TBS系で毎週金曜夜10:00から放送中の伊藤英明主演ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う本作。3月13日(金)放送の第9話では濱田(ムロツヨシ)が手術を担当した少女の容態が急変し小児用ハートセンター設立の夢が遠ざかる中、術後から様子がおかしい濱田に気づいた松本がある行動を起こすことに・・・クライマックスに向けて注目度が増している本作で、救命救急センターの看護師・堀口瑠衣を演じる土路生優里にインタビュー。本作の魅力や主演を務める伊藤の印象、STU48を卒業してから初の連続ドラマ出演となる本作で学んだことなどを聞いた。

――ご自身の役について教えてください。

愛想は良いけど上司にも物おじせずに頼まれたことをスパっと断ってしまうようなサトリ世代の看護師の役です。私はガシガシ言えるタイプではないので自分とは真逆の人物だなと思います。最初の方は現場にもあまり行けないような新人だったんですけど、回を重ねる毎に事故現場に出動したり、手術室に入って記録を付けたりできるようになってきました。少しずつ成長しています!

――救命救急センターなど緊迫したシーンが多いですが、一番大変だと思うことは?

事故現場に行った時、やっぱりいろんなことが飛び交っているので看護師として大きな声で先生を呼んだりしなきゃいけないんですけど、元々大きく話せるタイプではないので大声を出すシーンが地味に大変でした・・・声を張って、さらに緊急感も出さなきゃいけないので。緊迫しているけど、救命救急センターの看護師だからそういう現場にも慣れ初めている頃だと思うのでそういう雰囲気もきちんと出さなきゃいけなかったのですごい難しかったです。

――主演を務めている伊藤さんがムードメーカーとお伺いしたのですが、伊藤さんの現場の印象は?

すごい明るい方です。松本先生ってすごくお茶目なキャラクターなんですけど、伊藤さんもそのままお茶目な印象です! 共演者の皆さまを楽しませてくださるんです。救命救急センターのメンバーでいると、伊藤さん達のおかげで自然と劇中のような和やかな雰囲気になるのでとても楽しいです。

20200313_tobu_02.JPG

――パラビで配信されているオリジナルストーリーは本編よりもコミカルなシーンが多いですけど、オリジナルならではの魅力を感じたりしますか?

オリジナルストーリーだと主演の片寄(涼太)さん演じる田中先生を筆頭にサトリ世代とか若い世代のキャラクターが多く出ているんですけど、お互いに「こうした方がいいかな」とか意見を出し合ってお芝居を作っていってます。皆さんのキャラクターの魅力がすごく引き出されていて、その仲の良さも劇中で表現出来ていて、ほっこりできる感じになっていると思います。

――オリジナルストーリーで主演を務める片寄さんのご印象は?

片寄さんもお茶目な方で、変顔をたまにしたりするんです(笑)。私が思っていたクールなイメージとは違って、色々と気遣いもしてくださってさすが"座長"という感じです。片寄さんだけでなく、本当に皆さん気遣いがすごいんですよね。患者さん役の方ってずっと寝ているのでそれはそれで大変なんですけど、伊藤さんや中谷(美紀)さんが「大丈夫?」とか「今は起き上がってても大丈夫だよ」とか声をかけたりしてらっしゃって・・・そういう気遣いがすごいなと思うので、見習おうと思いました。いろんなことをこのドラマでは学ばせていただいています。

――STU48を卒業してから初の連続ドラマですが、いかがですか?

皆さんのお芝居を真近で見ていると面白いし表情も豊かですごいなと思うんです。テレビでドラマを観ていても感動したり自分の感情が動かされるので、私もそういうお芝居ができるようになりたいなと思いました。印象に残るようなお芝居ができるようになっていきたい。経験を積んでいろんな役が出来るようになったら良いなと思うので頑張りたいです。

――俳優として目標にしている方などはいらっしゃるのでしょうか?

今ご一緒させていただいている皆さんはそれぞれの良さや魅力があるので、皆さんのようになりたいなというのが大きいんですけど、今このドラマで目標にしたいなと思うのはうらじぬのさんや松本穂香さんなど同世代の方ですね。年が近いこともあって刺激を受けることが多くて、面白かったりかわいらしい演技もしてらっしゃるので、私もそんな風に幅広く表現できるようになりたいです。

20200313_tobu_03.JPG

――パラビだと何度も本編やオリジナルストーリーを観ることが出来るのですが、土路生さんが何回も見てほしいオススメの回はありますか?

一番印象に残っているのは、三宅先生の元恋人だった洋平さん(吉沢悠)が出てきた第6話ですね・・・最後、洋平さんが三宅先生に感謝の思いを伝えるシーンに感動しました。すごい心を揺さぶられて、こんなに人の心を動かせるのってすごいなって。なのでぜひ皆さんに見ていただきたいです。洋平さんに一番心を打たれてすごい感動しました。

――最後に本編の見どころやご自身の役で見てほしいポイントなどを教えてください。

憲次さん(泉谷しげる)と松本先生のこれからの関係性や家族がどうやって治療に向き合っていくのか、濱田先生(ムロツヨシ)と松本先生がずっとバチバチしていたんですけど、少しずつ理解しあってきている感じがするので最終的にどんな関係性になっていくのか見てほしいです。私もすごく気になっています(笑)。

私が演じる堀口はドクターカーで出動したり、手術室に入ったりと少しずつ成長しているので、あと数話ですがそこでまたどんな成長をしているのか見ていただけたらうれしいです!

◆番組情報
『病室で念仏を唱えないでください』
毎週金曜夜10:00からTBS系で放送中。
また、放送終了後には動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信され、片寄が主演を務めるパラビオリジナルストーリー『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』も配信されている。