2018年10月より放送されるTBSの金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』より、追加キャストが発表された。本作は、大石静が脚本を手掛け、若年性アルツハイマーにおかされてしまう女医と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男の10年にわたる愛の奇跡を描くオリジナルドラマ。主人公・北澤尚役に戸田恵梨香、その恋人となる間宮真司役にムロツヨシを迎え、王道の純愛ラブストーリーに仕上げる。

新たに出演が明らかになったのは、松岡昌宏、草刈民代、富澤たけし(サンドウィッチマン)、杉野遥亮、黒川智花、夏樹陽子の6名。

松岡は、戸田演じる北澤尚の婚約者・井原侑市役を演じる。松岡がTBSの連続ドラマに出演するのは、2014年放送の『同窓生~人は、三度、恋をする~』以来4年ぶり。侑市は、アメリカ・ワシントンでアルツハイマー病の最先端研究に邁進するエリート精神科医。母校で准教授に推薦され一時帰国した際に産婦人科医の尚と見合いをし、心惹かれ会って2度目で婚約をするが、結婚式の直前に尚から一方的に婚約を破棄されてしまう。そんな時に、尚のMRI画像を見た侑市は、脳のある異変に気づいてしまい・・・。

そして、草刈が演じるのは、尚の母・北澤薫役。祖父の代から続く産婦人科「KITAレディースクリニック」の院長を務めており、夫を早くに亡くし女手ひとつで尚を育てた。最愛の娘の恋に、「育った環境も学歴も教養も違いすぎる」と強い愛情ゆえに大反対するのだが・・・。

20180815_dairenai_02.jpg

このほか、富澤は真司が働く引越し会社で恋を応援する先輩・木村明男役、杉野は真司と木村を慕っている若手スタッフ・小川翔太役、黒川は「KITAレディースクリニック」の受付で働く尚の親友・沢田柚香役、夏樹は侑市の母親・井原千賀子役を演じる。

このキャスティングについて、本作のプロデューサー・宮﨑真佐子は「もしも自分の恋人が、家族が、友達が、アルツハイマーになってしまったら。その時どう感じ、どうやってその人を支えていくのか?その大きな壁にぶち当たった時、登場人物皆が悩みながらも、生きる術を見つけていきます。尚と真司のラブストーリーとともに、周囲の人間ドラマにもぜひご注目ください!」と語っている。

以下、出演発表にあたり届いた松岡、草刈のコメントを紹介。

◆松岡昌宏
今回初めて、精神科医を演じさせて頂きます。現在、医療業界においてアルツハイマーの治療の研究が進められている中、自分の中でも気になっていた部分が多々あり、そこはリアルに、そのまま自分が研究している医者として表現できればと思います。今、役の勉強をさせて頂いてる最中で、どういう形で役にアプローチできるか考えているところです。戸田さん、ムロさんとは初共演になります。見応えのある作品になることは間違いないので、みなさん、ぜひご覧になってください。よろしくお願いいたします。

◆草刈民代
若年性アルツハイマーという病気になってしまった尚を、周りの人々はどうやって支え、関わっていくのか。尚を軸にして展開されるストーリーで描かれるのは、様々な関係性のなかで生まれる葛藤や、その中で育まれる愛なのだと思います。過酷な病気を背負ってしまった娘を支える母親として、薫は何を見出していくのでしょうか? 人はいくつになっても成長を強いられるものなのかもしれません。薫を通して、私自身も成長できればと思っています。よろしくお願いいたします。

金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は、TBSにて10月より放送。

(C)TBS