7月7日(日)からTBSの日曜劇場枠で放送開始する大泉洋主演ドラマ『ノーサイド・ゲーム』に、日本のミュージカル界を長きにわたってけん引し続けるミュージカル俳優・石川禅の出演が決定した。

本作は、池井戸潤の書き下ろしの新作同名小説が原作。出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていた大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋(大泉)があることがきっかけで本社から府中工場に飛ばされ、そこで総務部長と兼任でトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーをするよう命じられる。今は成績不振にあえぐかつての強豪チームであるアストロズのメンバーと共に、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけて戦う姿を描いていく。

今回出演が決まった石川が演じるのは、君嶋の直属の上司だったトキワ自動車経営戦略室長の脇坂賢治。上川隆也が演じる常務取締役営業本部長の滝川とは同期で、対立する滝川と君嶋をとりなそうとする役どころ。

『レ・ミゼラブル』や『エリザベート』など数々の名作ミュージカルの舞台に立ち活躍を続ける石川がテレビドラマにレギュラー出演するのは初めてだという。石川は、「池井戸先生の作品に出演決定の知らせを聞いた時、誰よりも驚いたのは他ならぬ僕自身でした」と明かし、「経営戦略室長にまで上り詰めたリアリストな男、脇坂賢治の生き様を、唯々無心で演じたいと思います」と意気込んだ。

経営戦略室長としてトキワ自動車の舵取りに影響力を持つ脇坂。君嶋の行く末に影響を及ぼすこの役を石川がどのように演じてるのか・・・期待が高まる。

◆番組情報
『ノーサイド・ゲーム』
7月7日(日)スタート/TBS系/毎週日曜 夜9:00~
原作:池井戸潤
主演:大泉洋
(C)TBS