3月17日(火)に最終回を迎える上白石萌音主演『恋はつづくよどこまでも』にミキ・亜生が出演することが決まり、兄・昴生とドラマで初共演を果たすことが分かった。亜生は、昴生演じる主人公の先輩ナース・沼津幸人の弟・優人を演じ、兄弟で"楽屋で一緒に練習した"という演技を披露する。

【関連記事】『恋つづ』昴生インタビュー!「正直、役作りはほとんどしてない・・・」

本作は、「プチコミック」(小学館)で掲載されていた円城寺マキによる同名漫画が原作で、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会い恋に落ちた主人公・佐倉七瀬が看護師になり憧れのドクター・天堂浬と再会するところから物語が始まる。思い描いていた人物とはまるで別人の超ドSな姿に意気消沈しつつも、七瀬が真っすぐに仕事に恋に向き合い次々に起こる困難を持ち前の根性で乗り越えていく姿を描いていく胸キュンラブストーリーだ。

紆余曲折を経ながら恋人として関係を深めていく七瀬と天堂。第9話では、天堂から「好きって言ってもらったことない」ことを不安に思っていた七瀬だったが、物語の終盤では天堂からの思わぬ涙の愛の告白を受け、2人の関係性はゆるぎないものへと進展。しかし、七瀬に留学の話が持ち上がり、3月17日(火)に放送される最終回で二人がどんな選択をし、どんな結末を迎えるかに注目が集まっている。

20200315_koitsudu_01.JPG

そんな最終回に、七瀬の先輩ナースマン・沼津幸人を演じているミキ・昴生の実の弟・亜生が出演することが決定。亜生は幸人の弟・優人役で、仕事関係の会合で東京にやってきた関西在住のが日浦総合病院に勤める兄・幸人のもとを訪ねてくる・・・という役どころ。優人は七瀬と天堂の恋路の行方にかかわるキーパーソンとなるかも・・・?とのことだ。

20200315_koitsudu_03.JPG

亜生は「兄からドラマ撮影について、『俺は結構アドリブ言うからなぁ』と言っていたのに、現場では台本を一字一句そのまま言っていて、アドリブは一切ありませんでした(笑)」と明かし、「現場の印象は正直、七瀬と天堂先生はそのままって感じで、ずっとドラマの中にいるみたいでした。萌音 ちゃんはいつも僕を笑って見てくれていて優しくて可愛いし。健さんはもうかっこよくて目が3回くらい合いましたが、毎回心拍数上がっていました」と嬉しそうに語った。そして「ナースステーションのみなさんが優しく見守ってくれて楽しく演技できました。楽屋で兄と練習した僕の演技をぜひ見てください!!」とメッセージを送る。

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の最終回はTBSにて3月17日(金)夜10:00より15分拡大で放送予定。

(C)TBS