2019年1月よりTBSの火曜ドラマ枠にて放送される『初めて恋をした日に読む話』。このほど同作に浜中文一とお笑いコンビ・麒麟の川島明の出演が決定した。

本作は恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田恭子)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性(永山絢斗、横浜流星、中村倫也)からアプローチされる、この冬一番のラブストーリー。

連続ドラマ初出演となる浜中が演じるのは、永山が演じる八雲雅志と同じエリート商社に勤める雅志の後輩・西大井司。雅志が順子に片思いしていることを知っており、時折雅志に恋愛に関するアドバイスや辛辣なコメントをする重要な役どころとなる。

今回のドラマ出演について浜中は「地上波に!ドラマに!まさか僕が!と思いました。ですが、ドラマに出るのを目標としていたのでとても嬉しかったです。永山さん演じる雅志の会社の後輩の役ですが、雅志さんを見守りつつ、このドラマ全体が少しでも楽しくなるように努めようと思っています!」とコメントしている。

さらに、順子が婚活サイトで知り合った交際相手・安田を、お笑いコンビ・麒麟の川島明が演じる。安田は順子と婚活サイトで知り合い付き合うも、順子を振るというキャラクターを演じる。

『初めて恋をした日に読む話』はTBSにて2019年1月より毎週火曜日22:00より放送される。

(C)TBS