一枚のコインで運命が変わる恋愛リアリティショー「恋んトスseason8」の第17話が1月25日(金)に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。恋をしたい見知らぬ男女が、小さなゲストハウスで期間限定のリゾートアルバイトをしながら、恋愛あり、友情ありの共同生活を送る本作。第16話では、共同生活最終日前日に行われる、牧場集客イベント「千本松フェス」に向けてメンバーたちが奮闘する姿が映された。そして、今話ではフェスがついに開幕する。

恋んトスseason8

雨の中、観客は予想以上に集まった。観客の中には、ニノの姿も。舞台での挨拶を終えたくるみんとウララが、運営スタッフのお手伝いをしていると、そこに希美がやってきた。くるみんは、久しぶりの再会に涙を浮かべて喜ぶものの、ウララの表情は浮かない。

恋んトスseason8.jpg

そんな中、ステージでは、着々とフェスが進行していく。オーピニングを飾るのは寿来が所属する、メンズアイドルユニット「熱血!!Acti部。」だ。寿来に恋をするモニカは、リハーサル中の寿来を見て「ヤバい、めっちゃカッコいいんだけど」と熱い眼差しを向けていた。その寿来のステージにモニカは大盛りあがり。そして、そのステージにともやもスペシャルゲストとして参加し、見事なダンスを披露した。

恋んトスseason8.jpg

その後、「恋んトス」のテーマソングを担当してきたericaが登場する。出番を終えたともやは、そこには想いを寄せていた希美がいることを知らずに、メンバーのもとに合流。希美の姿を見つけたともやは、満面の笑みを浮かべ、楽しそうに話し出す。ともやに恋するウララは複雑な心境を隠せずにいた。

恋んトスseason8.jpg

ステージは結花乃に続く。そして、Mizkiがヴォーカルを務める「Cellchrome」へ。前夜、Mizkiはくるみんにステージ上で「指を差す」と約束をしてくれていた。胸がキュンとするようなシチュエーションだけに、くるみんにとっても見逃せないステージが始まった。会場が大盛り上がりの中、恋んトスメンバーたちもノリノリでライブを楽しむ。指差しをくるみんが待ち望む中、最後の楽曲でついにその約束は果たされた。

恋んトスseason8.jpg

イベント終了後、メンバーはニノと希美も含めて打ち上げを楽しんでいた。お酒が進む中、希美は新幹線の時間があると、先に帰ってしまう。それを見たともやは、たまらず後を追い、「もうちょっとだけ話せる?」と呼び止めた。

ともやと希美は、同居生活をしていた頃のように、並んで話をする。すると、ともやは「希美のためだけにダンスを作った」と、彼女のために踊りを披露。そして、ともやは「夏に始まった恋が、オレは忘れられなくて。他の人といても上手く笑えなかったり、希美のことを思い出すことがあったりして...結果もわかっているけど」と話し出し「今も、希美のことが好きです」と想いをぶつけた。

恋んトスseason8.jpg

希美は「嬉しい。ずっと思ってくれているのかなっていうのはわかってた」と明かすも「けど、ともやは私の中で大事な、何でも話せる友達みたいな存在でした。本当にありがとうございました」とともやの告白を断り、二人はハグをして別れた。

この告白に、ともやは「好きですって言葉を伝えなかったら後悔してたなって」といい「希美はこのままでは僕のこと振り向いてくれない。Complete、そしてNext Stageへ」と希美を思い続ける決意を決めた。

次週、「恋んトスseason8」はついに最終話を迎え、ついにウララ、モニカ、そしてくるみんの恋に結論が出る。恋愛リアリティショー『恋んトスseason8』は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて配信中。

(C)Paravi