狂的な支持があったので、本作を観て家族で話していただけたら25年ぶりに地上波で復活した甲斐があるなと思います。観ていただけたらうれしいです。

◆番組情報
『愛していると言ってくれ 2020年特別版』
毎週日曜14:00よりTBSで放送中
なお、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では『愛していると言ってくれ』が配信中
(C)TBS