TBSで『SUPER★DRAGONの本気スポーツテスト!(スパドラのマジスポ!)』が放送中。8月からは動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも完全版が配信される当番組で、玲於、毅、ジャン、颯、壮吾、洸希、彪馬、和哉、楽による9人組のミクスチャーユニット・SUPER★DRAGONが本気でスポーツに挑んでいる。

腕立て、腹筋、スクワットなどの基礎体力から、チーム戦で行う綱引き、大繩、フリースローなど7種目のスポーツに本気で取り組み、運動神経No.1を決めていく当番組。

今回、撮影中のメンバーたちに直撃。「ファイヤードラゴン」「サンダードラゴン」に別れて、番組への意気込みやそれぞれの見どころなどを語ってもらった。後編では、壮吾、洸希、彪馬、和哉、楽ら「サンダードラゴン」のインタビューを紹介する。

20190808_sd_02.jpg

――初のTBS冠番組が決まった時の率直な気持ちと収録の感想を教えてください。

洸希:初の冠番組ということですごくうれしくて、頑張って番組を盛り上げていこうと思いました!スポーツ系をやるって聞いて、僕はそんなに運動が得意な方ではないのでちょっと不安になりましたが(笑)、でも結構ミラクルを起こせました(笑)。メンバーと一緒に歌やダンス以外で熱くなって、汗だくになりながらバトルしてっていうのが本当に楽しかったです。

和哉:経験が浅くてバラエティ慣れをしていない中で進行も自分たちでやっていかなければいけない状況だったので、いろんなことが学べるいい機会だなと思いました。初日の撮影で基礎体力マジバトルがあったのですが、3日間くらい筋肉痛になり結構鬼だなと(笑)。でも楽しいし、学ばせていただくことが多い番組だなと思います。

楽:冠番組は僕たちの中でずっと「持ちたいね」って話をしていたので、出来るって聞いて「うぇ~い!」って感じで喜びました。スポーツ、僕は苦手です!(笑)。苦手なんですけど、嫌いじゃないのでめちゃめちゃ楽しんでやりました。

壮吾:冠番組はやっぱりうれしいです。"マジスポ"ということで、ガチで全部やりました。僕は球技が特に苦手です(笑)。バスケのフリースローは洸希と玲於君と同じチームで、僕はゴール入れられなかったんですけど、2人が入れてくれたのでポイントだけ頂いちゃいました(笑)。こんなガチでスポーツをやる機会はないので、切磋琢磨して楽しかったです。

彪馬:率直にうれしいです。 "マジでスポーツする"っていうのが僕たちにぴったりの企画だと思いました。自分たちだけが楽しむんじゃなくて、その楽しさを視聴者の方に届けるというのが自分たちの課題になっているので、しっかり届けられればと思います。

20190808_sd_04.jpg

――今回の番組でご自身の見どころはどこですか?

洸希:ちょっと自慢入るんですけど・・・。

和哉:(笑)。彼はこれから自慢をします。

洸希: 9人中フリースローで2回入れたのは僕だけです!僕も壮吾と同じで球技が苦手なんですけど、フリースローは小学校の時に休み時間に友達とよくやっていたので。でも投げ方は一番ダサかったと思います(笑)。とにかく入ることだけを考えていたので。

和哉:僕は剣道をずっとやっていたんですけど、今回の種目の中では特にこれといって得意なものがないんです。でも、「なんでもそこそこ上手くできているでしょ」という、全部平均より出来ているところを見てほしいです。

楽:僕もバスケですかね。輝けるのがそこしかないんですけど。あ、でも基礎体力マジバトルのスクワットではすごい頑張って同率で1位が獲れので見てほしいです!

壮吾:僕はそうですね・・・。

彪馬:ちょいちょい挟む電車の小ネタでしょ?

