福本伸行の麻雀漫画を原作としたドラマ『天 天和通りの快男児』に、井川ひろゆき役として古川雄輝が出演することが発表された。古川が演じる井川ひろゆきは、主人公・天貴史(岸谷五朗)と出会ったことで、麻雀の代打ちとして生きる道を決めた青年。スピンオフ作品「HERO~逆境の闘牌~」では、その後も描かれている人気キャラクターだ。

古川は、プライベートでも麻雀歴11年と、プライベートでも麻雀に親しんできたそうで、「大好きな"麻雀"が題材の作品にデビュー当時から出演したかったので、福本先生原作作品に出演できることになり、とても光栄です。自分が学生の頃、雀荘で読んでいた漫画のキャラクターを演じられることを大変嬉しく思っています」と語っている。

20180818_tenfurukawa_02.jpg

理論型雀士である井川ひろゆきとは、打ち方もまった同じという古川。演じる上では「似ている部分もあるので演じやすいですが、このドラマは"心の声"が多く、そこに難しさを感じています。また、麻雀の打ち方の動作もひろゆきっぽく綺麗に正確に打てるように意識しています」と明かした。

出演者は、天貴史役の岸谷のほか、赤木しげる(アカギ)役を吉田栄作が演じることが発表されている。初共演となる二人については「岸谷さんは男気のある兄貴!という感じです。2人で芝居するシーンも多く、勉強させて頂いています。吉田さんは同性である自分から見ても大人の男性としてとても魅力的で格好良く、赤木役にピッタリだと思いました」。

連続ドラマ『天 天和通りの快男児』は、2018年秋にテレビ東京にて放送される。また、BSジャパンでも放送、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信が決定している。

20180818_tenfurukawa_03.jpg

(C)「天」製作委員会