一枚のコインで運命が変わる恋愛リアリティショー『恋んトスseason8』の第10話が12月7日(金)に動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。恋をしたい見知らぬ男女が、小さなゲストハウスで期間限定のリゾートアルバイトをしながら、恋愛あり、友情ありの共同生活を送る本作。第9話では、コイントスの指令で、脱落をかけて35km行軍に挑んだ希美と、希美からの指名によって一緒に歩いた寿来が、雨の中、番組史上もっともキツイと言われる行軍を成功させる姿が映し出された。

20181207_coisntoss02.jpg

下田での共同生活を終えてから、およそ1ヶ月後。行軍を成功させた希美と寿来の二人には、クリアのご褒美として「温泉デート」が箱根で行われた。このデートが、二人の関係を大きく変化させる・・・。

20181207_coisntoss03.jpg

数日後、メンバーは次の舞台、那須塩原駅にいた。ウララはロングヘアーにイメチェン。「(下田での)後半ではMizkiが気になってた。けど、あとあと考えてみたら、何も接点がない。気になっている人はゼロ」と今の心境を明かす。そして、ニノとさりのカップルは一緒に登場。さりの家から一緒に来たと、ラブラブっぷりを見せつけた。

その後、メンバーたちは、千本松牧場にやってくる。すると、そこに連絡メールが届き、新メンバーが合流するという。現れたのは、Season6に出演していたモニカだ。驚きの声を上げるメンバーたち。中でも、ひときわ驚いていたのが希美だ。実は、モニカと希美はこの番組以前からの知り合いで、飲み友達だったのだ。

20181207_coisntoss04.jpg

ジムインストラクターの、ハイテンションガール・モニカはSeason6で、ジムトレーナーのユウに恋に落ちるものの、その恋が実ることなく共同生活から脱落してしまった。「今回は、ちゃんとした恋愛、キュンキュンしたいです」と参加を決めたという。

こうして8人での共同生活が始まった。メンバーたちは、2週間、住み込みをしながら牧場で働くことに。8人は牧場の敷地内にある、今は使われていない1軒屋に宿泊する。この家には、居間を除いた居住スペースは3部屋。男性部屋、女性部屋、そしてニノ&さり部屋と割り振られた。

20181207_coisntoss05.jpg
8人は、何年も使われていなかった家の掃除を始める。そんな中、ともやの視線の先には、希美と寿来の姿が。ともやが複雑な思いを抱えている中、希美と寿来の会話は弾まない。多くの時間を一緒にともにしてきた二人だが、温泉デートをきっかけに、希美の心に大きな変化が起こっていた。

温泉デートで食事を終えた二人は、普段はいるはずのスタッフがいなくなり、完全な二人っきりの時間を過ごしていた。かなりのハイペースでお酒を飲み、チラチラと寿来を見ていた希美だが、その間、寿来との会話はほとんどなくなっていた。

20181207_coisntoss06.jpg

希美は「私といて、嬉しい感とかが伝わってこない。これはもしかしたら無いかも、寿来」と、その時の気持ちを打ち明ける。希美は戸惑いを隠せず、寿来の気持ちが冷めていっているのを感じていた。それが、希美と寿来の変な距離感につながっていたのだ・・・。

20181207_coisntoss07.jpg

場面は、那須塩原での共同生活に戻る。全員で夕食を作って食べ、それぞれの部屋でくつろいでいると、そこにコイントスの指令が届く。それは、男性メンバー限定のコイントスの指令で、「オモテを出し続けた男性は、1日の終わりに女性を指名しハグをする」という毎晩ハグだ。下田ではともやが行っていたが、コイントスの結果、今回は、寿来に決定した。

20181207_coisntoss08.jpg

初めてのこの日、寿来はモニカを呼び出した。寿来の元に向かうモニカに複雑な思いを抱える希美。一方、モニカはみんなでいる時のハイテンションな姿ではなく、落ち着いて自分の気持ちを寿来に話す。寿来から、来る前に番組を見ていて、かっこいいと思っていたのは誰かという質問があがると、モニカは、照れながらも寿来をあげ、二人はハグをして別れた。

場所を変え、モニカという新メンバーが加わったことで、恋模様も大きく変化していく新章。次週、モニカの恋愛モードが全開になる。

恋愛リアリティショー『恋んトス season8』は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて配信中。

(C)Paravi