若年性アルツハイマーに侵された将来有望な女医と病気により自分を忘れていく恋人を献身的に支える元小説家のピュアな恋愛を描く『大恋愛~僕を忘れる君と』。戸田恵梨香が演じる北澤尚と、ムロツヨシが演じる間宮真司のピュアな恋愛は、ドラマのメイン視聴者層である10~20代の女性だけでなく、親世代をも巻き込んでさらなる広がりをみせている。

本作のヒットの理由について、"トレンディードラマ"全盛期に数々のヒット作を世に送り出してきたTBSテレビ エグゼクティブプロデューサー貴島誠一郎氏を進行役に迎え、『大恋愛』プロデューサーの宮崎真佐子氏と佐藤敦司氏の三者対談を敢行。

後半は、過去のヒット作から学ぶ恋愛ドラマのセオリーと必須条件から、撮影現場でのエピソードや気になる今後の展開まで、じっくりと話を聞いた。

(プロフィール)

貴島誠一郎
株式会社TBSテレビ エグゼクティブプロデューサー。一般企業勤務を経て1982年にTBSに入社。営業、編成を経て1989年より制作局にてドラマ制作を担当。2003年にはTBSの子会社ドリマックス・テレビジョンの常務取締役に就任。その後はTBSテレビ制作局ドラマ制作センター長、制作局スペシャリスト局長、執行役員付ドラマ担当プロデューサーなどを歴任。
1990年代に一大ブームを巻き起こした『ずっとあなたが好きだった』(1992年)『愛していると言ってくれ』(1995年)などを手掛け、その後も『理想の結婚』(1997年)『青い鳥』(1997年)『Sweet Season』(1998年)『肩ごしの恋人』(2007年)など多くのヒットドラマをプロデュース。

宮崎真佐子
株式会社TBSテレビ ドラマ制作部所属 プロデューサー。2008年にTBS入社。プロデュース作品は『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)『監獄のお姫さま』(2017年)『レンタルの恋』(2017年)など。

佐藤敦司
株式会社ドリマックス・テレビジョン ドラマ本部所属 プロデューサー。プロデュース作品は『家族ノカタチ』(2016年)『あなたのことはそれほど』(2017年)『きみが心に棲みついた』(2018年)など。

「大恋愛」プロデューサーが影響を受けたドラマとは?

貴島:お二人は、今までに見た恋愛ドラマでどんな作品が印象に残っていたり、この仕事をしていく中で影響を受けたりした作品はありますか?

佐藤:実は「この仕事に就きたい」と志すきっかけになったドラマがありまして。この場だから言うわけでないんですけど、貴島さんがお作りになられた『愛していると言ってくれ』(1995年/TBS)を高校時代に見ていたんです。そのドラマを今もどこか引きずっているというか、印象に残っていて。ありふれたことですが、「いつか自分もこういうドラマを作りたい」と思ったのが、この仕事に就くきっかけでした。

貴島:佐藤くん、いい後輩だね(笑)。

20181118_dairenaiinterview_02.jpg

佐藤:当時、『愛していると言ってくれ』の撮影で使われた井の頭公園の屋外ステージに初めて行った時は、鳥肌が立ちましたね。もう20数年も前のことですが。

貴島:今でいう"聖地巡礼"ですね(笑)。確か当時も撮影現場を訪れる人は多くて、旅行会社から「バスツアーを企画したいのでパンフレットなどに使用する素材を貸してほしい」という問い合わせがあったと記憶しています。社会現象になるほど当時はドラマに影響力があったんです。宮崎さんの印象に残っているドラマは何ですか?

宮崎:私は『オレンジデイズ』(2004年)ですね。大学に入学した年の4月から放送が始まって、「私も大学生になってオレンジノートを書くんだ!」と思っていたくらい『オレンジデイズ』が大好きでした(笑)。今回、『大恋愛』を制作するにあたりパラビで『オレンジデイズ』や『愛していると言ってくれ』など病気を扱ったドラマを参考にしようと思い見ました。あと他局ですけど『神様、もう少しだけ』(1998年/フジテレビ)も好きだったので改めて見ました。

貴島:業界的には"難病もの"という言い方をしますが、要は"枷(かせ)"ですよね。主人公たちを取り巻く環境の中で、どういう枷を負っているかがドラマを盛り上げるための重要な要素となっていた。『オレンジデイズ』の聴覚障害、『神様、もう少しだけ』のHIV感染、そして今回の『大恋愛』の若年性アルツハイマーなど、枷があるから見えて来る人の本質や、それらの枷を乗り越えた先に見えて来るものがある。
いわゆるトレンディードラマの頃は、出会った瞬間に恋に落ちる"ボーイ・ミーツ・ガール"で、圧倒的に美男美女のカップルが多かったけれど、今回はまたちょっと違って、いわゆる"美女と野獣系"でしょうか?

宮崎:でも戸田さんとムロさんは本当にお似合いで、だんだんムロさんがカッコよく見えて来るんです(笑)。

プロデューサーから見た役者・戸田恵梨香とムロツヨシ

貴島:ムロさんは今まで演じられてきた役柄が割と"おちゃらけた"役が多いし一般の方もそのイメージが強いと思いますが、今回のドラマで見せるカッコ良さとのギャップがすごいですね。第2話の「どんな尚ちゃんでも一緒にいたいんだ」という二枚目な台詞は本当に良かった!

佐藤:あの台詞以降の仲睦まじいお芝居、実は戸田さんとムロさんのアドリブなんですよ。

貴島:そうなんですか?

