3月19日(火)に『初めて恋をした日に読む話』が最終回を迎える。どんな結末を迎えるのか、大注目の『はじこい』。春見順子(深田恭子)に恋をする"ゆりゆり"こと由利匡平(横浜流星)の気の合う仲間として、物語の要所要所で物語を盛り上げた"マイヤン"を演じたキャストに、最終回直前の紙面インタビューを行った。第1回は、エンドー役の永田崇人。日頃、舞台でも活躍する永田にとって、このドラマの現場はどんなものになったのか?

20190316_hajikoimaiyan_02.jpg

――ドラマ撮影の終了が近づいていますが、あなたにとって「はじこい」はどんな作品になりましたか?

自分を成長させてくれた作品です。第一線で活躍されてる方々のお芝居を間近で観ることができたり、映像作品の経験がまだ少ない自分にとってはとてもありがたい経験でした!

――撮影を振り返って、強く印象に残っていることはなんですか?

一度、撮影時に高熱が出てしまった時があったのですが、その時にマイヤンメンバーやスタッフさんがすごく優しくしてくださり、とてもあたたかい現場だなと。改めて思いました。

20190316_hajikoimaiyan_03.jpg

――もう一度見てほしい、マイヤン的ポイントは?

1・2話のマイヤンがたくさん出てきて、キラキラ青春してるところ!そして、回が進むにつれての匡平との関係性ですね。

――ご自身として、もう一度観たいシーン、胸キュンしてしまったシーンがあれば教えてください。

個人的には、第5話の山下と順子の、ドタバタ劇が好きでした。それから、「そこにパイがあったから」はもうキラーワードすぎて、ドキドキしましたよね。

――終了間際の今だから言える、マイヤンメンバーへの思いを聞かせてください。

僕をエンドーにしてくれたのは、キャスト・スタッフの皆さんだと思ってます。本当に感謝しています!その中でも、マイヤンメンバー(匡平も含め)には特に感謝してます。改めて、僕をエンドーにしてくれてありがとう!

20190316_hajikoimaiyan_04.jpg

――最後に、視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』観てくださっている皆様!いつもありがとうございます。『はじこい』は、もちろんラブコメですし、恋愛ストーリーがメインですが、順子の生き方や匡平の努力など、観ていて勇気をもらえる作品でもある気がしていて。皆さんにとってもそんな作品であってくれたらいいなと思います。改めて、観てくださってありがとうございました!

『初めて恋をした日に読む話』最終回は、3月19日(火)夜10:00より放送。動画配信サービスでは、全話見放題配信中。

20190316_hajikoimaiyan_05.jpg

(C)Paravi (C)TBS