20190928_oshidan_04.jpg

墓穴掘ったかなぁってコメントも意外とウケる

――『恋んトス』のスタジオMCに抜擢されたのは2018年に配信されたシーズン7から。もうスタジオMCは慣れましたか?

高橋(茂雄)さんたちのおかげで何とか慣れてきました。最初、僕は(吉沢)亮くんのピンチヒッターとして出演したんです(シーズン6)。そしたら次のシーズンから改めてオファーをいただいて、気づいたらレギュラーになっていました(笑)。高橋さんもおっしゃっていたんですけど、この番組はホントにVTRを見るのが楽しくて、その空気が画面に出る現場。だからこそ僕も収録の日は、朝イチから気合いを入れて、「いいコメントをしなきゃ!」って思いますし、この番組に出られてとてもうれしいです。

――他のMCの方のご印象は?

すごく居心地よくしてくださっているんですよね。皆さんそれぞれ色が違うじゃないですか。高橋さんは芸人というバックボーンがありますし、毒舌とも思われがちなんですが、ちゃんとフォローしてくれる優しさも持ちあわせていて。僕の印象なんですけど、とても分かりやすく説明してくださる方ですね。(藤田)ニコルちゃんは、いろんなインタビューを見ても感じるんですけど、恋愛体質というか(笑)。それに彼女って人を引きつける魅力があって・・・そういうすごい人のことを何て言うんでしたっけ?

――カリスマですか?

そう、カリスマ(笑)。恋愛においてもファッションにおいてもカリスマ的存在で。そういう目線からのコメントが、すごく味があるんですよね。僕もまた違う立ち位置でいられるので居心地がいいと言えるのかもしれません。

――そんな小関さんは、番組内でどんな立ち位置といえますか?

いじられ役・・・かな?(笑) 僕、幼いころから、あまり余計なことは言わないようにしてきたんです。プラスにもマイナスなこともならないことは極力、避けるようにしていて。でも、この番組ではズバリと聞いてくるんですよ。例えば「小関くんは、こういう女の子は見たことある?」と(神部)美咲ちゃんとかがグイグイ聞いてきますし。

他にも「こういうシチュエーションだったら、どうする?」「こういう女のコや男のコどう思う?」「今、好きな人いるの?」とか「今まで付き合った人は何人?」とまで聞かれました(笑)。たまに自分で墓穴掘ったかなぁってコメントも、放送されると意外とウケたりして。「ヤバい、言いすぎちゃいましたか?」ってマネジャーさんに聞いても「面白かったよ」って褒めてくれたり。自分の中ではとても安心できる立ち位置だなと思っています。

20190928_oshidan_02.jpg

一歩引いている女性に惹かれることが多い

――今、放送されているのがシーズン9。注目のメンバーは?

(岡田結実の兄・)おーかーに注目していたけど、いなくなっちゃったしなぁ・・・だからリョウですかね。中国人とのハーフで男性の中では一番年下。りったんに告白してフラれたのに諦めないで、不器用ながらも自分を出そうとしている真っすぐな姿に好感が持てます。なんとか報われてほしいんですけどね(笑)。

――今シーズンで一番の胸キュンシーンはどこでしょうか?

リョウとみずきが最初にハグしたところは良かったなぁ。お互い、ハグに慣れてない感じで。あと、崇史となつが布団の中で手を繋いだときですね。共同空間の中で、2人が見えないところで手を繋いで、すごいドキドキしました(笑)。

――崇史とおーかーがアリサをお姫様抱っこをする2話では「僕、この半年間、作品の中でお姫様抱っこをすることが多かったんです」とおっしゃっていましたが、実際、お姫様抱っこって大変なんですか?

いや、本当に大変なんですよ(笑)。余裕のある表情をしないと女性側も気にするでしょうし。しかも撮影で抱っこする距離が長くて、ずり落ちてきちゃうんですよね。その時は僕の鍛え方が足りなくて大変でした・・・だから3kmもの距離をお姫様抱っこした崇史とおーかーは「スゴイ!」って思いました。

――お姫様抱っこと毎日ハグ。2つのミッションがありましたが、小関さんはどちらをやりたいですか?

やっぱり、毎日ハグ(笑)。同じ女性を選ぶと、すごく一途に見えるんですけど、僕としては他の女性も選んで欲しいなって思っちゃうんですよね。それはハグが目的というより、2人だけの空間を作るって意味で。でも、カメラに見られている感が男性にもありますからね、プレッシャーがあるんだろうなぁ。

――ちなみに小関さんは女性のどういう仕草にドキッとしますか?

自分は積極的に攻められるよりも、一歩引いている女性に惹かれることが多いんです。だけど、「あ~ん」「パクッ」っていうのはいいかも(笑)。すごくナチュラルなシチュエーションで「食べる?」ってやられたら「食べる」って言っちゃいそう。わざとらしく「フ~フ~」とかやられたら嫌ですけどね(笑)。

20190928_oshidan_03.jpg

――今、『恋んトス season9』はパラビで配信していますが、小関さんがおすすめの番組ってありますか?

ちょうどパラビをチェックした時に『ホテルコンシェルジュ』があったんですよね。僕が20歳のときに出た作品。でも自分が出ているドラマをすすめるのもアレなので・・・。あっ、『JIN-仁-』が大好きです! とにかく面白くて毎週、号泣して見ていました。僕、監督の平川雄一郎さんが好きで。そんな平川さんの手掛けた『ROOKIES』や『とんび』『天皇の料理番』もとてもおすすめです。あと脚本家の坂元裕二さんの作品も大好きなので『カルテット』を見てない方はぜひ見てほしいです!

20190928_oshidan_06.jpg

20190928_oshidan_07.jpg

20190928_oshidan_09.jpg

20190928_oshidan_010.jpg

20190928_oshidan_08.jpg

後編では、この番組での経験が役者業にも繋がっているという小関の恋愛観ももう少し深掘りしていきます!

(文・撮影:MAIMAI)

◆番組情報
『恋んトス season9』
毎週金曜夜10:00配信

『JIN-仁-』(C)TBS (C)村上もとか/集英社
『ROOKIES』(C)TBS (C)森田まさのり・STUDIO HITMAN/集英社
『とんび』(C)TBS
『天皇の料理番』(C)TBS
『カルテット』(C)TBS