一枚のコインで運命が変わる恋愛リアリティショー『恋んトス season10』が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信中。恋がしたい見知らぬ男女が北海道・旭川で期間限定のリゾートバイトをしながら共同生活する様子を追う本作。3月20日(金)に配信された第3話では雪の美術館でのアルバイトが始まり、その中でメンバーの心の距離が近づいたり、これまでにいくつもの恋を生み出してきた"おんぶ"ミッションが行われた。

20200320_cointos_01.jpg

共同生活2日目、初日にドレスとタキシードで写真撮影をした雪の美術館でアルバイトを始めることになった7人。この日は、カケルと茜子が館内にある氷柱を削る「氷のメンテナンス」を担当し、こづけん、蓮、ちぃが「館内の清掃」、ビアンカ、マキジェイが「カフェスタッフ」として働くことに。カケルと茜子が工具を使って氷に奮闘し、マキジェイとビアンカは箸の紙袋入れをしながら交流を深める。

20200320_cointos_02.jpg

一方、清掃担当の2人きりでガラス拭きの作業をしていたこづけんとちぃ。初日から中々打ち解けていない様子のちぃを気に掛けていたこづけんが「カケルと同じ部屋じゃん? どう、話してみて」と聞くと、ちぃが「つまんない」とぽつり。その返答にこづけんは驚き「なんかあったの?」と心配そうに声を掛けると、「なんかあったっていうか・・・コミュニケーション取れなさ過ぎて・・・。話さなくていいよって言われたら大丈夫。でも話さなきゃいけないんだろうなって思っちゃうから、ツラい」とちぃが共同生活の辛さを吐露する。

そんなちぃにこづけんは「なんかごめん、もうちょっと気にかけておけばよかった。やっぱり楽しんでほしいなって思うから、ちぃには」と声を掛ける。そんなこづけんにちぃが惹かれていく姿を見た番組MCの小関裕太は「こづけんの気遣いは本当にすごい! 申し訳ないからしまっておこうと思うはずのものを引き出してくれる」と感心し、りゅうちぇるも「話の聞き方がめっちゃいい!」と評価した。

20200320_cointos_03.jpg

その日の午後、美瑛町にある"白髭の滝"を訪れた7人は写真撮影をしたり、滑って遊んだりして北海道を堪能。楽しそうな雰囲気のまま宿に戻る車中で唐突にコイントスの指令メールが届く。「オモテを出した男性メンバー2人と女性メンバー1人は"青い池"までおんぶで移動」という、これまでにいくつもの恋を生み出してきた過酷な指令にコインで選ばれたビアンカ、蓮、マキジェイが挑むことになった。

20200320_cointos_05.jpg

午後3時、マイナス10度の中、約2.5km先にある青い池を目指して"雪中おんぶ"をスタートさせた3人。ビアンカがマキジェイにおぶってもらって「ちょっと乗りにくい馬に乗ってる気分」「なんかめっちゃいいにおいのペペロンチーノの匂いがする」など"迷言"を連発しつつ、「大丈夫? 寒いやろ」「ごめんな」と2人を気遣いながら進んで行く。マイナス15度まで下がって蓮とマキジェイの体力が確実に消耗されていく中、それでも2時間以上かけて真っ暗になった青い池に3人は辿り着く。するとそこで「オモテを出した男性メンバーは女性メンバーにキスをする」というまさかの指令メールが届き、初日からオモテを出し続けるマキジェイが再びオモテを出し、ビアンカにキスをすることになった。

20200320_cointos_06.jpg

2人の男性におんぶされたビアンカは"雪中おんぶ"を振り返り、「どっちもすごく優しかったんですけど、蓮さんの方がなんか・・・誰もいないところでも声かけてくれたかなって思います。カメラが拾えるか拾えないかぐらいの距離とか声で言ってくれたりした。『あぁ優しい』と思った」と蓮に惹かれている様子。一方、蓮はマキジェイがキスの指令をすることになったことで、ある自分の気持ちに気づくことに――。

早くもさまざまな恋が動き出した第3話。第4話では蓮が「正直言ったら、ちょっとキス嫌やってん。やるのがじゃなくて、(ビアンカが)されるのが」とビアンカにストレートに伝えたり、茜子が「あの笑顔ってずるい。人を落とす笑顔をしている」と恋の始まりを予感させ、こづけんが「気になってる異性はいます!」と宣言するなど、さらに恋愛模様が加速する。

『恋んトス season10』はパラビで独占配信中。毎週金曜昼12:00最新話配信。

(C)TBS