毎週深夜0:12からテレビ東京で、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信中の増田貴久主演ドラマ『レンタルなんもしない人』の第5話から第8話のゲスト出演者が解禁され、美 少年(ジャニーズJr.)の藤井直樹、徳永えり、ゴールデンボンバー・喜矢武豊、ヒャダインが出演することが分かった。

本作は、「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」という、"何かすること"が求められ続ける現代において、そう堂々と宣言しながら誕生した不思議なサービスをテーマに、増田演じる"なんもしない"主人公が、出会う人の心を温める不思議で新しいヒューマンドラマ。

今回出演が決まった藤井は、今回がドラマ初出演。第5話に葉⼭奨之演じる神林勇作のことを慕う弟・神林颯太役で、⽗と同じ医者の道を進む医⼤⽣として登場する。また、6話の「⼦連れでレストランに⾏くのに同⾏してほしい」と依頼をするメインゲストの佐々⽊⿇⾐役で徳永が、7話のショートストーリー、「⼈気ホストの誕⽣⽇を盛り上げるため、⼀⽇ホストをしてほしい」と依頼をするホストの⿓也役に喜⽮武が、そして8話ではレンタルさんを取材する雑誌記者河野役でヒャダインが出演する。

20200427_renta_02.jpg

以下、ゲスト出演者陣のコメントを紹介。

◆藤井直樹(5話・神林颯太役)
――初のドラマ出演はいかがでしたか?
初めてのドラマ撮影はとても緊張しました。最初、緊張で硬くなっちゃってましたが、兄である勇作役の葉⼭くんに撮影の合間に話しかけていただいたり、アドバイスをしていただいたりと緊張がほぐれました。また、僕のドラマ出演が初めてだと知った⽗役の阪⽥さん、⺟役の阿部さんもセリフの読み合わせをしてくださり、温かい雰囲気の中撮影に挑ませていただくことができました!

――実際にレンタルさんに依頼するとしたら?
ホラー映画を観るのが好きで周りの⼈を誘うのですが、怖いから嫌だと断られることもしばしばあり、1⼈で観るのもちょっと怖いので、是⾮映画館の迫⼒のあるスクリーンで⼀緒に観て欲しいです!

――視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
『レンタルなんもしない⼈』第5話で勇作の弟役、神林颯太として、ドラマに初挑戦させて頂きました! 今回、23歳の医⼤卒の役ということで、髪の⽑を暗くして少し⼤⼈っぽく⾒えるようにと、落ち着いて喋るように⼼がけました。兄と⽗のどちらにも気を遣っている様⼦に注⽬していただけたら嬉しいです。是⾮ご覧ください!

◆徳永えり(6話・佐々⽊⿇⾐役)
――増⽥貴久演じるレンタルさんの印象は?
増⽥さんとは約14年ぶりの共演で、もともと持っていらっしゃる"優しく流れる空気"みたいなものがレンタルさんの雰囲気と合わさり、何もしなくとも居⼼地が良かったです。

――依頼者を演じてみていかがでしたか?
私が今回演じたのは⼦育てに奮闘する⺟親役です。家事や育児に追われる⽇々の中で世間から孤⽴してしまったり、⾚⼦を連れて外に出るのが億劫になる中で、レンタルさんの"なにもしない"けど、"そばにいてくれる"その⼒で、救われたような気がしました。周りから⾒るとそれほどのことでも、毎⽇⼦どもと向き合っている彼⼥にとっては⼤きな⼀歩だったのではないかと思います。

――実際にレンタルさんに依頼するとしたら?
私はわりとなんでも1⼈で⾏ける・やれる性格なので、この質問はすごく難しいのですが・・・。和菓⼦を作るのが趣味で⾊々な種類を作ってみたいので、(1⼈で⾷べるのには限界があるので...)是⾮レンタルさんに来ていただいて、⼿⼟産付き試⾷をお願いしたいと思います(笑)。

◆喜⽮武豊(7話・⿓也役)
――増⽥貴久演じるレンタルさんの印象は?
"なんもしない⼈"を台本、演出以上になんもしない様に演じられてて、もう"なんもしない⼈"を極めてると思いましたね。僕が結構元気でチャラいキャラだったので、逆にそのなんもしないキャラがシュールで⾯⽩かったです(笑)。
増⽥さんのもともと持ってるものなのか、ドラマのキャラなのか分からないんですが、なんもしなくてもなんだか優しさというか、愛されキャラみたいなものが滲み出てました。僕が絡んだシーンでもそういった初対⾯で好かれるみたいなシーンがあって、なんだか可愛いというか、なんもしない⼈のキャラクターが好きになりました。友達になりたいです!

――依頼者を演じてみていかがでしたか?
ホスト役で出演させていただきました。台本を読んだら、お酒を飲む時に盛り上げるコールをするシーンがあって、ホストの⽅のコールを⾒たこともなかったしどうやっていいのか分からなくて、とりあえず台詞を覚えて当⽇現場に⾏ったんです。そしたら現役のホストの⽅がいらして、その場で⾒本のコールを⾒せてもらったら、台本と⾔ってること全く違うし、めちゃくちゃ⻑くて、撮影直前で「こんな感じでお願いします」って⾔われた時に「えー!!!!むりーーー!!!!」ってなりました(笑)。もちろんやるしかなかったんで必死にやったんですが、ドラマであんなに追い込まれて汗かいたのは初めてでしたね(笑)。でも意外にすぐ出来ちゃったんでもしかしたらホストの才能があるのかもしれません(笑)。

――実際にレンタルさんに依頼するとしたら?
⼀⼈でいたいけど寂しい時にいて欲しいですねぇ。家でゲームしてる時、漫画を読んでる時、買い物、ドライブ、⼀⼈旅、お⾵呂、トイレなどなど。⼀⼈旅に関してはもはや⼆⼈旅になっちゃいますけど(笑)。そういうことじゃなくて、⼀⼈で⾃由に動きたいけどただただ⼀緒に誰かいて欲しい時ってあるじゃないですか。ご飯も⼀⼈よりはいいし。こうして考えると"なんもしない⼈"って需要ありそうですねぇ。あとは⼀⼈じゃ⼊りづらい場所ですね。ずばりキャバクラに⼀緒に⾏ってください!

◆ヒャダイン(8話・河野役)
――増⽥貴久演じるレンタルさんの印象は?
まっすーは誕⽣⽇が同じでご飯も⼀緒に⾏くくらいの仲なので、誰とでも仲良く朗らかで太陽のような⼈だとわかっているのですが、演じているレンタルさんのボソボソっとした内向きなキャラクターがまるで別⼈で、お芝居している時は別⼈だと思ってしまいました!

――実際にレンタルさんに依頼するとしたら?
⾃分、趣味が料理なんですが如何せん⼀⼈暮らしなので作りすぎてしまいます。3⽇間も同じメニューだといくら美味しくても飽きてしまうのでレンタルさんには作りすぎた料理を⾷べてほしいです。

(C)「レンタルなんもしない人」製作委員会