原作・寺嶋裕二による、王道にして斬新であり、感動と興奮の高校野球漫画として大人気の『ダイヤのA』(講談社)。現在も続編となる『ダイヤのA actⅡ』が週刊少年マガジンにて大好評連載中だ。アニメ版も2013年に『ダイヤのA』(以下、1stシーズン)、2015年から『ダイヤのA -SECOND SEASON-』(以下、2ndシーズン)として放送されて好評を博し、そしてアニメ最新シーズンとなる『ダイヤのA actⅡ』(以下、actⅡ)がついに4月2日(火)よりテレビ東京系列にて放送スタートした。

東京の強豪・青道高校野球部を舞台に、主人公・沢村栄純ら熱い高校球児たちの成長と甲子園出場を目指した戦いを描く本作。インタビュー後編(前編はこちら)となる今回は、青道でエースピッチャーを目指す沢村栄純を演じる声優・逢坂良太に演技やキャラクターソングについて、アフレコでのエピソードなどを語ってもらった。逢坂のインタビュー動画は動画配信サービス「パラビ」で見ることができる。

――逢坂さんは野球とソフトボールの経験があるそうですが、そういう点からも原作にハマったのでしょうか?

もともと、友達の家に置いてあった『ダイヤのA』の漫画を読んで、面白いなと思ったのが始まりなんです。自分も野球経験があったから分かるんですけど、『ダイヤのA』ってすごくリアルな野球を描く漫画なんですよね。ピッチャーの心情だったり、キャッチャーがリードする時に何を思ってここに投げさせるのかが描かれているんです。ここまで深くはないですけど、自分自身も共感できる部分がたくさんあって、だから、すごくハマったのかなと思います。

――沢村を演じる上でその経験は活きていますか?

そういったリアルな野球シーンがたくさん出てきても、その時の気持ちが分かるので、アフレコもやりやすかったです。他のキャストの中には野球の経験が無い方もいらっしゃるので、「ここってどういうことなの?」みたいに色々と質問されることもありましたが、そこでちゃんと説明できるというのは経験があって良かったなと思います。そこは経験者のメリットですし、新シリーズが始まると新しく入ってきた方にそういう質問をされるので、そういうところからもその時の活動が活きているなと感じます。

――ちなみにポジションは?

もともと外野手をやっていて、高校の時にソフトボールですけどピッチャーもやらせて頂いたので、リードとか投げる話となると栄純に共感しますね。

――沢村も外野を守ったりしますが、まさしく沢村と同じポジション経験があったんですね。

あそこまで守備は下手じゃなかったですけどね(笑)。

――沢村を演じるにあたって心がけていることはありますか?

自分の中には栄純がずっといるんですよ。1stシーズンのアフレコが始まって1年ぐらいしてからなんですけど、そこからもうなんか自分の中に栄純が住みつくようになって、「いつでも出せます!」みたいなものがあるんです(笑)。深く考えるということがなくなったというか、最初の頃に比べて「ここで、なぜこういう風に思うんだろう?」と思ったことがないんですよね。難しく考えることがなくなったかなと感じます。それがメリットでもあるし、デメリットでもあるのかなと個人的には考えているんですけども、今のところはメリットとして捉えているので、このまま突き進んでいければいいのかなと思っています。

――逢坂さんと沢村は一心同体ということですね。

そうですね。なんかここまで長く演じていると、住みついてくるんだなと思ったりはします(笑)。

――沢村を演じるにあたって、監督の増原光幸さんと役作りや演技について話し合ったりなどはありましたか?

僕自身があんまり聞くようなタイプじゃないので、ないですね(笑)。気になったところは聞くんですけど、そこまで細かく話し合ったことはないかもしれないですね。監督はわりと自分が持ってきたものを受け入れて下さるので。もちろん、ここはこうしてほしいというところがあれば言って下さるんですけど、それ以外は、すんなりと自分が持ってきたものでオーケーを出してもらえています。それは、監督の考えとこっちの考えが一致しているんだなと思ってずっとやらせて頂いていたので、言わなくてもうまく連携は取れているんだと思います。

――監督からの信頼があるということですね。

あると言われると......どうなのかなと思うんですけど(笑)。監督のことは信頼しています。

20190403_daiya02.jpg

――1stシーズンや2ndシーズンのエンディングなど、沢村として数々のキャラクターソングも歌われていますが、その中で印象に残っている曲や思い出はありますか?