壮吾:そうなんです、僕電車が好きなんですよ。それで小ネタを・・・ってこれを頑張ったっていうのおかしいですよね(笑)。

彪馬:腹筋もよかったよ。

壮吾:腹筋はまぁまぁできたと思います。大縄跳びも一番前で頑張りました。楽しかったです。

彪馬:僕は和哉と一緒で、平均以上に出来ているところですかね。ちょくちょく点数を稼ぐ"ちまちま野郎"なので、そこに注目していただければと思います(笑)。

20190808_sd_05.jpg

――ファイヤードラゴンの皆さんに追い込まれた状況の時に強いなと思うメンバーを聞いたら和哉さんじゃないかと仰っていたのですがいかがでしょうか?

和哉:つ、強いです(笑)。

洸希:疲れてからガチになるよね。

和哉:僕疲れるのは早い方なんですけど、8割体力がなくなってからの粘りっていうのは誰にも負けない自信があります。ライブも終盤とかガチで気力でやっています(笑)。Zeppツアーでアドレナリンと友達になる方法を身につけました(笑)。

他メンバー:(笑)。

和哉:ゾーンに入れるんですよ。

彪馬:根性あるよね。ちなみに一番根性ないのは洸希です(笑)。

洸希:逆に、一度ゾーンに入ったら何もできないです(笑)。今回もヤバかったです。大繩を飛んでる時も顔がヤバかったと思います(笑)。

壮吾:そんな状態になってたの?

洸希:本当に体力ないので(笑)。

楽:どんだけ高く飛んでたの。

洸希:高く飛ばないと、怖いんですよ。「ヤバい、俺でまた引っ掛かるぞ!」って思ったら高く飛びすぎちゃって。そこで無駄な体力を使ってしまったりして。結構つらかったです(笑)。

20190808_sd_03.jpg

――2020年には結成5年、2021年にはデビュー5年というメモリアルイヤーが続きますが、今後の目標を教えてください。

洸希:そうですね・・・この番組をやって気づいたのが、もっとチーム力を上げていかなきゃなということでした。みんなが一斉に話し出しちゃって何を言っているのか分からない状況が多かったので、そういうところとか個人的にも勉強していって、オールマイティにできるようになりたいなと思いました。

和哉:僕も洸希と一緒でチーム力かなと。本来は役割がそれぞれにあるはずなんですけど、今はもうみんな無視してボケたいところでボケて、「はいどうぞ笑ってください」みたいな感じになっちゃっているので、ちゃんと自分たちで流れを作って持っていけるようになりたいなと。自分の役割を意識してやっていきたいなと思いました。この番組が良い経験になりました。

楽:個人的には、MCとかで話に入るのが下手くそなので、ちゃんと話せるようになりたいです。頑張ります。

壮吾:せっかくこういう機会を頂けたんですけど、続けるのが大事だと思うので、形が変わったとしても冠番組を持ち続けられたらなと思います。

彪馬:今回はスポーツがテーマの番組なんですけど、今後5年目を迎えるにあたっていろんなジャンルの番組とか、いろんなものに挑戦できればいいなと思います。和哉のいうように、それぞれが自分の役割を意識して、観てくださる方を楽しませていけたらいいなと思います。

20190808_sd_07.jpg

――皆さんでやったら楽しそうな番組は?

彪馬:意外とクイズ番組とか楽しそう。頭いい人とそうじゃない人の差が結構激しいので(笑)。

壮吾:2極化しているんです。

彪馬:クイズ番組だったら一番活躍しそうなのは颯君ですね。

和哉:スマホのゲームでネット対戦でクイズの早押しとかを四六時中やっているんです。

洸希:一人で盛り上がってるもんね。

彪馬:洸希とかジャン君からは珍回答とかも期待できるので、楽しいと思います(笑)。

20190808_sd_06.jpg

『SUPER★DRAGONの本気スポーツテスト!(スパドラのマジスポ!)』は、TBSで深夜に放送されている『買い物ラボ』内で月曜日、火曜日、水曜日に2分コーナーとして放送中。2分に収まりきらなかった未公開シーンを含めた完全版が8月9日(金)からパラビで独占配信される。

(C)TBS