2020年1月スタートのTBS金曜ドラマ枠で伊藤英明主演ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の放送が決定した。12年ぶりのTBS連続ドラマ主演となる伊藤は僧侶でありながら、救命救急医という異色の主人公を演じる。また、共演には伊藤と同い年である中谷美紀、ムロツヨシ、そして松本穂香が決定。「生きること」を問う医療ヒューマンドラマを描き出していく。

本作は、ビッグコミック増刊号で現在も連載中の「病室で念仏を唱えないでください」(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)が原作で、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

松本は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったことから仏門に入り、さらに大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任しているため、法衣のまま救急センターに運びこまれた患者の処置にあたることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど騒動を起こしてしまうことも。

また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても、僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。その一方で、美人に気をとられるなどの煩悩たっぷりな一面もあり、周囲の仲間からあきれられることもある、そんな男だ。

本作では、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり、その専門医たちとの激しいやりとりも描かれることになるという。救急を「面倒なことを押し付ける厄介な存在」と捉えている部門もあり、そこに所属する医師と松本との"救命医VS専門医"の対決というこれまでの医療ドラマではあまり描かれなかった新たな視点も見どころだ。

2007年4月クールの『孤独の賭け〜愛しき人よ〜』以来、12年ぶりにTBSドラマ主演を務める伊藤は「『孤独の賭け〜愛しき人よ〜』のキャッチコピーは"俺たちは、金と欲でつながっている。"でした。しかし、今回の作品は金と欲を煩悩とし、視聴者に死生観を問うような作品です。12年の時を経て、まるで真逆の役柄を演じられることに俳優という職種の面白味を感じています」とワクワクしている様子。

また、松本と同じ救命救急センターの医師で、松本とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力しあう女医・三宅涼子役の中谷、松本と度々衝突する心臓血管外科医・濱田達哉役のムロとの共演については、「中谷さん、ムロさんは偶然にも自分と同い年ということで、同僚という関係性を視聴者の方によりリアルに感じてもらえるのではと期待しています」とコメント。さらに、ムロ演じる濱田の下で働く新人心臓血管外科医・児嶋眞白役の松本については「中谷さんやムロさんなどベテラン勢の中、瑞々しい存在で現場を盛り上げてくれると思っています」と期待を寄せた。

そして、伊藤は「ありそうでなかった、医師で僧侶という役柄。患者の身体を医師の立場で、そして患者の心を僧侶の立場で救いたいという願いを持ち、またその中で自らの生き方をも模索する、そんな『生きる』ということに一生懸命な人間を観てもらえれば、と思っています」と意気込んだ。

「生と死」という重いテーマを扱いながら、僧侶であり医師でもあるという珍しい主人公の設定から巻き起こる騒動や、個々の登場人物の性格、やりとりで発生するコミカルな要素も楽しめる本作は、2020年1月にTBSで放送開始予定だ。

次のページで出演者、原作者、プロデューサーのコメント全文を紹介。