最初はキャラクターで歌うということに慣れてなかったんです。1番目に歌ったのが『CLOUD NINE』で、2番目が『「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズ VOL.1 沢村栄純』というCDに収録されている『GROW STRONGER』でした。その2曲のレコーディング時にも全力を出していたんですけど、しっかり沢村として歌えたなと手応えを感じたのが『PROMISED FIELD』からなんですよ。だから、正直に言うとその前の2曲は録り直したいと思っているんですけどね(笑)。それから、完璧に沢村として歌えたなと思ったのが『FINAL VICTORY』で、そこからはもうずっといい具合に歌えています。そういうことがあって、歌っていて気持ち良かったのは『PROMISED FIELD』だったなと思いますし、『FINAL VICTORY』は青道野球部員のキャストの方々がコーラスで参加して下さったので、すごく楽しい楽曲でした。

――沢村として歌う難しさはどんなところにありましたか?

個人的な思いなんですけど、栄純は歌が上手くないと思っているんですよ。なので、最初のキャラクターソングのレコーディング時に、ちょっと沢村成分を多めに歌ったんです。それで、収録したものを聴いてみたんですけど、まあ聴けたもんじゃないという話になりまして(笑)。さすがにキャラクターと歌の上手さの真ん中を取りましょうという形になって、そこそこ歌える栄純だったらどうだろうみたいな感じになったんです。actⅡの本編では校歌を歌うシーンがあって、そこでは栄純として歌わせてもらったんですけど、それは下手ですね(笑)。だから、歌っている栄純は、"沢村栄純"なんですけどもファンタジーとリアルの間みたいなところがあります。

――沢村はテンションが常に高いキャラクターなので、アフレコも大変じゃありませんか?

特に大変と思ったことはないんですよ。テストで大きな声を出しすぎると本番で上手いこと声が出ない場合もあるので、テストでは少し力を抜かれる方もいらっしゃるんですけど、僕はテストで力を抜くと本番で声が出なくなっちゃうので、テストでも他の人と声がかぶっていてもかき消すぐらいの勢いでやらせて頂いています。テストで自分の今日の調子を感じるということですね。

――沢村同様、常に全力投球ということですね。

そうですね。手を抜いたらもうその時点で終わるなという思いがありますから。

――沢村が他の選手をブルペンやベンチから煽ったり、片岡監督を「ボス」と呼んだりするギャグシーンも本作の魅力ですが、シリアスな演技との演じ分けについてはどう考えていますか?

基本的には絵の表情をヒントにやっています。あとは雰囲気もありますけど、やっぱり顔ですね。真面目な顔をしていると本気でやっているんだなと思いますし、ちょっとデフォルメ顔になった時はチームメートを煽ったり、そういった意味も含まれているのかなと思っています。その2つは演じ分けているつもりなんですけど、難しいんですよね。大きい声を出すと、細かい感情が制御できないので、いかにそこをちょっとずつでもいいから変えていくかというのが肝だなと考えています。だから、1話の中でそんなシーンが多いと、「今、俺は試されているんだ」「今日は試練だな」とか思いつつ、演じさせて頂いています(笑)。

――掛け合いする声優の方と事前に話し合ったりなどはするのでしょうか?

全くないですね。皆さんが築き上げてきたものがあるので、なんかもうスッと入ってくるんですよね。そこは、やっぱり長い年月やることって本当に意味があるんだなと感じる瞬間です。

――練習シーンの掛け声や球場での応援などのガヤも印象的ですが、どのようにアフレコしているのでしょうか?

