TBSで毎週金曜夜10:00から放送中の伊藤英明主演ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』のオリジナルストーリー『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』が動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信中。2月21日(金)に配信する第6話のゲストに、オリジナルストーリーの主人公・田中玲一(片寄涼太)の医大時代の同級生・藤本圭太役で吉村界人の出演が決定した。

本作では、本編で描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどを、一人の研修医を通して本編とは違った角度で感動の物語を見せている。第6話で出演が決まった吉村は、脳外科医を目指している青年で、交通事故に遭い右腕の神経を損傷してしまう役を演じる。このままでは脳外科医としてメスを握るのは難しい・・・という残酷な事実をどう伝えればいいか悩む田中と、藤本のやりとりが見どころになるという。

20200220_nenntona_02.jpg

吉村は「テーマの一つである友情は普遍的ですが、医療を通じて描くというのはやったことがなく、とても新鮮でした」と撮影を振り返り、「片寄君は少し兄貴の様に現場をリードして下さり、お芝居がしやすい環境を作ってくださったので、有り難かったです。人生において、友達はやっぱり良くも悪くもいつも自分の鏡になっていると思っていて、そんな友人を想いながら是非、見て欲しいです」と主演を務める片寄の印象を語りつつ、アピールした。

【第6話あらすじ】
田中(片寄)は当直のバイト先で、医大時代の同級生・藤本と再会する。当時から成績トップを競い合うライバルで、現在は奨学金を返しながら脳外科医を目指している努力家の藤本。大病院の御曹司の田中は、当然ながら脳外科に進んでいるものと藤本は思っていて・・・。後日、そんな藤本が交通事故に遭いあおば台病院に搬送されてくる。検査の結果、右腕の神経を損傷していることが判明。このままでは脳外科医としてメスを握るのは難しい・・・。田中はこの残酷な事実を、藤本に伝えるかどうか悩む。医師として? 友人として? 選んだ答えは!?

以下、吉村、プロデューサーのコメント全文を紹介。

◆吉村界人
今作に参加させて頂いて、本当に感謝しております。脳外科医という夢をお互い持っていた2人が、一つの怪我によって三年振りに「医者と患者」として出会うという状況に緊張感がありました。テーマの一つである友情は普遍的ですが、医療を通じて描くというのはやったことがなく、とても新鮮でした。ラストシーンのお互いに言葉を吐露する「まだ悪あがきしよう」というセリフは、「俺たち友達だよな?」という再確認ではなく、常に変わっていく事でお互いが頑張るんだという意図が伝わってきて、自身にも凄く響きました。怪我をきっかけに前向きになれる時だってあるんだなとも感じましたし、とても希望のある作品になっています。

片寄君は少し兄貴の様に現場をリードして下さり、お芝居がしやすい環境を作ってくださったので、有り難かったです。人生において、友達はやっぱり良くも悪くもいつも自分の鏡になっていると思っていて、そんな友人を想いながら是非、見て欲しいです。

◆高山暢比古プロデューサー
非効率を嫌うサトリ世代の田中と、泥臭く患者さんの懐に飛び込んでいく努力家の藤本。ライバルでありながら、全く色が異なる2人の登場人物。片寄涼太さんと全く異なる空気を持つ俳優さんに藤本役をお願いしようと思いました。片寄さんのまわりに広がる優しく爽やかな空気、と「全く異なる」空気。真っ先に頭に浮かんだのが吉村界人さんでした。どこか危うく、緊張感が漂う吉村さんと片寄さんがどのようなお芝居と世界観を作り出してくれるのか。僕も一人の視聴者として、今から楽しみでなりません。

(C)TBS