動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、『SPECサーガ完結篇SICK'S』のシリーズ最終抄『厩乃抄』が独占配信中。『ケイゾク』『SPEC』に続く「SPEC サーガ完結篇 『SICK'S恕乃抄』」が昨年、4月に配信開始され、『SPEC』の続編として描かれた壮大な物語に興奮した人も多かっただろう。

本作は、IQ230を持つ天才・御厨静琉(木村文乃)が自らのSPECの存在に疑問を抱きつつ、元警視庁公安部の高座宏世(松田翔太)とともに日本政府や某超大家国の陰謀に巻き込まれていく超ファンタジーサスペンス。今年の4月には『SICK'S覇乃抄』が配信され、今回、ようやく最終抄の『SICK'S厩乃抄』の配信となる。

20190922_sicks_02.jpg

そこで御厨静琉と高座宏世を演じた木村文乃と松田翔太にインタビュー。前半ではキャラクターや撮影エピソードについて聞いてきました。

――ついに『恕乃抄』『覇乃抄』に続く『厩乃抄』が独占配信されます。今のお気持ちは?

松田:やっぱり大変な撮影の日々だったので、僕らの芝居にCGも加わって完成したことがうれしいです

木村:ちょっと忘れていました(笑)。

松田:ちょっとね(笑)。

――撮影したのは去年のことでしたからね。

木村:それだけCGと編集に熱が入っているということだと思うので、私も見るのが楽しみです。

――『SICK'S』といえば、やはり御厨と高座のキャラクターがちょっと変・・・いや、かなり変なことでも話題になりました。まさに堤幸彦監督の真骨頂ともいえる演出ですが、お2人がキャラクターを掴んだのは、いつ頃ですか?

松田:いまだ掴んでいません(笑)。

木村:うんうん。

松田:高座は常に成長しているので。それに僕も演じるにあたり、あまり決めつけないほうがいいのかなって。台本が出るにつれ、変わっていくこともありますからね。

――でも、決めポーズが変にズレていたりと高座はとても特異なキャラクターでした。

木村:御厨もそうなんですけど、すべて堤さんのオーダーです。

松田:そう、最初から監督に言われていました。「衣装も髪型も格好よくしないでくれ」って。「格好いい要素はすべて排除してくれ」と。あと「ひげを生やしてくれ」とも言われましたね(笑)。

――それでも、たまに格好いいところが出てしまう高座に、思わず目が釘付けでした。ギャップ萌えというんでしょうか。

木村:それは松田さんが格好いいからですよ(笑)。

松田:そうですか? 高座はかなりヤバかったでしょ(笑)。

木村:まぁ、キャラクターを作るという点においては、それが堤組に入るってことですからね。

松田:確かに。

木村:堤さんがどんどん注文していくことに、役者の私たちがどう対応していくか、みたいなところがありますので。

松田:だから役者としてはアドリブではないんですけど、臨機応変に演じないといけなくて。吸収力がないと大変かもしれないですね。

20190922_sicks_03.jpg

――ちなみにお2人が実際、使ってみたいなって思うSPECはありますか?

松田:みんなポーズがダサいんだよなぁ(笑)。あぁ、御厨は格好いいかも。

木村:でも、御厨のSPECは殺傷能力で言うと低めですよ。

松田:彼女のSPECは・・・って、これまだ言っちゃダメなのか。

――はい。実はいまだ、御厨のSPECがどういうものなのか具体的に出ていません。

木村:認めてないですからね、彼女は自分の能力を。自分が欲しくて手に入れたSPECじゃないというのもあるんでしょう。

松田:でも、俺はSPECだと"リバース"より、御厨の能力のほうが使い勝手が良さそうだと思うんです。"リバース"の能力って孤独じゃないですか。

木村:優しい! もし今、堤さんと植田(博樹プロデューサー)さんがいたら、絶対に「次のネタに使おう!」って言ってますよ(笑)。

松田:あはははは。

――そういえば、御厨が使っているたい焼きの布団がとても可愛くて印象的でした。

木村:あれ、8万円もするんですよ。

松田:えっ、そんなに!?

木村:美術部の方が特注で作ってくださって。私が使うとき、みなさんがちゃんと整えてくれるので、私も愛着がわいちゃいました。皆さんの愛を一身に受けた、たい焼き布団。中はあんこのボアになっているんです。

松田:そうなんだ(笑)。

木村:あんこのフードも被れるようになっていて、私のお気に入りです!

――撮影が終わって、今だからこそお互いに言いたいことってありますか?

松田:お疲れさま!

木村:あははは。同じこと思いました、今。

松田:それしかないですよね(笑)。

木村:ですよね。私たち待ち時間が長かったので、言いたいことは現場で言っちゃっているんですよ。

松田:現場で2人で言っていたのは、前作より人が死ぬことも多いってこと。常に楽しく芝居をするだけでなくて・・・それらの死を僕らは吸収しなきゃいけなかったから、きつかったですね。

木村:結構、堪えなきゃいけないシーンも多かったですからね。

――後編では、見どころや堤幸彦監督らの印象などを聞いた。

(文・撮影:MAIMAI)

木村文乃スタイリスト:藤井享子
・ワンピース・・・EZUMi /リ△デザイン(問い合わせ先:03-6447-1264)
・ピアス・・・CADEAUX /カドー伊勢丹新宿店(問い合わせ先:03-3351-5586)
・リング・・・GIGI /ホワイトオフィス(問い合わせ先:03-5545-5164)

松田翔太ヘアメイク:伊藤聡
松田翔太スタイリスト:丸山晃

【番組情報】
SPEC サーガ完結篇 『SICK'S厩乃抄』
9月14日からパラビにて独占配信中
次回配信は9月27日(金)夜0:00予定
(C)TBS