宮崎:台本には真司の「どんな尚ちゃんでも一緒にいたいんだ」の後は「なにそれ」という尚の台詞で終わっています。そこから後は、金子監督がムロさんに「最後に尚の笑顔を見せてください。お任せします。」と伝えてできたアドリブなんです。当初、戸田さんとムロさんがこんなにも相性抜群なカップルになるとは思っていなかったです。二人がどういうお芝居をしてくれるのか期待はありましたが、全てが我々の期待の上をいくものでした。

20181118_dairenaiinterview_04.jpg

貴島:戸田さんは、泣きの演技も本当に素晴らしいですね。

宮崎:金子監督が言うには、撮影していて第1話から今まで同じ表情がないんだそうです。言われてみれば、確かに"笑顔"だけ見てもあっけらかんと笑っている時もあれば、切なく笑っている時もあって、本当にいろいろで、それは本当に素晴らしいなと思いました。

貴島:私としては、尚(戸田恵梨香)・真司(ムロツヨシ)・侑市(松岡昌宏)の三角関係も「何話目くらいでバチバチはじまるのかな?」と少し期待していたんですけど、その辺は割とアッサリ終わってしまいましたね。

宮崎:私も三角関係のエピソードをもうちょっと延ばしたかったんですけど、「三角関係をウジウジやるのは嫌。見ている人も飽きる」と大石さんに言われて4話でスパッと終わらせることになりました。この役者さん達だったら、普通はやりたくなっちゃうところですけれど、最終話付近の台本を見ると「あぁ、これで良かったんだな」って今はすごく納得しています。

貴島:とはいえ、最終話に向けてまだまだひと波乱ありそうな展開ですが、ラストは一体どうなるんでしょう?

20181118_dairenaiinterview_03.jpg

宮崎:新たな恋が始まったり、まだまだビックリするような展開があります。ネタバレになるので詳しくは言いませんが、最終回のヒントとしては・・・。私は台本を読んだ時、途中で字が読めなくなるくらい泣いてしまいました。

佐藤:若年性アルツハイマーという病気がテーマでもあるので、どうしても暗いところもあり、切ないシーンがありますが、それ以上に見てくださった方たちの気持ちが温かくなるようなラストを用意しています。

宮崎:「尚と真司ならではのハッピーエンド」になったらいいなと思いながら作っていってるので、ぜひ期待して欲しいです。

貴島:『大恋愛~僕を忘れる君と』が、ここまで視聴者の皆様に共感していただけた要因は何だと思いますか?

宮崎:純粋に、大石静さんの素晴らしい脚本と、キャストの皆さんのお芝居の相乗効果だと思います。

佐藤:一週間の終わりに泣けて、ちょっとクスッと笑えたり、いろんな感情が1時間の中で押し寄せてくるものってなかなかないと思うので、そういうところが視聴者の皆さんの心を動かしたのかなと思いますね。

ドラマの作り手はネットの書き込みを見ている?

貴島:ちょっと話は脱線しますが、昔は通勤電車の中などで女子高生が「昨日、アレ見た?」って話している中に自分が手掛けたドラマのタイトルや内容が出てくると「あぁ、嬉しいな」という時代でした。先ほどTwitterの話題が出ましたが、そこに書かれている意見は作品に反映されていたりするものですか?

宮崎:その意見がすべてではないですが、作り手としてはすごくありがたいと思っています。参考にする場合もあり、逆にいい意味で「裏切ろう」と思うところもあり。そんな感じで今はSNSなどの内容をチェックするのも仕事のひとつになっています。

貴島:私たちの頃は「2ちゃんねる」が始まった頃で、特にオリジナルのドラマで視聴率が低かったりすると容赦なく酷評されて、全人格を否定されたような気持ちになったものなんですが(笑)。もちろんドラマを作っている以上、いい時もあれば悪い時もあるのはしょうがないことなのですが、モチベーションを保つという意味でもネットリテラシー(=ネットとの付き合い方)を、どう思っていますか?

佐藤:僕は基本的にはプラスにとらえるようにしています。様々な意見があって当然だと思うし、そこで学べることも多いです。僕らも気づかないくらい深読みしてもらった時は、本当に嬉しいですね。

宮崎:私は悪い書き込みは見ないようにしています(笑)。やはりショックを受けてテンションを下げたくないので。いいことが書かれているものは、読んで励みにしています!

貴島:最終回に向けて、視聴者の皆様に見どころやメッセージをお願いします。

佐藤:ストーリーが進むにつれて、尚の病気が進行していって胸が痛くなるようなシーンも出てきますが、戸田さんとムロさんの演技で非常に温かく前向きなシーンとして描かれています。悲しいだけではない"いい結末"を迎えられるのではないかと思うので、最後までぜひ見て頂きたいです。一度だけではなく二度・三度と、パラビでも何度もリピートして見ていただきたいです。

宮崎:繰り返しになってしまいますが、尚と真司ならではのハッピーエンドになっていると思うので、そこを楽しみに安心して見ていただけたらなと思います。

貴島:ドラマを作っている先輩として思うのは、この若いプロデューサーたちとベテランの大石さんがタッグを組んで、十分に議論し合って作っているというのがオリジナルドラマとして、恋愛ドラマとして"成功のカギ"なのかなと思います。ぜひ最終回に向けて勢いをそのままに頑張って挑んでください。

20181118_dairenaiinterview_05.jpg

金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』はTBSにて毎週金曜日22:00より放送。
動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、第1話から最新話まで独占配信中。

※宮崎真佐子の「崎」は、「大」の部分が「立」が正式表記

(C)TBS (C)Paravi