毎週金曜夜10:00からTBSで放送されていた福士蒼汰主演ドラマ『4分間のマリーゴールド』が12月13日(金)に最終回を迎える。放送を目前に控えた12月某日、主演の福士をはじめ、菜々緒、横浜流星、桐谷健太ら"花巻家"が揃ってオールアップした。

本作は、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画が原作で、手を重ねた人の"死の運命"が視えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士・みことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

20191213_4mari_02.jpg

最初に福士、横浜、桐谷が深刻なシーンで撮了を迎えた。深刻な場面ながら、最後の「カット」がかかった瞬間、安堵のこもった笑顔を浮かべた3人。「死の運命」が視える救急救命士という難役に挑んだ福士は「今回ほど悩み、葛藤した作品はありませんでした」と苦労を明かしつつ「みことと同じように悩んできたことで、自分も少し成長できたのかなと思います。それは何より花巻家の家族の存在が一番大きかった」と支えてくれた"家族"へ感謝の気持ちを伝えた。

また、花巻家の末っ子で料理担当・藍を演じた横浜は「皆さんのおかげで毎日が楽しく、自分をさらけ出すことができました。おいしいごはんが食べたい時は、いつでも僕を呼んでください(笑)」とコメントを送り、花巻家の家長として兄弟を見守ってきた長男・廉を演じた桐谷は「すごくいい空気の中でお芝居をすることができました。たまにふざけ過ぎて、"引き戻さないと"という時もありましたけど(笑)、それも含めていい経験になりました」と楽しそうに振り返った。

その後、ヒロイン・沙羅を演じた菜々緒も、現場に残った福士、横浜、桐谷に見守られながらクランクアップ。花巻家4兄弟の紅一点を演じた本作について、「とても温かくて居心地の良い現場でした。花巻家の兄弟に支えられて、本当に楽しい3カ月間でした」と笑顔で語り、締めくくった。

現場には歓喜の声と拍手が響きわたり、3カ月間、"家族"として支え合ってきた4人は最後にそれぞれ固いハグを交わし、共に完走した喜びを分かち合っていた。

12月6日に放送された第9話の最後では突然の事故で意識を失ってしまった沙羅。最終回では、みことの必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥ってしまい、みこと、廉、藍は、ただひたすら沙羅が目を覚ますことを願うも運命の日は刻々と近づいていく・・・という物語が展開される。花巻家はどんな最終回を迎えるのか・・・その目で確かめよう。

(C)TBS