10月21日(月)夜10:00からテレビ東京で放送開始する『ハル ~総合商社の女~』の第1 話試写、記者発表会、トークイベントが10月16日に行われ、主演を務める中谷美紀、藤木直人、白洲迅、奥田瑛二らが登壇した。

本作では、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴(中谷)が一般常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描いていく。時にはトップダウンすら覆し、思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマだ。

20191017_haru_04.jpg

記者発表会で中谷は自身の役について「停滞した空気を打ち破るような清々しい役を演じております」と語り、「ビジネス用語が多々出てくるんですが、ただの説明セリフではなくて、人間味のある温かいセリフにしてくださっているので見やすくなっていると思います」と語った。総合商社が舞台なだけに、中谷はさまざまな分野のビジネス用語に苦戦しNGを出してしまうという。

20191017_haru_02.jpg

しかし、晴の元夫で上司である・和田を演じる藤木は全くNGを出さないらしく、中谷は「誰よりも難しく長いセリフを毎度毎度おっしゃるんですが、それにもかかわらず、NGを出されないんです」と感心しつつ、「・・・困った人なんですよ(笑)。藤木さんが出さないから緊張をしてしまって・・・NGを出しまくっています。(藤木さんがNGを)いつ出すかなって、楽しみにしています」とお茶目な表情を覗かせた。

また、自身の役で"愚痴を言う暇があったら、目の前の課題をどんどんこなしていく"というところに憧れると言い、「そうありたいと思いながら、愚痴を言いたくなることもあるので・・・」とポツリ。そんな中、晴の息子・涼を演じる寺田心は現場で愚痴をこぼしたり、疲れた顔を見せたことがないらしく、「『どうして、そうしていられるの?』と聞いたら、『駄々をこねても愚痴を言っても何も変わらないから』って。すごいですよね。晴の子供として100点。目標です」と寺田の心持ちに敬嘆していた。

20191017_haru_07.jpg

記者発表会の後には、中谷と栗原美和子プロデューサー、脚本を務める龍居由佳によるトークイベントを開催。「働く女性」をテーマに、"男女格差"や仕事に疲れネガティブになった時の対処法などが語られた。

その中で、仕事とプライベートのバランスの取り方について聞かれた中谷は「撮影に入ると、労働時間が長いんです。月何時間、と言えないぐらいの労働時間で・・・。結構体育会系の世界なんですよね。まったく優雅な世界ではなくて・・・過酷な職業ではあります」と明かし、「皆さんのお役に立てるか分かりませんが・・・。私は3、4カ月働いて2、3カ月休む、というふうにさせていただいています。休むことを課して、情熱をキープするためにも、休むようにしています」と自身の働き方について語った。

女優として第一線を走る中谷、男女雇用機会均等法が施行された年の翌年に就職し、男性社会の中で活躍してきた栗原、男女雇用機会均等法よりも前に就職し、子育てをしながら脚本家としてのキャリアを積み上げてきた龍居という、タイプの違う"キャリアウーマン"の3人による等身大のトークに、会場に集まったファンたちも聞き入っていた。

新ドラマ『ハル ~総合商社の女~』は10月21日(月)からテレビ東京で夜10:00よりスタート(初回は15分拡大)。毎週地上波放送後に、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信される。