6月18日(火)で最終回を迎える吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS)。主人公・結衣を演じた吉高がブラック上司・福永を演じたユースケ・サンタマリアと共に約4か月に及んだ撮影をやり切り、オールアップした。

本作は"残業ゼロ! 定時で帰る!"がモットーのニューヒロイン・結衣が、同僚のモンスター社員たちが抱えるさまざまなトラブルを解決しながら、働き方新時代に働くことの意味を問うワーキングドラマ。さまざまな事情を抱える登場人物に共感するとSNSをはじめ、ネットで大きな話題になっていた。

20190618_watatei_03.jpg

20190618_watatei_02.jpg

先に婚約者・巧役の中丸雄一や同僚を演じていた向井理、内田有紀、シシドカフカらのアップを見届けていた吉高もついにユースケと共にクランクアップを迎えた。吉高は「本当に4カ月お疲れ様でした。『わたし、定時で帰ります。』の撮影が日常の一部だったので、明日からなくなるのは実感がまだなくて変な気持ちですが、皆さんと一緒に4カ月間過ごせて幸せでした」とスタッフや共演者に感謝し、「またご一緒できる日を楽しみにがんばります。また会いましょう! ありがとうございました!」とあいさつした。

吉高があいさつを終えると、同僚であり結衣の元婚約者だった種田晃太郎を演じた向井が花束を持ってサプライズ登場。吉高とユースケは向井から花束を渡され、驚きつつも満開の笑顔で喜んだ。

最後に、演出の金子文紀から「本当に終わってしまうのが寂しい! またやりましょう!」と吉高のあいさつに賛同するようにコメントすると、ユースケが「寂しいですが、映画化が決定しました!(笑)」と最後までユースケらしいボケをかまして笑いを誘うなど、温かい雰囲気で締めくくった。

第9話の終わりで巧から「結衣ちゃんとは結婚できない・・・」と告げられた結衣。最終回では、まさかの展開に途方に暮れている結衣に、外注先が倒産するという新たなピンチが訪れる。制作4部のメンバーは窮地に陥り、さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎は契約を進める条件として、福永を案件から外すことを要求され、その事を聞いた結衣がついに福永と対決することになる。

"定時の女"結衣が導き出す新時代の働き方とは。そして巧との関係、晃太郎との恋の行方はどうなるのか、最終回も見逃せない。

火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の最終回はTBSにて6月18日(火)夜10:00より放送予定。

(C)TBS