空港で直撃取材を行い、日本を訪れる外国人たちが日本を楽しむ様子や素の表情をとらえるドキュメントバラエティ『YOUは何しに日本へ?』。番組放送開始から7年を迎え、多数の人気者YOU(外国人)も輩出。2019年1月1日には3時間スペシャル番組の放送も決定している。今回は、空港に通い、YOUたちに密着取材を行っている、同番組のディレクターの牧 佑馬氏に番組制作の裏話を聞いた。

――老若男女、幅広い層から人気のある番組ですが、制作サイドとしては、番組のどこに視聴者は魅力を感じているとお考えですか?

台本がないロケで、全てガチ(本物)であるということだと思っています。ガチでやっているので何が起きるかわからない。ハプニングが突然起こるというところに面白さを感じていただいているのではないでしょうか。最近はロケ番組も増えていますが、僕たちの番組は、その走りだと思っています。

――実際に空港での直撃取材はどのくらいの頻度で行っているのですか?

成田空港には、月曜から金曜まで、毎日3班が出ています。1班は、ディレクター、カメラマン、そして通訳さんの組み合わせなので、ディレクターは、平日は毎日3人が空港にいることになります。声をかける人数は、ディレクターにもよりますが・・・1日に30〜50人くらい。その中で、放送できるのは、インタビューで1日に1組いればいいかな、という程度です。

――かなりの人数に取材をされているんですね!密着取材はさらに少ないですよね?

めちゃめちゃ少ないですね。200人に声をかけて1人密着するかどうかというぐらいです。

20181228_youhananishini_02.jpg

――テレビで観ているYOUたちは、厳選された方なんですね。では、密着する決め手は?

ディレクターの勘です(笑)。僕は、何かが起きそうだなと感じたら、とりあえず行った方がいいと思っているので、そんな予感がしたら着いて行きます。結果、何も起こらないこともあるんですが・・・(笑)。

――密着されるYOUは素人さん、ご苦労も多いんじゃないでしょうか?

日本人では絶対思いつかないような、突拍子もないことをすることがありますが、それは番組的には面白いことも多いので、それほど苦労だと思うことはないですね。待ち合わせ時間に来ないということはよくありますが(笑)。
むしろ地方空港などで、乗降客が少なすぎて、1日中取材しても2〜3人しかいなかった、ということの方が僕からしたら辛いです。

――確かに、それでは番組にもならないですもんね。では、取材をしていて意外だったことは?

アニメや漫画が好きで、日本を好きになったというYOUは多いのですが、アニメや漫画に出てくる「もの」にめちゃくちゃ興味を持っていて、それ目当てで来日している方も多いんですよ。以前に取材したYOUで、アニメに「緑色の沼の水みたいな飲み物が出てきたんだけど、それは何?それを飲みたい」と聞かれたんです。よくよく聞いてみたら、メロンソーダのことで(笑)。日本人からしたら普通のことなのでアニメや漫画の中で説明されることはないですが、海外の方から見たら「これは何?」となるんだなと、驚きました。

20181228_youhananishini_03.jpg

――今まで密着した方で、印象に残っている、思い出に残っているYOUベスト3は?

まず、20年間お金を貯めてやっと新婚旅行でやってきたご夫婦です。お二人とも『北斗の拳』が好きで、その作者の原哲夫さんに会いたいと日本にやってきたそうです。ただ、アポイントメントは当然なし。その時は、僕たちがアポをとったりということは一切せずに、YOUに任せて着いていったら、最終的に編集現場に行かせていただけたんです。お会いすることはできなかったのですが、何のアポもない状態で来日して、そこまでたどり着けるなんて本当にすごいと、記憶に残ってます。

それから、1月1日のスペシャル番組でもスタジオに来ていただいたのですが、86歳のお母さんと63歳の息子さんの親孝行旅。旅自体は普通の旅なのですが、空港でお話を聞いた時のキャラが強烈で、それでどんな旅行をするのか見たくなってついていったんですが、僕が想像していた以上に自由な二人で・・・ハプニングの連続でした(笑)。台本がないからこそ、こんなハプニングが起きるんだと実感した密着取材だったので、やっぱり面白い番組だなと改めて感じましたね。

それから、初めて密着させてもらった方はやはり記憶に残っています。ドイツから来た中年の男性だったのですが、漫画、アニメが好きでそれきっかけで日本が好きになったというYOUでした。それで、「漫画に出てくるご飯が食べたい。でも、それが何かわからないから教えてくれ」って言われて、話を聞いたらタコさんウインナーだったんです。ソーセージの本場のドイツから、タコさんウインナーを食べに来るなんてすごいなって(笑)。

――結果、タコさんウインナーは食べられたんでしょうか?

僕らもどこで食べられるかわからなかったんで、とりあえずご本人に任せたら「渋谷に行ったら、何でもあるだろう」って。そのとおり渋谷に行ったら、昭和レトロな居酒屋のメニューにあったんですよ。

――旅先でのセッティングなどは、番組サイドではあまり行わないんですか?

日本に来ることを楽しみにして来た方たちなので、できるだけ彼らの熱に任せる、というのが番組のスタンスではあります。頼まれたらもちろん、やりますが、基本はこちらからあまり提案せず、YOUたちに任せています。

――カメラを回していないときは、YOUとはどう接していらっしゃるんですか?

ディレクターによると思いますね。僕はあんまり話さないタイプです。カメラが回ってないところでYOUの新しい情報が出ちゃったら回しておけばよかったなって思ってしまうので、それを防ぐために話さないことが多いです。なので、話相手は、通訳さんに任せてます。

――番組では、空港からの密着以外の企画もありますが、牧さんが印象に残っている企画は?

「不動産YOU」という、日本で新生活を始める方に密着する企画が個人的には好きです。外国人ならではの部屋の選び方があって、実際に住んでどういう生活するかが見られるんで、面白いですよ。僕が以前、密着させてもらったエジプトの方は、エジプトでは換気のために常にドアを開けて生活しているそうで、日本でもドアを開けて生活するって言ってました(笑)。それで、物件を探すときも、玄関の扉が開いた状態で止まるかどうかを毎回、確認して、そこばかり見ていて。日本人では考えもしないことなので、そういうのがあると面白いです。

――この先、番組でどんな企画をやってみたいですか?

2020年東京オリンピックでは、オリンピックらしい企画をやってみたいです。例えば、マイナーな競技のオリンピック選手のご両親などに密着してみたり・・・撮影できるかどうかもわからないですが、そんな夢を見ています(笑)。

20181228_youhananishini_04.jpg

『YOUは何しに日本へ?』は、毎週月曜 夜5:55からテレビ東京系列にて。2019年1月1日(火・祝)夜5:55からは3時間スペシャルとして「新年あけおめ"怒涛のコラボ祭り"」が放送される。

さらに、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、独占見逃し配信中。

(C)Paravi (C)テレビ東京