木村拓哉がフランス料理のシェフ役で主演を務める日曜劇場『グランメゾン東京』がいよいよ10月20日(日)夜9:00がら TBSでスタート。本ドラマは、型破りなカリスマシェフ・尾花夏樹(木村)が主人公のヒューマンストーリー。一度は店も仲間もすべてを失った尾花が、世界最高の三ツ星レストランを目指し、再び立ち上がる姿を描いていく。

共演には、"星獲得"に何度も失敗した女性シェフ・早見倫子役の鈴木京香、尾花のパリ時代の部下・平古祥平役の玉森裕太、尾花のかつての仲間であり現在はライバルの丹後学役の尾上菊之助、尾花のパリ時代の同僚で現在はレシピ動画の貴公子・相沢瓶人役の及川光博、同じく尾花のパリ時代の同僚で現在は丹後のレストランでギャルソンとして働く京野陸太郎役の沢村一樹と個性豊かで豪華な面々が顔をそろえ、脚本を黒岩勉、演出を塚原あゆ子らが務めている。

10月16日に行われた制作発表会見では出演者登壇前に第1話が先行上映され、客席からは笑い声が上がったり、息をするのも忘れるくらいに引き込まれるシーンがあったり、ガッチリ視聴者の心を掴んだ。上映後、少し間を置いてから、自然と起きた来場者の拍手は「想像以上に要素たっぷり」であることを感じさせた。

そんな第1話から、いくつかの見どころを出演者のメッセージと共に紹介する。

やはり、本作に欠かせないのは料理シーン。「厨房は戦場」と言わんばかりに、激しくスピーディーに描くシーンもあれば、フワッとにおいが香ってきそうな描写もあり、物語に合わせて緩急さまざまに美しい料理が次々と登場する。「料理人という職業がカッコいいだけでなく奥深く誇り高いものだ」という敬意も感じさせる。

木村たちはフランス・パリからクランクインをし、実在する三つ星レストラン「ランブロワジー」などで撮影を敢行。そのことを木村は「ものすごく充実した説得力のある時間を過ごさせていただきました。京香さん、沢村さんと監督で『ランブロワジー』で食事をさせていただき、撮影だけでなく、それ以外の空気だったり時間、味、人、すべてを学んで実になった期間でした」と振り返る。

鈴木も「お店全体をつくるのはお料理だけじゃないと肌で感じることができた。とても貴重な経験でした」と語り、これらの"学び"が映像に反映されているようだ。

20191020_gmt_06.jpg

1話を見たというローラン・ピック駐日フランス大使も「パリの風景の美しさを前に出していただけたと思いますし、フランス大使公邸の自慢にしている機能的なキッチンを使っていただいています。私は公邸のキッチンに時折お邪魔することがあるのですが、そうしたとき、ものすごく緊張感が感じられるのですが、そういった雰囲気をとても上手に再現されていました。そもそも"食の文化"というのは、完全なる芸術だと申し上げてもいいのかもしれません。感性、食材への十分な理解、伝統も大切です。けれど、それだけではなく、チームワークがなによりも大切で、皆さまは本当に一丸となってこのドラマの成功のため、頑張っていらっしゃると思いました」と絶賛の声を寄せた。

美しく料理を撮るだけでなく、キャストは代役なしで調理するというこだわりも。沢村が「(木村さんは)ちゃんと時間かけて練習して、全部覚えて撮影に入っているんです。適当に1カット1カットやっているんじゃなくて、頭から最後まで作り方を覚えて現場に入ってきているんですよ」と明かし、玉森も「自分は普段からそんなに料理をしていなかったので、仕草は誤魔化せないと思いました。いかに自分が撮影入る前に料理と向き合って、包丁やフライパン、そういう器具にどれだけ触って実感できるかというのを課題にしました」と見えざる努力を告白。

20191020_gmt_05.jpg

菊之助は「木村さんは、やはり役と向き合うプロフェッショナル。そしてその道を極めていかれる方なので、自分も木村さんの背中を追うように『三つ星のシェフに見えるようになるにはどうすればいいのか』と考えまして、いろんな料理人の方とお会いしました」とそれぞれに役作りを極めてきた。

「グランメゾン東京」に登場するのは、ただの料理人ではなく、三ツ星を目指す料理人。そこに説得力を持たせる努力をしてきた俳優陣に脱帽だ。

また、木村と鈴木が仲間として一緒に戦うことになる物語も新鮮だ。

20191020_gmt_01.jpg

鈴木は「木村さんがある取材をしているときに、『チームワークはすでに三つ星』と言ってくださったのが、何よりうれしかった。キャストだけじゃなく、スタッフの皆さんにも感謝しています。本当に最高の現場です。美味しいお料理がたくさん出てきたと思いますが、美味しそうな料理を美味しく作るだけじゃなく、その料理にしっかり『大人の夢』を詰めて皆さまのところにお届けしたいと、日夜頑張っております」と現場の様子を明かすと、木村も「まったく同じ(気持ち)です。今回は(敵対関係ではなく)同じ方向を向いて、同じ熱量で前に進んでいけるパートーナーとして京香さんが来てくれて本当に頼もしいですし、楽しいですし、美しいです。素敵なキャストがたくさんいるんですけど、本当に1カットごとありがたいですし、うれしいです」と力強くコメント。

"大人の夢"に向かって突き進む2人の男女コンビは、果たして最高のコンビネーションを発揮するのか、それとも苦難続きになるのか・・・展開に注目だ。

そして、日曜劇場に欠かせないのは、濃密な人間ドラマを彩る超強力なライバルたち。菊之助は「撮影現場そして料理研修と、本当に毎日充実した撮影現場を楽しませていただいています。とはいえ、僕が演じる丹後は尾花と倫子が作り上げるレストラン『グランメゾン東京』と対峙していかなければならないので、自然と緊張がみなぎっています」と話すように、丹後の存在は物語に大きく絡んでくるだろう。

20191020_gmt_04.jpg

沢村も「話が進むにつれて人間模様がどんどん描かれて、毎回わくわくドキドキするドラマなので、皆さん最後まで楽しんでください!」とアピール。誰がどんな"裏切り"をするのか、全話見逃し厳禁だ。

そんな本ドラマを象徴する言葉が会見中に沢村の口から飛び出した。沢村は自身が演じる京野のギャルソンという業務について「(ギャルソンは)見えないところでもワインを用意したり『グランメゾン東京』をつくるにあたっては、経営、お金の管理もする。当然ワインも詳しい。料理を見て、どのワインが合うかも計算しなければいけない。撮影現場で料理人の方々に教わったことがあるのですが、お客様の口に入るまでが調理。運んでいる間に温度が下がることを計算して作られているというのです。これをどれくらいのタイミングで作って出すかというのも僕(京野)が指示を出すんです」と解説。

パリや厨房の光景、料理の美しさ、人間描写、喜怒哀楽、すべてのエンターテインメントをさまざまな演出方法でギュッと詰め込んだ1話は「お客様の口に入るまでが調理。それを計算してこそプロ」の精神を見事に体現し「視聴者の心に届くまでがドラマ。それを徹底的に計算した」と胸を張っているように思えた。

美しい1カット1カットに「これでもか!」と見どころや作り手の思いを詰め込んだ本ドラマはまさにフレンチのフルコース。もちろん、途中参加でも十分に楽しめるが、冒頭0秒から素材の1粒もソースの1滴もこぼさないことをお勧めする。放送当日は遅刻厳禁だ。そんな気合十分の「グランメゾン東京」の世界観を、ボナペティ(召し上がれ)!