極上の"癒し"を求める男の、めくるめく妄想が脳内で繰り広げられるドラマパラビ『癒されたい男』。月島冬二の同名漫画(日本文芸社)をドラマ化した本作は、中年サラリーマンの"妄想"をストレートに描き、男性からは深い共感を得、女性は男のおバカな妄想にクスッと笑ってしまうような内容となっている。

主演の鈴木浩介と主要キャストを演じる宇野実彩子(AAA)、高崎翔太に心境や本作の見どころなど話を聞いた。

――ドラマパラビ『癒されたい男』は、放送前から「攻めた妄想シーン」というパワーワードが話題となっていましたね。

鈴木:インタビューしていただく度に「Hなシーンがたくさんあります!」と声を大にして言ってきましたが、その一方であたたかな雰囲気に溢れる物語でもあると僕は思っています。現代社会に疲れた"癒し"を欲している方々に、一人でも多く観ていただきたいドラマです。

宇野:そういう意味でも4月スタートというのは、タイミングはピッタリですよね。進学や就職など新たな生活がスタートする時期で、それぞれ忙しい日々を過ごしている方たちが疲れて帰宅した時に、このドラマを見て癒されたり、笑って頭の中を1回リセットするような、リフレッシュの時間を過ごしてもらえたいたらいいですね。

高崎:原作コミックファンの方はもちろん、原作を知らない方にも気軽に楽しめる内容だと思うので、たくさんの方に見てもらいたいなって思います。

――鈴木さんが演じる主人公の秋山寛は、上司からのプレッシャーや部下と上手くコミュニケーションが取れないことで感じるストレスを解消する手段が"妄想"という人物ですが、そんな秋山課長補佐を演じてみていかがでしたか?

鈴木:非常に楽しかったです(笑)!レギュラーメンバーはこの3人+部長の鴻池太郎役の半海一晃さんの4人という、かなりミニマムなキャスト陣で、スタッフも含めチームワークはバッチリでした。休憩中は雑談で笑いながら、本番では一丸となる、いい空気感で撮影をすることが出来ました。

――ところで鈴木さん、宇野さん、高崎さんはこのドラマが初共演だそうですが、それぞれの印象は?

鈴木:AAAで歌っている時の宇野さんは「宇野ですっ(キリッ)!」みたいなクールでアーティスティックなイメージだったんですけど、実際にお会いしたらとても礼儀正しくてきれいで、普通のお姉さん、気さくで好印象な方でした。今回のドラマで演じている壇ノ浦リサとは全く逆ですね(笑)。

高崎さんは、初対面での印象は「いまどきの若者っぽいな」という感じでしたが、ちゃんと目上の人を立てて礼節を重んじる好青年です。でもひとたび芝居に入ると、ちゃんとリア充でおバカな桶狭間秀人に見えるんですよ。

――宇野さんから見た鈴木さんの第一印象は?

宇野:お会いするまでは「テレビの中の人」という印象でした。

鈴木:何、そのザックリした感じ(笑)!

宇野:(笑)。鈴木さんは出演されている作品によって怖かったりお茶目だったり毎回役の印象が違うから、「こういうイメージ」っていうのがなくて、普通に「ドラマで見ていた人がいる!」って感じだったんです。今回共演させていただいて、私はとても楽しかったし、今後は鈴木さんが出演するドラマを見たら勝手に親近感で見ちゃうんだろうなって思っています。

――高崎さんから見た鈴木さんはどうでしたか?

高崎:僕も宇野さんと同じで「テレビに出てる人だ!」だったんですけど、お会いする直前にとある番組で鈴木さんがスパイスを求めてインドを旅するドキュメンタリーを見て「カレーの人だ!」っていう印象に変わりました(笑)。それから、勝手に「無口な人なのかな?」とも思っていて、お会いする前は「話しかけにくかったらどうしよう・・・」とドキドキしていたんですけど、撮影が始まって数日後には、美味しいご飯の話で盛り上がっていましたね。

鈴木:高崎くんに「このお店、美味しいから行ってみて」って話したら、後日ちゃんと「行きました!美味しかったです!」って報告してくれるのが嬉しくて・・・。って!なんか芝居の話は一切しなかったみたいな流れになってない(笑)?

高崎:お芝居の話も、まぁ9:1くらいでは・・・。

鈴木:ほぼしていなかったってことです(笑)。

宇野・高崎(爆笑)!!

――鈴木さんのオススメのお店は、ハズレがないですか?

高崎:はい!教えていただいたお店は全部美味しかったですし、お勧めのメニューや食べ方まで教えてくれるんですよ。「コレとコレとコレを頼んで、こういう風に混ぜて食べて」とか全部指定があって、その通りに食べれば間違いない!

宇野:私は2人が食べ物の話で盛り上がっているのを眺めながら、鈴木さんの細かいマイルールに「そうやって食べないとダメですか?」って時々チャチャを入れつつ楽しく聞いてました(笑)。

――本作は、テレビ東京で第1話放送後、パラビで全話一挙配信されていますね。
鈴木:意外と今の時代の流れに合っているような気がします。毎週定時に放送されるのを待つのではなく、自分が見たいタイミングで見たい話数だけ見られる贅沢さを存分に楽しんでいただきたいですね。『癒されたい男』は30分ドラマですが、「続きが気になるからもう1話見てみようかな」とか気軽に出来る、ちょうどいい尺だなと思います。「明日はお休みだから見ちゃおう!」って感じでズルズル見られちゃうのがいいよね。

――では最後に、視聴者の皆様に"メッセージ"をお願いします。

高崎:パラビでは全話配信しているので『癒されたい男』をイッキ見して癒されてください。無料期間もあるので、お得ですよ(笑)!

宇野:ベタな妄想からコアな妄想まで、欲張りに詰め込んでいるドラマです。見ているうちにどんどんクセになると思いますし、私たちの新しい挑戦を存分に楽しんでいただけたらと思います。お好きな時間に、お好きなだけ見ていただいて、皆さんも新しい妄想の扉を開けちゃってください(笑)。

鈴木:こんな"妄想丸出しドラマ"、ほかにはありません!いろんな意味で攻めている作品になっているので、丸出しドラマを丸ごと楽しんでください!

※ドラマの裏話を語ったインタビュー動画も公開中!

◆番組情報

『癒されたい男』

テレビ東京/毎週水曜・深夜1時35分~
配信:Paravi(パラビ)で全12話配信中
原作:月島冬二『癒されたい男』(日本文芸社)
監督:松木 創、二宮 崇、船谷純矢
脚本:吉本昌弘、田中眞一、溝井英一デービス
主題歌:「FAKE ME FAKE ME OUT」Da-iCE(ユニバーサル シグマ)
出演:鈴木浩介、宇野実彩子(AAA)、高崎翔太、半海一晃、ほか

【公式サイト】
https://www.tv-tokyo.co.jp/iyasaretai/news/

【配信ページ】
https://www.paravi.jp/title/39884