基本的には"粒立ちゼリフ"という「いけぇー!」とか「がんばれぇー!」みたいなそういうちょっとしたモブのセリフが2つ3つあって、それに重ねて皆さんでアドリブして収録しています。自由に応援のセリフを言って盛り上げるという感じで作り上げているので大変です(笑)。むしろ、本編より大変なんじゃないかと言われているぐらい『ダイヤのA』はガヤが多いですね。特に応援のガヤが多くて、みんなが全力で声を出しているので、アフレコが終わって帰る時には、みんな喉がちょっとガラガラになっています(笑)。でも、それぐらい皆さん本気を出してガヤも録っているので、それが作品にとっていいアクセントになっていますね。

――ガヤのセリフを考えるのも難しくありませんか?

そんなに深くは考えないですけどね。球場に行って応援する人もずっと「いけぇー!」とか言うわけでもないですし。だから、自分が感じた時にそういうセリフを言うというぐらいです。それの積み重ねで応援ができあがると思うので、1人がずっとしゃべり続けるというよりかは、1人がしゃべったらそれに重ねて誰かがしゃべってみたいな。そういう積み重ねで、1つの応援になっていくというのがあるので、そこはあまり深く考えてないですね。

――actⅡのアフレコを見学させてもらいましたが、試合の時にはキャストも大人数になるので、マイクの立ち位置など演技以外にも色々と気にかけることがあるのではないでしょうか?

もう慣れというんでしょうか、あんまり考えたことないですね。そこもやっぱりテストが重要で、どこで誰が入って、どこで誰がどくのかというのをテストで見て、それで自分が入るところにチェックを入れて、本番でもそれを間違えないようにするというだけなので。知らない方が見れば、スッと入って、セリフをしゃべって、スッと下がってみたいな感じに思われると思うんですけど、全然そうじゃなくて、本当にここが空いているから入ろうとか、今、そこをどいたから入ろうみたいな、わりと軽い考え方だと思うんですよね。

――マイクの前で次から次へと入れかわる皆さんの姿を見ると、野球の連携プレーみたいに思えました。

見ている方は多分そう思われるんでしょうけど、実際は慣れですね。どんな仕事でもやっぱり慣れはあると思うので、それの積み重ねです。特にこの現場ではもう2年半以上やっていますから、連携は取れています。

――本作は沢村と降谷とのライバル関係も魅力ですが、逢坂さんにとって降谷のような良きライバルと思っている方はいますか?

今の若手男性声優の全員ですね。敵です(笑)。下からどんどん上がってきますし、オーディションもかぶったりしますからね。自分が受けたオーディションに落ちて、他の知っている子が受かっていたりするとやっぱり悔しかったりしますし、その逆もしかりだと思うんですよ。でも、それがあるからこそお互いに切磋琢磨して成長できるものがあるので、ライバルと思いつつも現場ではすごく仲が良かったりして、同じチームでやっているような雰囲気ですね。

――actⅡで青道野球部に新1年生たちが加入してくる点とオーバーラップしますね。

入ってくるのはガチ後輩ですからね(笑)。楽しみですね。『ダイヤのA』の現場の厳しさを教えてやります(笑)。

――最後に、actⅡのアニメ放送を楽しみにされているファンの方へメッセージをお願いします。

僕自身も『ダイヤのA』の一ファンでありますし、こうやって皆さんにactⅡをようやくお届けできるというのはとても感慨深いことなので、皆さんに見て頂いて、この僕たちの熱さを感じてほしいです。作品自体もすごく面白くて、リアルな選手たちの心情とかも感じられると思います。ぜひ、熱い気持ちを僕たちと一緒に共有して最後まで楽しんで頂けたらうれしいなと思いますので、よろしくお願いします。

20190403_daiya03.jpg

『ダイヤのA actⅡ』はテレビ東京系列にて毎週火曜夕方5時55分から、BSテレ東にて木曜深夜0時30分から放送中。

『ダイヤのA actⅡ』は動画配信サービス「パラビ」でも見逃し配信中。パラビでは『FIRST SEASON』『SECOND SEASON』を全話配信しているほか、逢坂のインタビュー動画も見ることができる。