動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、2020年4月期にTBSで放送される多部未華子主演の火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のオリジナルストーリー『私の部下のハルトくん』が独占配信することが決定した。本作では本編の主人公・メイ(多部)と同じ製薬会社にMRとして勤めている部下で、原作にはないオリジナルキャラクターである瀬川遙人が主人公で、眞栄田郷敦が主演を務める。眞栄田は今作が配信連続ドラマ初主演となる。

多部が主演を務める『私の家政夫ナギサさん』は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発の四ツ原フリコによる同名オリジナルコミックが原作で、バリバリのキャリアウーマンで仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子のメイと、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)らによるハートフルラブコメディを描いていく。

そして今回パラビで配信されることが決まったのは、メイの部下である瀬川遙人が主人公のオリジナルストーリー。遙人は会社のエースで誰よりも仕事ができる相原メイに指導を受けるも、たった1日で心が折れてしまい「この仕事向いてません・・・」と言う始末。そんなイマドキ男子の遙人が一人前の社会人になるまでを見守る、プチ成長物語が描かれる。

眞栄田は「台本を読んだばかりですが、すごく面白かったです。単純に笑いましたし、会話劇のようなドラマは初めてなので、新しい経験としても非常に楽しみです」と期待に胸を膨らませ、「遙人というキャラクターの面白さや良さがたっぷり詰まった、本編とはまた違った魅力的な内容なのでぜひ沢山の方々に見ていただきたいです」とメッセージを送る。

また、岩崎愛奈プロデューサーは「全く新しい価値観と考えを持ったイマドキの若者たち。『彼らの頭の中ってどうなってるの!?』『日々どんなこと考えてるの!?』となんだか気になってしまう存在だったりします。こ『私の部下のハルトくん』は、そんなイマドキ男子の新入社員・遙人の生態に迫る、いわば観察日記コメディーになっています」とコメント。

さらに、「クールでちょっとミステリアスなイメージの眞栄田郷敦さんが、悩んだり落ち込んだり張り切ったりと、ツッコミどころ満載なイマドキ男子を演じる姿は必見です! 本編の裏で、マイペースに奮闘している遙人くんのゆる〜い成長を見守りつつ、楽しんで頂けたらと思います。ぜひご覧ください!」と語った。

オリジナルストーリーには、本編でメイの同僚・堀江耕介を演じるハナコの岡部大やメイの後輩でチームメンバー・天馬あかり役の若月佑美も出演の予定だという。

◆配信情報
パラビオリジナルストーリー『私の部下のハルトくん』
2020年4月配信スタート
【出演者】眞栄田郷敦、岡部大、若月佑美
(C)TBS