動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でseason1〜8が配信中の、大人気恋愛リアリティショー『恋んトス』に出演したメンバーが再集結する特別企画『恋んトス 失恋男子のリベンジ旅 in カンボジア』が3月29日(金)より配信スタートする。

番組史上初の海外ロケとなる今回の企画は、メンバーたちが地元の子ども達とふれあいつつ小学校舎を修復しながら、海外という異国の地で、数日間集団生活を行うという内容だ。気になる男子メンバーは、season3に出演していた「ヒロ」と「いっしー」、season7の「絹成」、そしてseason8の「ともや」の4人。今回は、出演する男子メンバーたちの過去の恋を振り返ってみよう。

cointoss_matome.jpg

ヒロは、season3出演当時は、23歳の塾講師アルバイトをしていたイケメン。Season3の舞台は冬の北海道。毒舌家でクールな表情を崩さないヒロは、シーズンの初めからコイントスの指令によってIT業界誌編集長のキャリアウーマン「安奈」とキス、女子大生のゆるふわ系女子「みなみ」と恋人つなぎデートをするなど、恋を大きく動かした。

cointoss_matome3.jpg

そんな中、ヒロが気になりだしたのはみなみ。ヒロとみなみは互いに思いを寄せながらも、言い合いになったりとなかなかうまく関係が縮められないでいた。しかし、ツアー最終日、ヒロはついに告白を決意。二人は見事にカップルになって番組を卒業した。しかし...カップルになったのに、今回、ヒロが参加するということは、みなみとは破局したのか!? 今回のヒロの参加の経緯も気になるところだ。

cointoss_matome4.jpg

同じくseason3に出演したいっしーは、当時22歳の大学生。沖縄出身の熱い男で、番組冒頭から安奈に猛アタックをかけた。さらに、season1にも出演した調理師のニコラスとプロスノーボーダーの巧とともに安奈を巡って激しいバトルが繰り広げた。安奈が想う巧が途中で脱落するなど、四角関係は紆余曲折。

cointoss_matome5.jpg

ツアー最終日、ついにいっしーはまっすぐな思いを安奈に伝えるものの、あえなく玉砕。残念ながら恋は実らなかったが、その男らしい姿に視聴者の好感度も高かったメンバーだ。

cointoss_matome6.jpg

season7に出演した絹成は、役者志望の当時22歳。season7は、伊豆大島での「オモテが出た男女はメンバーたちと別の部屋に泊まり二人きりで一夜を共にする」というコイントスを毎晩行うという、過激な指令も話題となったシーズンだ。絹成は、冒頭から歌手志望のことりと互いに好意を寄せ合っていた。その後、順調に仲を深めていったように思えたが、ことりが突然の心変わり。絹成の告白をことりはあっさりと断る。ことりは、ほかの男性メンバーとの間で揺れ動いていた。

cointoss_matome7.jpg

一方、モデルの美穂は絹成に思いを寄せていた。二人はコイントスの指令によって急激に近づいていき、最終的に美穂は絹成に告白するも、絹成はことりへの思いを捨てきれずにいた。その後、ことりから「お揃いのものを買おう」と言われ、二人で手をつないだところで放送は終了を迎えた。最終的に、ことりとは「正式なお付き合い」とはならず、カップル成立にはいたらなかった絹成。イケメンで、ちょっとSっ気のある絹成の次なる恋に期待したい。

cointoss_matome8.jpg

シリーズ最長の全18話で恋模様が展開されたseason8のともやは、超一流IT企業に内定をもらっている、ダンサーでもある大学生。第一印象から、モデルでお姉さんキャラの希美が気になっていたともやは、アプローチを仕掛けるも希美の心には響かない。そして、シーズンも後半となった12話で、希美は「このままここにいても恋はできない」という理由でリタイアを決意。ともやは、何も言わずに希美を見送った。

cointoss_matome9.jpg

そんな中、"整形シンデレラ"の専門学生ウララが、ともやに猛烈アタック。最初は戸惑いを隠せなかったともやだが、希美がいなくなった穴を埋めるかのように徐々に接近していった二人。しかし、希美と再会したことで改めて希美への思いに気づいたともやは、思いは届かないと知りながらも希美に気持ちを伝え、ウララからの告白を断った。切ない失恋を乗り越えたともやが、カンボジアという異国の地でどんな恋を見つけるのか、注目だ。