【インタビュー前編】『浦安鉄筋家族』藤田絵里花P「一歩踏み込んで家族の話に」

――ドラマ化する際に意識したことは?

クランクイン前の打ち合わせの段階から瑠東東一郎監督が「原点のタイプの笑いを目指したい」と言っていて、ただ頭をはたかれるだけなのに面白かったり、ただ熱いお湯をぶっかけられてるだけで面白い、そんなドリフ的な原点の笑いがこの作品にはぴったりだと。
監督はドリフ世代でもあるので、原作を読んで「浜岡先生もリスペクトしていらっしゃるんだろうな」というのを感じられたようです。SNSの反応を拝見すると、子供たちもすごく観てくれているようなんですよね。深夜の放送なので録画とかで翌日に家族で観てくださっていることが多いようで、「子供たちが観てケタケタ笑ってます」という感想もよく拝見
します。やっぱり、ドリフの笑いは時代を超えても子供たちに響くし、受け継がれていくんだ・・・!と感動しました。
志村けんさんの訃報があったのは撮影が始まって結構経った頃だったのですが、キャストの皆さんもやはり感じることは多かったようで「やっぱり、ドリフに捧げるべき作品だ!」と熱い気持ちでより団結していました。

20200522_urayasu_02.jpg

2020年4月10日放送 第1話より(TOP画同様)

――ドラマ版の魅力は?

原作にはないドラマの良さで言うと、家族愛を軸に描いている部分ではないかなと思っています。家族愛というのを説教臭くならないように、さりげない会話とかで描いているんです。
(取材時が3話放送後だった為)3話でいうと、桜が花丸木くんに変な家族だと思われたくないというのを察した大鉄と順子がお箸を買いに行くんです。普段は不揃いなお箸ばかりの家庭なんですけど、桜のためにこっそりと変えていて。それで、「あれ、箸換わってるじゃん!」って桜が反応すると、順子は「箸が揃ってない家族なんてないじゃない」とお茶目な母の表情をするんです。
大鉄も「(花丸木を)認めたわけじゃないからな!」と言いつつも、可愛い娘の幸せを実は一番に願っているんじゃないかということが大鉄の表情から伝わってきたり・・・。実はお互いを思い合っている家族というのをさりげない表現で描いています。

あと、家族愛をしっかり描くというこだわりの他に、それだけで終わらず忘れないうちに"オチを入れる"というのも意識しています。
瑠東監督や脚本の上田さんは"照れ隠しの笑い"と呼んでいるんですけど。
いつも最後に家族の良いシーンを描いた後、ちょっと気恥ずかしくなって、そこに照れ隠しで"うんこ"をオチに持ってきたりするんです。
照れ隠しの笑いを入れることで、ギャグドラマとしてしっかりと締まるし、そこがなんか作品としてかわいらしい気がするんですよね。

――個性的なキャラクターが集まった撮影現場ですが、特に印象的なエピソードなどありますか?

もう毎日毎日が本当に印象的でした(笑)。印象的じゃない日がなかったです。
キャスト・スタッフがそれぞれアイデアを出す方達が多いので、「これはどうか」「あれはどうか」と皆さんがアイデアを持ち寄って試していたりして、そのかけ合いによる爆発力がすごいです!(笑)皆さんが持ち寄るアイデアがいつも予想を超えてくるので、このシーンがこうなるのか!とワクワクしながら現場を見ています。
撮影中に現場を少し離れてから戻ったりすると、めちゃめちゃすごいことになっていることも多かったです。まさに"おおさわぎ"という感じで(笑)。

20200522_urayasu_03.jpg

2020年4月24日放送 第3話より

――今後の見どころを教えてください。

中盤以降もどんどん個性的なキャラクターが登場して大沢木家にトラブルを持ち込んでくるので、大沢木家とどう絡むのか、大沢木家はどう対処していくのかを楽しみにしていただけたらと思います。
あと実は毎話少しずつ振っている仕掛けもあって・・・気付く方は気付いているかもしれないですね。原作にはない要素なんですけど、最終回観たら1話から見返したくなるんじゃないかなと思います。なので録画を消さずにいていただければ・・・又は、パラビでは何回でも観られるので気になったらぜひ何回でも観ていただけたらうれしいです。

――ありがとうございます。最後に視聴者へのメッセージをお願いします。

外出自粛の日々であまり気軽に外にも出られず、ちょっと暗い気持ちになってきている方も多いと思うんですけど、そんな時はぜひ『浦安鉄筋家族』を見ていただければと思います。くだらない事件しか起きないですし、人が死んだりもしないので(笑)、何も考えずに見ていただけたらうれしいです。

観た後にもしかしたら「くだらねぇ~~!」と思うかもしれませんが(笑)、もしかしたら、大沢木家をはじめカオスなキャラクター達が心に風穴をあけてくれるかもしれません。

また、殺人シーンも濡れ場も出てこないので子供から大人まで家族で楽しめる作品です。このステイホームの機会に1発目から家族みんなで一気見してみるのはいかがでしょうか!

◆番組情報
『浦安鉄筋家族』
※新型コロナウイルスの感染拡大で撮影スケジュールに影響が出ているため、7話以降の放送は延期となりました。
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では1話から配信中。
(C)「浦安鉄筋家族」製作委員会